XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

海外FX業者XMTradingではレバレッジを最高888倍に設定することができます。

888倍のハイレバレッジで取引できるということは、少ない資金で大きな利益を生み出せるということ。

ハイレバトレードはきちんと仕組みを理解し、低レバレッジとの使い分けができれば危険な取引ではなくなります。

本記事ではXMのハイレバレッジのメリットとリスク、ロスカットとの関係、そして勝率が下がらないようなレバレッジの活用方法を説明していきます。

 

緑ドレス若い女性 札束喜ぶ

XMに少額の入金をしてフルレバレッジでトレードすれば、ゼロカットシステムがあるので、低いレバレッジよりも早く資金を増やすことができますよね。

スーツの若い男 悩み

素敵な考えだとは思いますが、実はフルレバでトレードすると勝率が大幅に下がってしまいます!

緑ドレス若い女性 疑問

えっ?それはどうしてですか?

スーツの若い男性 パソコン

フルレバトレードはロスカットされやすく、その時点で損失が確定してしまいます。

レバレッジとは

レバレッジ:「てこの原理」という意味です。

てこの原理を使うと、小さな力で重いものを持ち上げることができますよね。

それと同じようにレバレッジをかけると、小さな金額で大きな金額を取引することができます

 

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

 

フルレバレッジ:その業者で使用できる「一番大きなレバレッジ」のことです。

例えば、XMは最大で888倍までかけることができるので、XMのフルレバレッジは「888倍」です。

「フルレバ」と略されることがあります。

 

レバレッジの計算方法

取引額 ÷ 有効証拠金 = レバレッジ

 

有効証拠金10万円を使って、200万円の取引をする場合のレバレッジを計算してみましょう。

200万円÷10万円=20

この場合のレバレッジは20倍になります。

XMのレバレッジの仕組み

XMでは口座開設時、16種類の中からレバレッジの「上限」を自分で設定することができます。

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

設定したレバレッジの上限はあくまでも上限なので、それを越えなければ、絶対に設定したレバレッジで取引しなければいけないわけではありません

例えば、上限を「888倍」に設定していて有効証拠金が10万円のとき、レバレッジ2倍の20万円の取引を行うことも可能です。

もちろん設定したレバレッジの上限を超えると、取引をすることができません

 

▼XMのレバレッジについて詳しく知らない方は、こちらの記事をご覧ください。

XMでのフルレバトレードは危ない!

フルレバレッジでトレードするのは危ない、と言われている理由は大きく分けて2つあります。

1.フルレバでトレードするとすぐロスカットされる

ロスカット:含み損が一定の数値に達したときに、ポジションが自動で強制的に決済されるシステムのことです。

XMでは証拠金維持率が20%まで下がるとロスカットされます。

 

ゼロカット:相場の急変などでロスカットが間に合わず、トレーダーの口座残高がマイナスになった場合、XMがそのマイナス分を補填してくれるシステムのことです。

 

ハイレバとゼロカットは確かにいいコンビかもしれません。

相場が読み通りに動けば、XMのハイレバレッジのおかげで証拠金の何倍もの利益を獲得でき、相場が予想と反対に動いて口座がマイナスになっても、口座のマイナス分はXMが負担してくれます。

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

但し、ゼロカットはあくまでもロスカットが間に合わなかった時のためのシステムです。

つまり、通常は口座がマイナスになってゼロカットが発動するよりも前に、ロスカットが発動します。

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

 

また、フルレバを使うと少しの逆行でも損失額が大きくなるため、すぐロスカットされてしまいます

普段あまり引っかからないロスカットは、フルレバのトレードでは出る確率がものすごく高くなります。

フルレバの勝率が低いのは、ロスカットによって損失確定される可能性が高いからです。

レバレッジの大きさとロスカットの関係性

勝率が高そうな相場でハイレバトレードをしたい場合、レバレッジは100倍以下にしたほうが無難です。

ここでフルレバトレードが低めのレバレッジと比べて、どれぐらいロスカットされやすいのかを検証してみましょう。

レバレッジ別ロスカット許容pips比較表

・残高:10万

・最大レバレッジ:888倍

・レート:1ドル=105円

・1pips=0.01円(米ドル/円)

レバレッジポジション数必要証拠金ロスカットまでの許容pipsロスカット到達レート(買)ロスカット到達レート(売)
8888.457100,0009.46104.90541105.09459
4003.809545,04523.89104.76115105.23885
1000.952411261102.63103.97367106.02633
250.23812815417.63100.82373109.17627

