XM 初心者 海外FX 稼ぎ方 やり方

「XMって初心者でも使いやすい?」

 

「初心者におすすめの口座タイプってどれなんだろう…」

 

「海外FX初心者だけど、どの業者を選べばいいかな?」

 

海外FX初心者だとこのような疑問を持ち、取引を始めることに関して不安を感じる人も多いと思います。

結論から言うと、XM(XMTrading)は海外FX初心者におすすめできる業者だと言えます。

この記事では、初心者にXMをおすすめする理由から取引の流れまでを詳しく解説します。

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

まずは、国内FXと海外FXの違いから見ていきましょう

FXを始めるならなぜ国内FX・海外FXどっちがいいの?

FX取引を考えている人の中には、「国内FX」か「海外FX」のどちらがいいか悩む人もいると思います。

そんな人は、国内FXと海外FXであるXMを総合的に比較した以下の表を見てみてください。

業者国内FXXM
レバレッジ最大25倍最大888倍
スプレッド狭い(0~2pips)広い(0.2~8pips)
取引方法DD方式
注文はディーラー経由で市場へ
NDD方式
注文は市場直結
追証追証あり追証なし(ゼロカット制度)
取引プラットフォーム自社開発メタクオーツ社 MT 4/MT5
ボーナス△(取引などの条件付き)◎(口座開設だけで獲得可能)
取引可能通貨ペア数20~30通貨ペア57通貨ペア
口座開設に必要な書類マイナンバー提出必須身分証明書、現住所証明書
税金申告分離課税
一律20.315%
累進課税
15~55%

国内FXにも海外FXにも良い点と悪い点があります。

国内FXの場合、スプレッドが狭く設定されているため、取引でのコストを比較的低めに抑えることができます。

ただし、レバレッジが最大25倍までしか設定できず、追証もあるため、ある程度資金を持っていて、取引に慣れてから「国内FX」を利用する方が良いかもしれません。

 

海外FXの場合はレバレッジが888倍まで設定できて、通貨ペア数も多いため様々な取引商品を扱えることから、幅広い取引を行うことができます。

スプレッドは広めですが、ボーナスやキャッシュバック制度を利用すれば補うこともできます。

そのため、FX初心者にとっては少ない資金で取引ができる環境のある「海外FX」の方がおすすめであると言えます。

 

スーツの若い男性 メガホン大声

続いて、海外FXの中でもXMがおすすめの理由を紹介していきます。

海外FX業者の中でもXMが初心者におすすめの理由

「海外FXって怖くないの?」

 

「法的に問題がない安全な海外FX業者ってどこなの?」

海外FXを始める時に、不安になることが少なからずありますよね。

いくら利益をあげやすいと言われたとしても、詐欺や借金の可能性がある業者は選びたくないです。

なので、気になるFX業者があれば、まずはどんな業者なのか知ることから始めましょう。

 

スーツの若い男性 パソコン

では早速、どうしてXMがFX初心者におすすめなのかをメリットとデメリットを合わせてご紹介します。

XMの8つのメリット

XMのメリットとして以下の8つが挙げられます。

XMのメリット

①ボーナスが豊富で取引にも利用できる
②「リクオートなし・約定拒否なし」で透明性が高い
③安心の日本語サポートあり
④追証がゼロなので借金を抱える心配がない
⑤徹底した資金管理システム
⑥レバレッジが最大888倍なので少ない資金で投資ができる
⑦複数の口座を開設することでボーナス専用口座やリスク分散ができる
⑧安心して取引ができるライセンスを取得している

1.ボーナスが豊富で取引にも利用できる

最近ではボーナスを提供しない海外FX業者が増えつつある中、XMは積極的にボーナスプログラムを行っており、基本的に3つのボーナス制度があります。

以下3つのボーナスは、取引する際に証拠金として利用することができます。

XMの3種類のボーナス

そして、初心者の方にぜひ利用してほしいのは①の「新規口座開設ボーナス」です。

新規口座開設ボーナスは、XM新規の方であれば口座を開設するだけでもらえるボーナスです。

口座開設し、口座の有効化が完了すればすぐに受け取ることができ、そのボーナスだけで取引をすることもできます。

入金せずにXMの取引が体験できるので非常におすすめです。

2. 「リクオートなし・約定拒否なし」で透明性が高い

FX取引をする上で「リクオート」は覚えておくべき用語です。

リクオートとは、FX業者がレートの約定を拒否し、レートを再提示してくることをいいます。

リクオートがあると、為替相場の変動が激しい時にトレーダーが有利なタイミングで決済しようとしても、レートが再提示されて約定できないという状況が起こります。

 

