xm 国内銀行送信 入金 出金

XM(XMTrading)には様々な入金・出金手段があります。

今回はそんな数あるXMの入出金手段の中でも最も基本な「銀行送金」について、手数料や反映時間をはじめ、入金・出金方法やおすすめ銀行までを徹底的に解説します。

銀行送金はXMの入金・出金手段の中で一番便利?

XMでは出金ルールに基づき、利益分の出金は銀行送金でのみ可能となっています。

そのため、入金分と利益分を同じルートで出金したい場合には銀行送金が最も便利な手段であると言えます。

また、国内の銀行口座さえ持っていればすぐに利用できるという手軽さも銀行送金を使うメリットの一つです。

XM(XMTrading)の銀行送金の仕組み

では早速、XMの銀行送金がどのような仕組みになっているのかを見ていきましょう。

 

xm 国内銀行送金 入金

XMは日本国内に銀行口座を所有していないため、国内の決済代行会社を通じて資金の送金を行なっています。

入金の際、XMの利用者がこれら代行会社の口座に資金を振り込むことで海外にあるXMの口座へ資金が送金されるという仕組みとなっています。

また出金の際も同様に、国内銀行送金ではXMが提携する決済代行会社を介して出金処理が行われます。

☝︎XMでは主に「アジアンコイン」、「イージーコレクトアンドインターナショナルペイメントサービス株式会社」、「ネットプロックス」といった決済代行会社が入出金の窓口を担っています。

 

スーツの若い男性 アイコン案内

決済代行会社はXM側が振り分けるため、利用者によって指定することはできません。

XMの銀行送金の特徴

XMの銀行送金の仕組みについて理解が深まったところで、次は銀行送金の特徴について見ていきます。

利益を出金できる唯一の手段である

XMではマネーロンダリング防止の観点から、XM独自の出金ルールが設けられています。

その中には「利益分は銀行送金で出金する」というルールがあるため、銀行送金は利益分の出金に利用できる唯一の手段となっています。

銀行送金で入金している場合、入金額分と利益分をまとめて出金できるので便利ですね。

 

xm 国内銀行送金 出金

 

スーツ男性話す

XMでの名義と同一名義なら、入金時の銀行とは異なる銀行に出金することも可能です。

海外銀行送金は現在取り扱われていない

以前、海外銀行送金はXMの主要な入出金方法の1つとして活用されていました。

しかし現在XMでは、銀行送金を使った入金・出金手段は国内銀行送金のみに一本化されています

海外銀行送金は現在取り扱われていない入出金手段ということを知っておきましょう。

国内銀行口座さえ持っていれば利用できる

XMで銀行送金を行う場合、国内の銀行口座さえ持っていれば他に準備するものは特にありません。

電子ウォレットのように口座の開設や管理が不要なのは嬉しいポイントですね。

 

スーツの若い男性 アイコンOK

XMの国内銀行送金では、ATMやネットバンクを使って手軽に送金ができます。

XM(XMTrading)の国内銀行送金の基本情報

ここでは手数料や反映時間など、XM(XMTrading)の国内銀行送金の基本情報を見ていきます。

 

また、以下の記事では国内銀行送金とその他入金・出金手段の比較もしているので併せてご覧ください。

国内銀行送金の入金手数料・反映時間・最低入金額・入金限度額

まずは、国内銀行送金を使ったXMへの入金手数料、反映時間、最低入金額と入金限度額を見てみましょう。

入金手数料反映時間最低入金額入金限度額
無料
(入金額が1万円未満の場合は1,500円)
1時間以内※12,000円300万円/回

※ 振込手数料が別途発生します。(XMが指定する口座と同銀行からの入金の場合は無料)
※1 銀行営業時間外での入金の場合、資金は翌営業開始から1時間以内に反映されます。