 

上記の表を見るとわかりますが、フルレバでドル円ペアを取引するとロスカットまでの許容pipsが僅か9.46pipsしかありません。

相場が予想と反対の方向に動いたら、レートの変動が0.1円もない程度でロスカットされてしまいます。

 

下図を例にした場合、買いポジションを持ってから5分以内にロスカットされてしまいます。

売りポジションでも1時間いかない程度でロスカットされます。

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

 

スーツの若い男性 頭痛

フルレバトレードは本当に危険ですね。

レバレッジ100倍ぐらいのポジションでトレードすると、激しい相場でもロスカットされるまでには数時間ほどかかります。

ドル円の平均値動きは大体1日50pipsですので、短期間に102.63pipsも動いてロスカットされることはほぼないです。

チャートを常に見張る余裕のある方は、レバレッジ100倍で取引した方が効率良く資金を増やすことができます。

デイトレードなどの長期的なトレードをする方はレバレッジをさらに下げて、25倍や5倍で取引するといいでしょう。

 

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

 

スーツの若い男性 ポイント

フルレバより、レバレッジ100倍の方がロスカットされにくく、勝率が大きく下がらないハイレバトレードが可能です。

2.マイナススワップが高額になる

スワップポイント:取引する2つの通貨間の金利差調整額のことです。

 

・金利が低い国の通貨を売り、金利が高い国の通貨を買った場合

→スワップポイント受けとり

 

・金利が高い国の通貨を売り、金利が低い国の通貨を買った場合

→スワップポイント支払い(マイナススワップ)

 

フルレバを使うと過大なポジションを持つことによって、ロールオーバーだけでも結構なスワップポイントが発生します。

スワップポイントを受け取る側ならば、高額のポイントがつくので、嬉しい限りですね。

しかし、スワップポイントを支払う側の場合は、結構な損失になってしまいます。

 

XMでハイレバトレードをする時、なるべくポジションの持ち越しをしないようにしましょう。

例えば証拠金10万円のとき、ドル円の売りポジションをフルレバレッジで取引すると、1日の売りポジションのスワップポイントは-3,281円にもなります。

水曜日はスワップが3倍になるので、元々ギリギリな状態の場合は、それに加えてスワップポイントが発生してしまうと、よりロスカットされやすいですね。

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

スワップポイントの計算方法

スワップポイントはXMの公式ホームページにある計算機で簡単に計算することができます。

まずは、下のボタンをクリックして、XMのホームページにアクセスします。

XMホームページ

ホームページを開いたら、「FXを学ぶ」をクリックします。

 

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

次に「FX計算ツール」を選択します。

 

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

スワップ計算ツールの「詳細を読む」をクリックすると、スワップの計算機が出てきます。

 

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

必要な情報を入力して「計算する」をクリックすると、「買い」「売り」それぞれのスワップポイントがが表示されます。

 

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

普段の取引は低レバ、ハイレバは特殊な時に使う

レバレッジの倍率が高いほど利益は出やすいですが、リスクにも注意しなければなりません。

ポジションを持ちすぎると損失が大きくなり、ロスカットされてしまうことも少なくありません。

デイトレードやスイングトレードなど、数時間以上チャート見ないトレード方法はハイレバトレードに向いていません。

チャートを見ていない時に相場の動きが変わって、ロスカットされてしまう可能性があるからです。

チャートを見張らないトレード方法の場合は低レバで取引してください。

 

スーツの若い男性 ポイント

大きな損で一気にロスカットされないように普段は5倍ぐらいのレバレッジでトレードした方が無難です。

XMでハイレバレッジを使うべきとき

スキャルピングトレードするとき
大きなイベントやトレンドが発生した時

長期のトレードには向かないハイレバトレードは、逆に数秒~数分の間に完結するスキャルピングトレードに向いています。

また大きなイベントや大きなトレンドが発生した時は、その波にのるようなトレードのほうが比較的に勝率が高いので、XMのハイレバレッジを活かしましょう。

XMでハイレバトレードをするメリット:ハイレバトレードでも追証がない

確かに勝つ確率が五分五分であれば、ゼロカットを使うと確実に儲かります。

しかし、フルレバのトレードは証拠金維持率が低いため、少しの下落でロスカットされます。

ロスカットは損失を確定されるのと同様ですので、フルレバトレードはやはり勝率が低いのです。

XMのフルレバレッジは危険?ハイレバトレードの手法と注意点を解説

レバレッジ上限が高いほどロスカットされにくい

最大レバレッジが高い程、またはロスカットになる証拠金維持率が低い程、ロスカットされる確率は低くなります。

XMでは最大レバレッジが888倍、ロスカット水準が20%なので、最大レバレッジが小さく、ロスカット水準高い国内業者と比べるとロスカットされにくいです。

必要証拠金の計算方法

必要証拠金=為替レート×取引サイズ÷レバレッジ

 