XMの公式サイトには、10の理念が掲げられており、その中に「リクオートなし」、「約定拒否なし」と記載されています。

さらに以下のようにも表記しています。

XMTradingは、リクオートなし、約定拒否なしの厳格な方針を先駆けて採用することによって、公平且つ信頼できる取引経験を提供致しています。さらに、全注文の99.35%は1秒以内で約定され、リクオートや約定拒否もありません。

XMTrading

リクオートや約定拒否がなければ、トレーダーにとって有利なタイミングで決済できるので、初心者の方でも安心して取引ができます。

3. 安心の日本語サポートあり

初めてのFXだと疑問やトラブルに直面する可能性が誰にだってあります。

そんな時のために、XMには安心して利用できる日本語でのサポートがあります。

▼ サポートセンター対応時間一覧表

サポート方法対応速度対応可能時間
よくあるご質問いつでも確認可能いつでも確認可能
ライブチャット即時平日24時間(英語)
※offlineの時間帯も多い
平日9時〜21時(日本語)
メール1~2営業日週5日 24時間
電話基本非対応

他の海外FX業者の場合、サポートが英語のみのであったり、日本人スタッフが在籍してない場合も多いですが、XMの場合は日本人スタッフが多数在籍しているので安心です。

初心者の方でも、困ったことがあればサポートに相談すると良いでしょう。

4. 追証がゼロなので借金を抱える心配がない

XMには追証がなく、マイナス残高が発生した場合、残高をゼロにリセットする「ゼロカット」システムが導入されています。

海外FXでは定番のゼロカットシステムのおかげで、口座内の資金以上の損失はなく、慣れない取引で間違ってしまっても、借金を抱えるかもしれないという心配がありません

国内FXだとこのような制度はなく、借金を抱えるリスクがあることを考えると、XMのゼロカットシステムはトレーダーにとっては嬉しいものです。

ゼロカットシステムの発動条件や執行されない場合の対処法などを以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

5. 徹底した資金管理システム

XMに入金した場合、トレーダーの資金管理はFX業者が行います。

そのため、XMがどのように資金管理をしているのかはトレーダー全員が気になる点です。

XMのサポートに問い合わせたところ、以下3点の資金管理システムを導入していることがわかりました。

XMの資金管理システム


① 分別管理
② XMの社内の管理:委託先銀行の適正・定期評価、及びXM側の銀行口座記録と銀行口座の照合
③ 複数の銀行でのリスク分散の管理

 

XMは、万全の資金管理システムで顧客の資金を守っているので、安心して資金運用を任せることができます。

6. レバレッジが最大888倍なので少ない資金で投資ができる

レバレッジ(Leverage)は「テコの原理」を意味し、XMのレバレッジは最大888倍まで設定可能です。

テコの原理を利用すると少しの力でも大きな作用を生み出せるように、FXでは資金にレバレッジをかけることで、資金に対してより大きな額を取引できます。

つまり、少ない自己資金で大きな利益を狙えるというわけです。

国内FX業者のレバレッジは最大でも25倍にしか設定できず、海外FX業者でも500倍程度を上限としている業者が多いので、XMの888倍は海外FX業者の中でも高い方です。

 

XMのレバレッジの凄さを伝えるために、XMと国内FXのレバレッジを使って、証拠金1万円で取引し1円の為替差益が出た場合どうなるのかを表で見ていきましょう。

証拠金1万円で取引、ドル円レート1ドル=100円で1円の為替差益が出た場合

FX業者国内FXXM
最大レバレッジ25倍888倍
保有できるロット数0.0250.888
フルレバレッジで1円動いた時の利益2,500円88,800円

国内FXだと利益が2,500円にしかならないにもかかわらず、XMだと88,800円になるのです。

このように、同じ1万円でもレバレッジが高いXMの方が多くロット数を取引でき、それによる利益も大きいです

始めたてでお試し程度でやってみたい方にとっては、XMの高いレバレッジのおかげでFX取引を試しやすいでしょう。

 