XMでの国内銀行送金を使った入金は2,000円から行え、1万円以上の入金で手数料が無料になります。

また、銀行の営業時間内であれば、入金した資金は1時間以内に口座に反映されます。

国内銀行送金では入金額に関わらず、銀行振込手数料が別途かかるのでご注意ください。

国内銀行送金の出金手数料・反映時間・最低出金額・出金限度額

続いて、国内銀行送金を使ったXMからの出金手数料、反映時間、最低出金額と出金限度額を見てみましょう。

出金手数料反映時間最低出金額出金限度額
無料
(出金額が40万円未満の場合は2,500円)
1~5営業日10,000円制限なし

国内銀行送金を使った出金には2,500円がかかりますが、40万円以上の出金で手数料が無料になります。

出金は1万円から可能で、出金した資金は5営業日以内に銀行口座へ反映されます。

XMには入金できても出金できない銀行がある!

XM(XMTrading)には入金はできても出金ができない銀行がいくつかあります。

国内銀行送金を利用する際に資金の出金先として指定できない銀行は以下の通りです。

XMで出金できない銀行

・ゆうちょ銀行
・PayPay銀行(ジャパンネット銀行)
・セブン銀行

 

上記の銀行はXMからの出金に対応していないため、出金処理ができないようになっています。

これらの銀行から入金を行った場合、出金の際は別の銀行に出金することになるので注意が必要です。

国内銀行送金でかかる銀行振込手数料

国内銀行送金を使って入金する場合、XM利用者はXMより指定される国内の銀行口座に資金を振り込みます。

※振込先の銀行はXMがランダムに振り分けるためユーザー側で指定することはできません。

振込の際には、振込先口座と自身が利用する銀行が同一である場合などを除き、「振込手数料」が発生します。

そして、この振込手数料は利用者側の負担となるので注意が必要です。

以下に各銀行の銀行振込手数料をまとめたので参考にしてみてください。

 

▼銀行別他行宛振込手数料一覧表

銀行名振込方法振込手数料
3万円未満3万円以上
三菱UFJ銀行インターネットバンキング154円220円
ATM(カード)209円330円
ATM(現金)374円550円
窓口594円770円
三井住友銀行インターネットバンキング220円440円
ATM(カード)220円440円
ATM(現金)440円660円
窓口660円880円
みずほ銀行インターネットバンキング150円320円
ATM(カード)270円330円
ATM(現金)380円550円
窓口710円880円
銀行名振込方法振込手数料
5万円未満5万円以上
ゆうちょ銀行インターネットバンキング220円440円
ATM(カード)220円440円
窓口660円880円
銀行名振込方法振込手数料
りそな銀行インターネットバンキング165円
ATM(カード)440円
ATM(現金)660円
窓口880円
ソニー銀行インターネットバンキング110円(月1回までは無料)
楽天銀行インターネットバンキング145円
住信SBIネット銀行インターネットバンキング77円(月1回までは無料)

 

スーツの若い男性 ポイント

振込手数料は銀行ごとに異なるので各自確認してみてください。

国内銀行送金を使った入金・出金におすすめな銀行

XMで国内銀行送金を使って入金・出金する際にどの国内銀行を利用すればいいかお悩みの方も多いはず。

そこで、ここではXMでの国内銀行送金を使った入出金におすすめな銀行をご紹介します。

国内銀行送金を使った入金におすすめな銀行

国内銀行送金を使ったXMへの入金には、入金手数料の他に銀行振込手数料がかかります。

銀行振込手数料は銀行によって異なるため、振込手数料が安い銀行振込手数料無料サービスを実施している銀行がXMへの入金におすすめな銀行であると言えます。

 

スーツの若い男性 パソコン

以上を踏まえ、XMへの入金におすすめな銀行をご紹介します。

銀行送金での入金にはソニー銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行がおすすめ

国内銀行送金を使った入金には、ソニー銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行がおすすめだと言えます。

では、上記の銀行がXMへの入金におすすめな理由をそれぞれ見ていきましょう。

ソニー銀行

ソニー銀行では他行宛振込手数料が毎月1回まで無料、2回目以降の振込手数料も110円/回と安いです。

さらに、ソニー銀行は「Club S」という優遇プログラムを導入しており、ステージに応じて振込手数料が以下の回数分無料になります。

 