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率(%) = 有効証拠金(口座内資金+含み損益)÷必要証拠金×100

 

例えば、資金2万円に対し、1万円の必要証拠金でポジションを持った場合の証拠金維持率を計算してみましょう。

2万円 ÷ 1万円 ×100= 200

証拠金維持率は200%となります。

国内FX業者とXMのロスカットのタイミング比較

では国内FX業者とXMでは、どのくらいロスカットのタイミングが違うのか比較してみましょう。

前提条件

残高:10万円
ドル円:105円
エントリー枚数:0.1ロット(1万通貨)
スプレッド:加味しない

 

レバレッジ25倍(国内FX最高水準)

【1ロット取引するのに必要な証拠金】

105(レート)×1万通貨(取引サイズ)÷25(レバレッジ)=4.2万円

必要証拠金は4.2万円なので、残高が4.2万になった時点で証拠金維持率100%になります。

 

【ロスカットが発動する有効証拠金額】

4.2万円(必要証拠金)×20%(カット水準)=8,400円

ロスカット水準はXMと同じ20%なので、有効証拠金が必要証拠金の1/5になった時点でロスカットされます。

今回は有効証拠金が8,400円になった時点で、ロスカットが発動します。

 

【ロスカットが発動する含み損】

10万円-8,400円=91,600円

 

【ロスカットまでの許容pips】

91,600÷1万通貨=0.916円=91.6pips

91,600円の含み損が発生するとロスカットされてしまいます。

91.6pips(0.916円)下落したら強制ロスカットになります。

レバレッジ888倍(XM)

【1ロット取引するのに必要な証拠金額】

105(レート)×1万ドル(取引サイズ)÷888(レバレッジ)=約1,182円

必要証拠金は1,182円なので、残高が1,182になった時点で証拠金維持率100%になります。

 

【ロスカットが発動する有効証拠金額】

1,182円(必要証拠金)×20%(ロスカット水準)=236.4円

有効証拠金が236.4円になった時点でロスカットされます。

 

【ロスカットが発動する含み損】

10万-236.4円=99,763.6円

 

【ロスカットまでの許容pips】

99,763.6÷1万通貨=0.99764円=約99.764pips

つまり、99763.6円以上の含み損が発生したらロスカット。

約99.764pip(0.99764円)下落したら強制ロスカットになります。

 

レバレッジレバレッジ25倍(国内FX最高水準)レバレッジ888倍(XM)
許容pips91.6pips99.764pip

 

スーツの若い男性 本-ひらめき

レバレッジ上限が高いほど、許容pipsが大きく、ロスカットされ難いですね。

ハイレバトレードがNGのタイミング

XMにはハイレバトレードを禁止しているタイミングが2つあります。

1.窓開け/窓閉め狙いのトレード

窓開け/窓閉めのタイミングだけ、ハイレバレッジでトレードすると、窓開け/窓閉め狙いのトレードとXMに判定され、規約違反になる可能性があります。

2.経済指標トレード

上記と同じく雇用者人数発表などの経済指標が発表された時、ハイレバトレードでゼロカットシステムを濫用することは禁止されていますので、ご遠慮ください。

 

▼経済指標が発生した時のトレード方法を知りたい方はこちらをクリック。

XMの規約違反するとレバレッジ制限!

まずは使用可能なレバレッジが制限されます

元々の888倍から100倍、200倍などに下げられます。

レバレッジの上限を下げられてからも同じような規約に違反する行為を続けると、口座凍結されることもあります

 

▼XMの禁止事項についてご存じない方はこちらをクリック。

まとめ

フルレバトレードはロスカットされる可能性が高いので、勝率が低いです。

ハイレバトレードは、相場が急変した時などにロスカットされるのを未然に防ぐ必要があるため、長期的にポジションを持つ人、チャートをずっと見張ることのできない人にはお勧めしません。

逆にスキャルピングや、相場が大きく動くイベント時のトレードには向いています。