レバレッジに関する詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

7. 複数の口座を開設することでボーナス専用口座やリスク分散ができる

FXを始める前や始めたばかりであれば、1つの取引口座しか持っていない人が多いはずです。

FXトレーダーにとって、複数の口座を持つことは一般的なことです。

XMでは口座を最大8つまで口座を開設することができ、簡単かつ無料なのです。

なぜ複数の口座を持つことが良いかというと、取引手法や取引環境によって口座を分けて管理することもでき、取引の損失で口座内の資金を失わないようにリスク分散ができるからです。

複数口座の活用方法については以下の記事で詳しく説明しているので、是非ご覧ください。

8. 安心して取引ができるライセンスを取得している

海外FX業者が金融関係の事業を行う際、日本の金融庁ではなく、本拠地である国の金融庁のライセンスを獲得する必要があります。

XMの場合は、本拠地であるセーシェル金融庁の金融ライセンス(番号:SD010)を取得しています。

グループ全体でも、世界で最もライセンス取得・維持が難しいといわれるイギリス(FCA)、キプロス(CySEC)など10以上の複数のライセンスも保有しているのです。

運用状況や資金管理など細部まで調査された上で、国から認証を得た海外FX業者と言えるので、安心して任せることができます。

 

スーツ男性話す

以上8つのことからXMが初心者にとっても利用しやすい海外FX業者であることがわかりますね。

XMの4つのデメリット

どんなに評判のいいXMでも、デメリットはもちろんありますので、XMのデメリット考慮したうえで、口座開設を行いましょう。

デメリットとして挙げられるのは、この4点です。

XMのデメリット

①利益を出金するときに出金方法が選べない
②XMのスプレッドは広く設定されている
③使い方によっては口座が休眠・凍結されることがある
④稼げば稼ぐほど税率が高くなってしまう

1. 利益を出金するときに出金方法が選べない

取引で獲得した利益を出金したいと思っても、XMでできる利益の出金は「国内銀行送金」だけです。

そして、出金額が40万円以上の場合手数料は無料ですが、40万円未満の場合には2,500円が手数料としてかかります。

ただ、以前は「海外送金」のみ利益の出金が可能で、手数料では4、5千円かかっていました。

以前と現在を比べると出金方法や手数料は改善されてはいますが、手数料無料になる出金額のハードルがまだ高いように感じます。

2. XMのスプレッドは広く設定されている

スプレッドとは、売値と買値の差額のことを言います。

トレーダーにとってスプレッドは非常に大切な数値で、広ければ広いほど取引で利益が狙いにくくなります。

取引商品や時間帯によっても変わってきますが、XMも含め海外FX業者自体が広い傾向にあります。

人気海外FX業者「XM」・「GEMFOREX」・「TitanFX」の3社のドル円のスプレッドを例に見てみると、3社の中でもXMは高めに設定されていることがわかります

▼業者別ドル円の平均スプレッド一覧表

海外FX業者平均スプレッド
GEMFOREX1.2
TitanFX1.33
XM(スタンダード口座)1.6

中期・長期トレードであれば、スプレッド分の差額が余裕で埋まって利益を得られることが多いですが、スキャルピングやデイトレなどの短期トレードだと埋まりにくいのでトレーダーにとって不利になります。

 

ただし、スプレッドが広いと取引が不利になるというデメリットもありますが、反対に透明性が高いというメリットもあります。

なぜならスプレットが広く設定されているのは、海外FX業者にNDD方式が採用されているからです。

国内FXのようにDD方式を採用していると人間がチャートを恣意的に操作することがありますが、NDD方式では不正操作ができないため透明度の高い取引ができます。

 

そして、XMのスプレッドの広さを補いたい場合、キャッシュバックの活用で取引にかかる実質コストを削減することをおすすめします。

▼業者別キャッシュバックとキャッシュバック後の実質コスト比較表

海外FX業者平均スプレッドキャッシュバック実質コスト
GEMFOREX1.20.80.4
TitanFX1.330.46750.8625
XM(スタンダード口座)1.60.850.75

キャッシュバックを利用した場合、いずれの業者も実質コストを大幅に抑えられていることが分かります。

確かにスプレッドは広いですが、透明性が高くなりますし、キャッシュバックを利用して取引を行うことで多少はコストを抑えられるので、トレーダー次第で補えるデメリットだと言えます。