▼「Club S」での他行宛振込手数料無料回数一覧表

ステージ他行宛振込手数料無料回数
Sony Bank WALLETあり(なし)
プラチナ月11回(10回)
ゴールド月6回(5回)
シルバー月4回(3回)
ステージなし2回(1回)

※無料回数以降は一度の振込に手数料110円(税込み)がかかります。

XMへの入金にソニー銀行がおすすめな理由

・他の銀行に比べて振込手数料が安い。
・誰でも月1回まで他行宛振込手数料が無料。
・最大で一ヶ月につき11回まで他行宛振込手数料が無料になる。
住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行では他行宛振込手数料が毎月1回まで無料、2回目以降の振込手数料も77円/回と格安です。

さらに、住信SBIネット銀行は「スマートプログラム」という優遇プログラムを導入しており、ランクに応じて振込手数料が以下の回数分無料になります。

 

▼「スマートプログラム」での他行宛振込手数料無料回数一覧表

ランク他行宛振込手数料無料回数
ランク420
ランク310
ランク25
ランク11

※無料回数以降は一度の振込に手数料77円(税込み)がかかります。

XMへの入金に住信SBIネット銀行がおすすめな理由

・他の銀行に比べて振込手数料が安い。
・誰でも月1回まで他行宛振込手数料が無料。
・最大で一ヶ月につき20回まで他行宛振込手数料が無料になる。
楽天銀行

楽天銀行の他行宛振込手数料は145円と比較的安い傾向があります。

さらに、楽天銀行は「ハッピープログラム」という優遇プログラムを導入しており、ステージに応じて振込手数料が以下の回数分無料になります。

他にも、ステージに応じて楽天ポイントの獲得倍率が上がるなど、嬉しい特典が盛りだくさんです。

 

▼「ハッピープログラム」での他行宛振込手数料無料回数一覧表

ステージ他行宛振込手数料無料回数楽天ポイント獲得倍率
スーパーVIP33倍
VIP33倍
プレミアム22倍
アドバンスト11倍
ベーシック1倍

※無料回数以降は一度の振込に手数料145円(税込み)がかかります。

XMへの入金に楽天銀行がおすすめな理由

・振込手数料が比較的安い。
・最大で一ヶ月につき3回まで他行宛振込手数料が無料になる。
・振込や口座振替で楽天ポイントが溜まる。

国内銀行送金を使った出金におすすめな銀行

続いては、国内銀行送金を使ったXMからの出金におすすめな銀行をご紹介します。

XMから国内銀行送金を使って出金する場合、XMの出金手数料のほかに出金先口座からの引き出しにかかる手数料も考慮しなければなりません。

そのため、引き出しにかかる手数料(ATM利用手数料)が安い銀行手数料無料サービスを実施している銀行がXMからの出金におすすめな銀行であると言えます。

 

スーツの若い男性 パソコン

以上を踏まえ、XMからの出金におすすめな銀行をご紹介します。

銀行送金での出金にはソニー銀行・住信SBIネット銀行がおすすめ

国内銀行送金を使った出金には、ソニー銀行や住信SBIネット銀行の利用がおすすめです。

では、上記の銀行がXMからの出金先としておすすめな理由をそれぞれ見ていきましょう。

ソニー銀行

ソニー銀行では出金にかかるATM利用手数料が毎月4回まで無料、5回目以降の手数料も110円/回と安いです。

さらに、ソニー銀行は「Club S」という優遇プログラムを導入しており、ステージに応じてATM利用手数料が以下の回数分無料になります。

 

▼「Club S」でのATM利用手数料無料回数一覧表

ステージATM利用手数料無料回数
プラチナ何度でも無料
ゴールド月15回
シルバー月7回
ステージなし4

※無料回数以降は一度の利用につき手数料110円(税込み)がかかります。

XMからの出金にソニー銀行がおすすめな理由

・引き出しにかかるATM利用手数料が安い。
・誰でも月4回まで手数料が無料。
・最大でATM利用手数料が何度でも無料になる。
住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行では出金にかかるATM利用手数料が毎月2回まで無料、以降の手数料も110円/回と安いです。

さらに、住信SBIネット銀行は「スマートプログラム」という優遇プログラムを導入しており、ランクに応じてATM利用手数料が以下の回数分無料になります。

 

▼「スマートプログラム」でのATM利用手数料無料回数一覧表

ランクATM利用手数料無料回数
ランク420
ランク310
ランク25
ランク12

※無料回数以降は一度の利用につき手数料110円(税込み)がかかります。

XMからの出金に住信SBIネット銀行がおすすめな理由

・引き出しにかかるATM利用手数料が安い。
・誰でも月2回まで手数料が無料。
・最大で一ヶ月につき20回までATM利用手数料が無料になる。
楽天銀行

楽天銀行のATM利用手数料無料回数は最大7回とソニー銀行や住信SBIネット銀行と比べて回数に劣ります。

さらに、無料回数がない場合の手数料はセブン銀行ATMで220円、イーネット・ローソン銀行ATMで275円と高くなっているため、資金の引き出しにはソニー銀行や住信SBIネット銀行を利用することをおすすめします。

 

▼「ハッピープログラム」でのATM利用手数料無料回数一覧表

ステージATM利用手数料無料回数
スーパーVIP7
VIP5
プレミアム月2回
アドバンスト月1回
ベーシック

銀行送金を使う際の引き出しには大手銀行もおすすめ

XMから国内銀行送金を使って出金する際、国内の大手銀行を出金先口座として指定するのも一つの手です。

大手銀行は自社ATMを保有しており、それらATMにて資金を引き出す場合の手数料は基本的に無料です。

土日・祝日や時間帯の制限を受けますが、うまく利用すれば手数料無料で出金を行うことが可能です。

ただし、コンビニATMなどを使っての引き出しには高めの手数料がかかることがあるので注意が必要です。

 

スーツの若い男性 PCスクリーン

「+」をクリックして各銀行のATM利用手数料を確認しましょう。

三菱UFJ銀行

▼平日のATM利用手数料

三菱UFJ銀行ATMイーネット ATMローソン銀行・セブン銀行 ATM
8:45~21:00その他の時間帯8:45~18:00その他の時間帯8:45~18:00その他の時間帯
無料110円198円308円220円330円

▼土日・祝日のATM利用手数料

三菱UFJ銀行ATMイーネット ATMローソン銀行・セブン銀行 ATM
無料110円308円330円

▼毎月25日・月末日のATM利用手数料

イーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
8:45~21:00その他の時間帯
無料110円

※25日、月末日が銀行休業日の場合は前営業日が対象となります。

三井住友銀行

▼平日のATM利用手数料

三井住友銀行ATMイーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
8:45~18:00その他の時間帯8:45~18:00その他の時間帯
無料110円220円330円

▼土日・祝日のATM利用手数料

三井住友銀行ATMイーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
110円330円

▼毎月25日・26日のATM利用手数料

イーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
8:45~21:00その他の時間帯
無料110円

※25日が銀行休業日の場合は前営業日、26日が銀行休業日の場合は翌営業日が対象となります。

みずほ銀行

▼平日のATM利用手数料

みずほ銀行ATMイーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
0:00
~8:00
8:00
~8:45
8:45
~18:00
18:00
~23:00
23:00
~24:00
0:00
~8:00
8:00
~8:45
8:45
~18:00
18:00
~23:00
23:00
~24:00
220円110円無料110円220円220円220円110円220円220円

※月曜日の0時00分~7時00分の間は利用できません。

▼土曜日のATM利用手数料

みずほ銀行ATMイーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
0:00~8:008:00~22:0022:00~24:000:00~8:008:00~22:0022:00~24:00
220円110円220円220円