3. 使い方によっては口座が休眠・凍結されることがある

国内外関係なくすべてのFX業者において、口座が休眠・凍結になるルールが定められています。

XMの場合は、以下の場合において口座が休眠・凍結になります。

  • 90日間取引や入金がない
    →自動的に休眠口座になる、口座内の残高がなくなるまで毎月5ドルの口座維持手数料が引かれる
  • 残高がゼロになってから更に90日間、取引・入金がない
    →口座が凍結される
  • 不正行為で規約に違反した(例:他者の情報で口座開設、同一口座以外での両建て、相関性が強い通貨ペアの両建て、窓開けのみを狙った取引、裁定取引)
    警告メールでの注意喚起、最悪の場合は一発で口座凍結になることもある

 

始めたばかりで知らずに口座が休眠・凍結されてしまうと、居ても立っても居られないですよね。

初心者であれど、最低限XMのルールは理解しておく必要があるので、以下の記事をご覧ください。

4. 稼げば稼ぐほど税率が高くなってしまう

FXの利益に対する課税は、国内FXと海外FXで異なる税制度が適用されます。

国内FX:申告分離課税の雑所得(他の所得とは分け税率は一律)


→税率は一律の20.315%所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%(15%×2.1%)

 

海外FX:総合課税の雑所得(他の所得と合算し累進税率により課税)


→税率は所得に応じて変わる15%~55%:所得税率5%〜45%+住民税10%+復興特別所得税
※復興特別所得税=所得税額×2.1%

 

XMのような海外FXで得た利益は、累進課税が適用され、以下のように稼げば稼ぐほど税率が上がってしまいます

▼所得金額に対する所得税率と控除額

所得金額(課税前)税率控除額
195万円未満5%0円
195万円以上~330万円未満10%97,500円
330万円以上~695万円未満20%427,500円
695万円以上~900万円未満23%636,000円
900万円以上~1800万円未満33%1,526,000円
1800万円以上~4000万円未満40%2,796,000円
4000万円以上45%4,796,000円

しかし、申告分離課税が一律20.315%であることを考えると、トレーダーの課税前の所得金額が695万円未満であればの税率が5〜20%と低いので累進課税の方がお得になることもあります。

XMなどの海外FXを始めたい方で税率が気にかかる方は、取引や給与などを含めた所得金額に対する所得税率をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

XMの口座タイプ紹介

XMにはデモ口座、マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロ口座があります。

簡単にまとめると各口座タイプの特徴は以下のようになっています。

  • 取引の擬似体験ができるデモ口座
  • 小口で練習ができるマイクロ口座
  • フルスペックのスタンダード口座
  • スキャルピングやデイトレ向きのゼロ口座

 

スーツの若い男性 本-ひらめき

トレーダーの希望する取引方法によって選ぶべき口座タイプは変わってきますので、ご自身にあった口座タイプを探していきましょう。

取引の擬似体験ができるXMデモ口座

デモ口座は登録フォームに情報を入力するだけで、実戦同様のトレードが楽しめるお試し口座です。

リアル口座と同じ環境ではありますが、練習用として仮想の投資額で取引できるので、本当のお金を使って取引するのがまだ怖い方にはおすすめの口座です。

デモ口座の開設方法は以下の記事をご覧ください。

小口で練習ができるXMマイクロ口座

スタンダード口座と仕様は同じですが、1ロット=1,000通貨と小口での取引ができるリスクが少なめのリアル口座です。

少ない資金でリアルな取引を行いたい方にとっては嬉しい口座になっています。

フルスペックのXMスタンダード口座

レバレッジが888倍まで設定可能で、ボーナスも獲得できるフルスペックの取引口座です。

1ロット=10万通貨の取引ができるので、XMの口座タイプの中で最も選ばれている標準口座と言えます。

受け取ったボーナスで、ハイレバレッジの大口トレードができます。

スキャルピングやデイトレ向きのXMゼロ口座

ゼロ口座はスキャルピングやデイトレを行うトレーダーのために作られた口座です。

レバレッジ500倍で新規口座開設ボーナスしかもらえず、さらに取引手数料を支払わなければならないというデメリットがあります。

しかし、その分、スプレッドが狭く設定されており、約定力の高いECN方式を採用しているという利点があるので、短期トレーダーにはかなり適した口座になっています。

 