※第1、第4土曜日の3時00分~5時00分の間は利用できません。

▼日曜日のATM利用手数料

みずほ銀行ATMイーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
0:00~8:008:00~21:0021:00~24:000:00~8:008:00~23:0023:00~24:00
110円220円220円

▼祝日・振替休日のATM利用手数料

みずほ銀行ATMイーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
0:00~8:008:00~23:0023:00~24:000:00~8:008:00~23:0023:00~24:00
220円110円220円220円

※祝日、振替休日が月曜日・土曜日・日曜日と重なる場合は曜日に応じたご利用時間となります。

りそな銀行

▼平日のATM利用手数料

りそな銀行ATMイーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
8:45~18:00その他の時間帯0:00~8:458:45~18:0018:00~24:00
無料110円220円110円220円

▼土日・祝日のATM利用手数料

りそな銀行ATMイーネット・ローソン銀行・セブン銀行 ATM
110円220円

第2土曜日の23時00分~翌日8時00分の間は利用できません。

おすすめの出金ルート

おすすめの出金ルートは「XM→ソニー銀行・住信SBIネット銀行→大手銀行」です。
XMからソニー銀行や住信SBIネット銀行へ資金を出金し、その資金を手数料無料枠を使って大手銀行へ振り込めば、こまめな出金も無料で行うことができます。

国内銀行送金を使ったXMへの入金・出金手順

ここからは、国内銀行送金を使った入金・出金の手順を画像付きで解説していきます。

国内銀行送金を使ったXMへの入金手順

まずは国内銀行送金を使ったXMへの入金手順を見ていきましょう。

 

STEP1:XM公式サイトから会員ページへログイン

国内銀行送金 入金手順

XMへ国内銀行送金を使って入金するにはまず、XMの公式サイトから会員ページにログインします。

アカウントID」と「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックするとログインができます。

アカウントID:口座開設完了時にXMより発行される8桁の数字
パスワード:口座開設手続きの際に自身で設定した小文字、大文字、数字を含んだパスワード

 

STEP2:「入金」または「資金を入金する」ボタンをクリック

国内銀行送金 入金手順

画面上部のメニュー中にある「入金」または「資金を入金する」のいずれかをクリックして次に進みます。

 

STEP3:入金方法一覧にて「Local Bank Transfer」を選択

国内銀行送金 入金手順

入金方法一覧が表示されるので、「Local Bank Transfer(国内銀行送金)」の箇所の「入金」ボタンをクリックしましょう。

 

STEP4:入金額を入力して「入金」ボタンをクリック

国内銀行送金 入金手順

入金申請画面に移るので、入金額(日本円)を入力して「入金」ボタンをクリックします。

入力した金額が最低入金額である2,000円より少ないと次に進めないので注意が必要です。

 

STEP5:入金情報を確認して「確定」ボタンをクリック

国内銀行送金 入金手順

アカウントIDと入金額に間違いがないかを確認し、問題なければ「確定」ボタンをクリックします。

 

STEP6:送金情報を確認して「Continue」ボタンをクリック

国内銀行送金 入金手順

外部サービスのページへジャンプします。

上の画像のように「送金先(To)」、「通貨の種類(Currency)」、「送金額(Amount)」が表示されます。

内容を確認して「Continue」ボタンをクリックしましょう。

 

STEP7:表示された送金先情報に従い、銀行振込を行う

国内銀行送金 入金手順

送金先の銀行口座情報が記載されている画面が表示されます。

Currency:通貨の種類
Bank Name:銀行名
Branch code:支店コード
Branch Name:支店名
Account Number:送金先口座番号
Beneficiary Name:送金先名義
Reference:備考(振込の際、ここに記載されているレファレンスナンバーとローマ字氏名を備考欄に記入します。)