口座タイプについてもっと詳しい情報を見たい方は以下の記事をご覧ください。

XMで口座開設から取引を始めるまで

口座開設から取引を始めるまでの一通りを簡単に紹介していきます。

STEP1 口座開設

まずは、以下のボタンをクリックしてXMの公式サイトへ行き、口座を開設しましょう。

XM口座開設はこちら

海外FX業者であるXMでも日本語での口座開設が可能です。

しかし、中にはやり方がうまく行かず途中で諦めてしまう方もいますので、以下の口座開設記事を参考にしてみてください。

STEP2 口座有効化

口座開設の次は、口座の有効化が必要です。

事前に用意しておいた方がいい書類もありますので、詳しくは以下の記事を見てください。

STEP3 ボーナス獲得

XMのボーナスは非常に豊富で、取引にも有利です。

ただ、一歩間違えるとボーナスを受け取ることができなくなってしまうので、ボーナスを逃さないためにも以下の記事を参考にしてくだい。

STEP4 MT4・MT5をダウンロード

トレードを行うには、メタクオーツ社のMT4・MT5を利用するといいでしょう。

PC、スマホ、タブレットにダウンロードして使うこともできますし、ブラウザ上でも利用可能です。

STEP5 資金を入金

口座開設からプラットフォームの準備までできたら、口座に資金の入金をしましょう。

XMの入金方法は種類が多いので、自分にあった入金方法を見つけるために以下の記事もチェックしてみてください。

STEP6 追加口座開設

XMには複数の口座タイプやボーナス対応口座・非対応口座などがあるため、取引に合わせたトレード環境を作ることができます。

最大で8つの口座を開設でき、リスク分散にもなるので、追加で口座を開設することをおすすめします。

STEP7 取引履歴でトレードを分析

投資において、利益を上げることの次に大切なのは、自分の取引を分析し、次の取引に向けて改善することです。

もっと取引を上手くなりたい人は取引履歴から自己分析を行うようにしましょう。

STEP8 資金を出金

利益を獲得できたら、資金を出金しましょう。

入金と同様、出金方法もさまざまですが、利益は基本的に国内銀行送金なので、以下の記事に出金の仕方が詳しく載っています。

FX初心者が抱く海外FXの疑問を解消しよう

XMなどの海外FXを始める前に、疑問に思っていることは早めに解決するのが得策です。

よくある疑問や質問を集めたので、以下のことから気になるものを確認していきましょう。

1. そもそもFX(外国為替)って何?どんな意味?

「FX(外国為替、Foreign Exchange)」は、「世界中にある通貨(米ドル、円など)を交換すること」を言い、現物の受け渡しを行わないで、反対売買によって生じた差額のみの受け渡しをする取引である差金決済にあたります。

そして、互いの通貨を交換するときの比率を「為替レート」と言い、政治や経済情勢など様々な要因で変動して、その変動はある一定期間のレートをグラフ化した「チャート」で確認できます。

2. FXは儲かるの?

初心者でも稼ぎやすいとは言われていますが、儲かっている人は半数程度で、FX取引の基本を少なからずは理解している人が利益をあげている傾向にあります。

そして、FX取引は相場が上昇するか下落するかを予測し当てるものなので、予想の的中率は50%です。

逆に一回トレードをすると50%の確率で負けることもあるのが事実です。

その状況下で「損失が小さいうちに損切りができる・利益が出ているうちに決済できる」ということがFX取引で儲かる方法と言えます。

3. 外貨預金との違いは?

FXと外貨預金の違いは以下のようになっています。

商品名内容取扱金融機関
FX(外国為替証拠金取引)トレーダーが入金した資金を担保に取引を行う。

資金に対してレバレッジがかけられるので、レバレッジの倍率によってはハイリスクになることもある。
銀行

証券会社

FX業者
外貨預金円以外の外貨で預け入れる預金。

日本と外国では金利が異なり、外国の方が金利は高い傾向にあるのでもらえる利息が多くなる可能性がある。

為替レートによって損益が決まるため、預入時と払戻時の為替レートが大切。
銀行

4.「スワップポイント」、「レバレッジ」、「スプレッド」って何?