上記の情報は銀行振込を行う際に必要なので控えておくようにしましょう。

情報を控えたら「Close」ボタンをクリックして画面を閉じてしまって大丈夫です。

そして、上記の銀行口座情報をもとにインターネットバンキングやATMを使って銀行振込を行います。

国内銀行送金での入金は早ければ1時間程度、遅くて翌営業日に反映されます。

 

重要

XM側の入金反映に遅延が発生するのを防ぐため、振込の際には備考欄に「Reference」に記載されているレファレンスナンバーに加えてローマ字氏名を忘れずに入力する。
また、レファレンスナンバーは入金のたびに変わるので注意が必要。

レファレンスナンバーが「01234567」、ローマ字氏名が「TARO KAIGAI」の場合:
備考欄には「01234567 TARO KAIGAI」と記入する。

国内銀行送金を使ったXMからの出金手順

続いて、国内銀行送金を使ったXMからの出金手順を見ていきましょう。

 

STEP1:XM公式サイトから会員ページへログイン

国内銀行送金 出金手順

XMへ国内銀行送金を使って入金するにはまず、XMの公式サイトから会員ページにログインします。

アカウントID」と「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックするとログインができます。

アカウントID:口座開設完了時にXMより発行される8桁の数字
パスワード:口座開設手続きの際に自身で設定した小文字、大文字、数字を含んだパスワード

 

STEP2:「出金」または「資金の出金」ボタンをクリック

国内銀行送金 出金手順

画面上部のメニュー中にある「出金」または「資金の出金」のいずれかをクリックして次に進みます。

 

STEP3:出金方法一覧にて「Local Bank Transfer」を選択

国内銀行送金 出金手順

出金方法一覧が表示されるので、「Local Bank Transfer(国内銀行送金)」の箇所の「出金」ボタンをクリックしましょう。

 

STEP4:出金先の銀行口座情報や出金額など必要情報を入力

出金先の銀行口座情報や出金額など、出金に必要な情報を入力していきます。

国内銀行送金 出金手順

項目記入事項記入例
受取人の下のお名前全角カナで下の名前を入力タロウ
受取人の姓全角カナで苗字を入力カイガイ
受取人のお名前半角英数字でフルネームを入力Taro Kaigai
受取人の住所半角英数字で住所を入力1-2-3, Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo To, 100-1234, Japan

 

スーツの若い男性 アイコン案内

英語での住所入力は、日本語住所の英語変換サービス「JuDress」の利用が便利です。

国内銀行送金 出金手順

項目記入事項記入例
銀行名出金先の銀行名をリストから選択利用したい銀行がリストに無い場合は「その他」を選択
受取人の銀行口座番号出金先の銀行口座番号を入力
SWIFTコード出金先となる銀行のSWIFTコードを入力※1SMBCJPJT、RAKTJPJT
銀行名※2半角英数字で各銀行の英語名を入力RAKUTEN BANK, LTD.
銀行所在地半角英数字で出金先銀行の所在地を入力1-2-3, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo
支店コード出金先銀行の支店コードを入力123
支店名半角英数字で出金先銀行の支店名を入力Marunouchi Branch

※1 各銀行のSWIFTコードはWikipediaの日本の金融機関のSWIFTコード一覧や各銀行の公式サイト等から確認できます。
※2 この項目は「銀行名」で「その他」を選択した場合のみ表示されます。

 

国内銀行送金 出金手順

項目記入事項備考
出金額(JPY)出金する金額を日本円で入力最低出金額である1万円未満は指定できません
追記追記事項を入力何もなければ入力しなくても問題ありません

全て入力し終えたら、同意事項をよく読んだ上でチェックボックスにチェックを入れましょう。

入力した内容を確認し、間違いがなければ「リクエスト」ボタンをクリックします。

 