スワップポイント:為替売買で生じる取引通貨間での金利差の調整額です。プラスの時はその差額分を受け取ることができ、マイナスの時は支払う必要があります。

レバレッジ:「テコの原理」を意味し、少しの力でも大きな作用を生み出せるように、FXでは資金にレバレッジをかけることで、資金に対してより大きな額を取引できます。

スプレッド:通貨ペアの「売値(BID)」と「買値(ASK)」の差額を指し、その差額分がFX業者の利益となり、FX業者の手数料にあたります。

5. XMでは取引がいくらからできるの?

入金方法にもよりますが、XMの最低入金額は500円(約5米ドル)です。

最大888倍まで設定できるレバレッジのおかげで、500円からでも取引可能なのです。

ただし、証拠金がある程度あったほうがロスカットされにくいので、余裕のある資金を入金しておくと良いかもしれません。

6. XMでの手数料などのコストはいくらぐらいかかるの?

XMはさまざまな場面でコストがかかることがあるので、いくらかかるとは一概に言えません。

XMでの取引には、以下のような場合に手数料などのコストがかかります。

  • ポジションを建て、エントリーする時 → スプレッド、取引手数料(ゼロ口座)が発生
  • 日をまたいでポジションを持ち越す時 → マイナススワップポイントが発生(プラスの場合もあります)
  • 入金する時 → 入金方法によって、入金手数料が発生する可能性がある
  • 出金する時 → 出金方法によって、出金手数料が発生する可能性がある

7. XMはどんなものを取引することができるの?

XMのスタンダード口座とマイクロ口座では、「FX57通貨ペア、貴金属4銘柄、商品先物8銘柄、現物株式指数18銘柄、先物株式指数11銘柄、エネルギー5銘柄」の計103種類が取引できます。

ゼロ口座では、「FX56通貨ペア、貴金属2銘柄」の計58種類を取引可能です。

以下の記事でおすすめの通貨ペアについて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

8. どうやって取引商品を決めるの?

投資先の決め方は人それそれですが、FXの為替レートは各国の経済情勢やイベントなどによって変動するので、FX初心者の方であれば馴染みのある通貨ペアを取引することをおすすめします。

また、効率的に利益を得たい方は、変動が激しい取引商品を取引するのもよいでしょう。

9. いつ取引できるの?

XMが取引できる時間は以下のようになっています。

▼XMのFX取引時間(日本時間)

・XMの夏時間(4月〜10月):月曜日6:05〜土曜日5:50
・XMの冬時間(11月〜3月):月曜日7:05〜土曜日6:50

 

XMには値動きが活発な時間帯がありますので、以下の記事を読んでXMの取引時間に関する理解を深めることをおすすめします。

10. EA(自動売買ソフト)は使える?

XMでもEA(自動売買ソフト)の利用は可能です。

EAを利用するに当たって、まずはEAについての基礎的な知識を身につけておきましょう。

そして、使用するEAの事前調査や検証、自分の取引スタイルとの相性など、事前の準備はしっかり行ってから利用するようにしましょう。

EAの利用を考えている方は、以下の記事を参考にしてください。

11. 初心者にとってXMでのハイレバトレードは危険な手法?

XMはレバレッジを888倍に設定できるため、少ない資金で大きな利益を生み出せます。

しかし、ハイレバである場合はロスカットがされやすくなり、さらにポジションの持ち越しでスワップポイントの支払いが高額になることもあります。

スキャルピングや急激に相場が動くイベント時は、ハイレバトレード向きですが、注意が必要です。

ハイレバトレードの仕組みをきちんと理解し、低レバレッジとの使い分けができれば危険な取引ではなくなるので、以下のハイレバトレードの記事を参考にしてください。

12. XMでスキャルピングはできないって本当?

FXを知っている方であれば、取引手法の一つとして「スキャルピング」と言う単語も聞いたことがあると思います。

スキャルピングとは、数秒から数分といった短時間のうちに小さな値幅を狙って取引を何度も繰り返す取引手法です。

XMでは、スキャルピング取引を公式に認めています。

そして、嬉しいことにスキャルピングに特化したゼロ口座も提供しています。

スキャルピングについてもっと詳しく知りたい人は、この記事を参考にしてください。

初心者が知っておくべき豆知識

トレードはただ売り買いをすればいいものではありません。

初心者とはいえど、お金を賭けた取引を行う前にある程度知識を入れておくことが大切です。

初心者が知っておくべき豆知識は以下の通りです。

  1. FX初心者でもわかりやすいXMの日本語FX講座「ウェビナー」
  2. FXに関する計算は「FX計算ツール」を利用
  3. XMの取引で貯められる現金化可能な「XMP」
  4. 取引以外で利益を得る「キャッシュバック」や「アフィリエイト」
  5. トレードの参考にインジゲーターを利用
  6. コピートレードでプロのトレードを真似する
  7. XMの取引で利益が出たら確定申告