STEP5:出金申請が完了

国内銀行送金 出金手順

上の画像のように、「成功」と表示されれば出金申請が完了です。

XMで国内銀行送金を使って入金・出金する際の注意点

ここからは、XMで国内銀行送金を使って入金・出金する際の注意点を確認していきます。

XMの国内銀行送金を使った入金・出金の注意点は以下の通りです。

国内銀行送金を使った入出金の注意点

・銀行振込にかかる手数料はユーザー負担
・出金はXMの出金ルールに基づいて行われる
・入金・出金はXMに登録している氏名と同一名義の銀行口座で行う
・出金先として利用できない銀行がある

銀行振込にかかる手数料はユーザー負担

XMで国内銀行送金を使って入金する場合、XM利用者はXMが指定する銀行口座に資金を振り込みます。

振込の際には、振込先口座と自身が利用する銀行が同一である場合などを除き、「振込手数料」が発生します。

そして、この振込手数料は利用者側の負担となるので注意が必要です。

銀行別の振込手数料については本記事の国内銀行送金でかかる銀行振込手数料にて紹介しています。

出金はXMの出金ルールに基づいて行われる

XMはマネーロンダリング防止の一環として「出金は入金と同一の方法で行う」というルールを設けています。

そのため、国内銀行送金を使って入金した場合、出金に国内銀行送金以外の方法を使うことはできません

また、複数の方法で入金した場合には出金方法に優先順位が発生します。

XMの出金優先順位

①クレジット/デビットカード
②オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY、BXONE)
③国内銀行送金

入金に複数の方法が使われているとき、国内銀行送金にて入金した分の資金は一番最後に出金されます。

 

スーツの若い男性 アイコン案内

XMへ入金する際は出金時のことも考えた上で行う必要があります。

入金・出金はXMに登録している氏名と同一名義の銀行口座で行う

XMに登録している名前と銀行口座の名義が異なる場合、入金・出金ができないので注意が必要です。

これはマネーロンダリング防止のための措置で、たとえ家族であっても名義が異なっていると入金・出金処理を受け付けてくれません。

出金先として利用できない銀行がある

XMはゆうちょ銀行、PayPay銀行(ジャパンネット銀行)、セブン銀行への出金に対応していません

これらの銀行から入金を行うことは可能ですが出金はできないため、出金する際は別の出金可能な銀行に出金することになります。

入金に使う銀行と出金に使う銀行を統一させたい場合は上記の銀行からの入金は避けましょう。

まとめ

今回はXM(XMTrading)の国内銀行送金について、手数料や反映時間をはじめ、入金・出金方法やおすすめ銀行までを解説しました。

XMでは利益分の出金が国内銀行送金でのみ可能なため、入出金ルートを一本化したい方は国内銀行送金の利用がおすすめです。

以下のボタンからXMで口座を開設し、国内銀行送金を使って入金・出金してみましょう。

口座開設はこちら

FAQ(よくある質問)

XMでの国内銀行送金を使った入金・出金について、よくある質問を以下にまとめました。

XM口座に国内銀行送金を使って入金した場合の出金方法を教えてください。
国内銀行送金を使って入金した場合、出金の際も国内銀行送金を使っての出金となります。
XMへの入金におすすめの銀行は?
XMへの入金には、ソニー銀行住信SBIネット銀行楽天銀行がおすすめです。
これらの銀行は振込手数料が安く、さらに振込手数料無料サービスも実施しているため、入金にかかるコストを抑えることが可能です。
XMの出金先にはどの銀行がおすすめですか?
銀行送金を使った出金にはソニー銀行住信SBIネット銀行国内の大手銀行がおすすめです。
これらの銀行はATM利用手数料(引き出し)が安い、手数料無料サービスを実施しているなどの特長があり、コストを抑えた出金が可能となります。
入金元の銀行と出金先の銀行は同一でないといけませんか?
いいえ、入金元と出金先の銀行は同じ銀行でなくても構いません。

 


海外FXラボ

筆者:海外FXラボ編集部

海外FXの仕組みや業者の特徴をわかりやすくご紹介。
初心者も安心して利用できるコンテンツを目指して、口座開設方法、トレード手法などを徹底解説!
最新情報を随時更新、キャンペーン情報なども発信中。