1. FX初心者でもわかりやすいXMの日本語FX講座「ウェビナー」

XMにはトレーダーのために用意された、日本語でのFX講座が無料で視聴できる「ウェビナー」というサービスがあります。

FXを始めるとなると基礎知識を得るために書籍を購入したり、有料セミナーに参加したり、お金と時間がかかってしまいます。

XMのウェビナーならば、インターネット環境があれば完全に無料でFXの勉強を始めることが可能です。

2.FXに関する計算は「FX計算ツール」を利用

XMの公式サイトには「FX計算ツール」というサービスがあります。

そのサービスを利用することで、通貨換算・ピップ値・証拠金・スワップ値・損益などの数値を計算できます。

以下のボタンから、XMのFX計算ツールを利用することができるので、使ってみてください。

XMのFX計算ツール

3. XMの取引で貯められる現金化可能な「XMP」

XMPとはロイヤリティプログラムのポイントのことで、取引を行うごとにポイントが付与されます。

貯まったXMPは、現金またはボーナクレジットに交換して、取引に運用することができます。

4. 取引以外で利益を得る「キャッシュバック」や「アフィリエイト」

XMで取引を行うトレーダーに必見なのは、キャッシュバックやアフィリエイトの併用です。

取引以外のところで、利益を獲得できるので知っていて損はないはずです。

申請方法や注意点を以下の記事で細かく解説しているので参考にしてください。

5. トレードの参考にインジゲーターを利用 

どうやってトレードを行えばいいかわからない時、インジゲーターが助っ人となります。

インジケーターを使うテクニカル分析は、過去の価格を元に未来の価格を予測することができ、トレーダーにとっては良い情報となることでしょう。

しかし、過去にないイベントや特殊な状況が発生した時には参考にならないので補助材料としてトレードの参考にすることをおすすめします。

ダウンロード方法や設定などは以下の記事を参考にしてください。

6. コピートレードでプロのトレードを真似する

コピートレードとは、プロのトレードをコピーして真似ることができるサービスです。

初心者の人でも、選んだプロトレーダー次第で利益を獲得することができます。

報酬を支払う必要がありますが、システムによってはプロトレーダーの取引を見ることができるので、知識を得るための自己投資として試してみるのも良いかもしれません。

7. XMの取引で利益が出たら確定申告

デメリットの「④稼げば稼ぐほど税率が高くなってしまう」でも少し話していますが、XMを含む海外FX業者を利用して一定以上の利益を得ると、申告期間内に必ず確定申告を行わなければなりません。

以下の条件に当てはまる方は確定申告の対象となります。

確定申告の対象になる方
  • 給与所得者で年間20万円以上のFX所得がある方
  • 給与所得者でなく年間38万円以上のFX所得がある方

 

確定申告をされたことのない方にとっては、意外と面倒で手間がかかります。

そんな方のために、以下の記事で確定申告の手順から節税方法までを詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

Q&A

XMで取引を始めてみたいのですが、初心者でもできますか?
はい、XMは初心者の方にも使いやすいと思います。
まずXMのデモ口座で取引に慣れた後に、少資金を使いマイクロ口座で取引することをお勧めします。
口座の有効化とはどういうことでしょうか?
口座の有効化とは、申し込み内容が正しいか確認するため、身分証明書と現住所が証明できる物を提出し、XMから承認をもらう手続きのことです。
XMのボーナスに期限はありますか?
ありません。
問題がある時、XMのサポートは電話対応を行なっていますか?
XMは電話対応を行なっていないので、「ライブチャット」あるいは「メール」を利用して連絡することをおすすめします。

まとめ

XMは海外FX初心者の方に非常におすすめできる海外FX業者です。

ただし、メリットもデメリットも両方あるので、自分の希望するトレード方法と合った海外FX業者であるか見極めて、口座開設を行うようにしましょう。

もしちょっとでも興味があって、試してみたい場合は入金する必要のないデモ口座、練習程度に使いたい場合は小口取引可能なマイクロ口座から始めると良いかもしれません。