fx 一目均衡表

FXトレーダーの間で最強のチャート分析手法とも謳われている「一目均衡表」。

一目均衡表は相場の需給のバランスを視覚的に表現してくれるため、トレードの大きな手助けとなります。

相場分析としては初心者でも扱いやすい反面、その根底にある理論を正確に理解している投資家は日本でも数名しかいないと言われるほど奥が深い分析手法です。

今回は、そんな一目均衡表についての基礎知識から具体的な使い方までを徹底的に解説していきます。

 

スーツの若い男性 パソコン

トレードに一目均衡表を本格的に取り入れていきたい方はぜひ参考にしてみてください。

一目均衡表とは?

fx 一目均衡表

 

緑ドレス若い女性 アイコン疑問

そもそも、一目均衡表とは何ですか?

スーツ男性話す

一目均衡表を知るにあたり、基礎知識から確認していくことにしましょう。

一目均衡表は、都新聞の商況部部長として活躍した細田悟一氏が開発した日本発のインジケーターす。

細田氏が1936年に「一目山人」というペンネームで発表したことから、「一目均衡表」と呼ばれています。

一目均衡表は海外のマーケットでも高く評価されており、「Ichimoku」の名称で多くの投資家に親しまれています。

また、一目均衡表は現在、細田氏の遺族が経営する株式会社経済変動総研の登録商標となっており、資料や原著の販売などを通じて正しい一目均衡表の使い方の普及を目指す活動が行われています。

 

スーツの若い男性 PCスクリーン

ここからは、一目均衡表の見方について解説していきます。

一目均衡表の見方

ichimoku-1

上の画像からも分かるように、一目均衡表はローソク足」と「5つの線」から構成されています。

一目均衡表を構成する5つの線は以下の通りです。

一目均衡表を構成する5つの線

基準線:青色
転換線:赤色
先行スパン1:ピンク色
先行スパン2:水色
遅行スパン:緑色

 

5つの線のうち、先行スパン1と先行スパン2の間を塗りつぶすことで現れる帯状のエリアを「」といいます。

これらの線や雲、ローソク足の位置関係から様々なサインを読み取り、将来の相場を予想していくのです。

以下では、一目均衡表を構成する5つの線についてそれぞれ詳しく紹介していきます。

基準線

基準線は、過去26日間(ローソク足26本分)の最高値と最安値の平均である「基準値」を結んだ線です。

基準値は以下の計算式を使って算出することができます。

基準値の計算方法

基準値 =(当日を含めた過去26日間の最高値+最安値)÷ 2

 

例えば、USDJPYのチャート上に一目均衡表を表示させたとします。

過去26日間の最高値が1ドル110円、最安値が1ドル100円の場合、「(110+100)÷ 2 = 105 」と計算できるため、1ドル105円が基準値となります。

この要領で期間ごとに基準値を割り出していき、その基準値を結んだ線が基準線となるわけです。

 

基準線は、26日間という期間で算出されるため、相場の中期的な方向性を分析するのに役立ちます。

一般的には、基準線が上昇すると強気相場、下降すると弱気相場に流れが転換していくと言われています。

転換線

転換線は、過去9日間(ローソク足9本分)の最高値と最安値の平均である「転換値」を結んだ線です。

転換値の算出方法は基準値と同じで、最高値と最安値を足して2で割ることで求められます。

転換値の計算方法

転換値 =(当日を含めた過去9日間の最高値+最安値)÷ 2

 

転換線は期間が9日間と短いため、相場の短期的な方向性を分析するのに役立ちます。

なお、転換線と基準線の2本の線がクロスする局面は相場の流れが転換するサインになるなど、転換線の動きに注目することで相場の動向を予測することが可能となるのです。

先行スパン1

先行スパン1は、短期的な転換線と中期的な基準線の平均値を26日間先行して表示させた線です。

つまり、先行スパン1は短中期的なトレンドを表す線であると言えます。

先行スパン1は以下の計算式を使って算出することができます。

先行スパン1の計算方法

先行スパン1 =(転換線+基準線)÷ 2 を26日先に記入

先行スパン2

先行スパン2は、過去52日間の最高値と最安値の平均値を26日間先行して表示させた線です。

期間が52日間と長いため、先行スパン2は長期的なトレンドを表す線であると言えます。

また、先行スパン2は以下の計算式を使って算出することができます。

先行スパン2の計算方法

先行スパン2 =(過去52日間の最高値+最安値)÷ 2 を26日先に記入

 

上述したように、先行スパン1と先行スパン2の間を塗りつぶすことで現れる帯状のエリアを「」といいます。

この雲は価格の抵抗帯になったり支持帯になったりするため、相場予測の重要な手がかりとなります。

遅行スパン

遅行スパンは、当日(最新のローソク足)の終値を26日間前に遅行して表示させた線です。

つまり、遅行スパンでは26日前の価格と当日の価格を比較することになるのです。

一般的に、遅行スパンがローソク足よりも上に表示されていれば上昇が、下に表示されていれば下降が強い相場と判断されます。

一目均衡表の使い方

 

スーツ男性話す

次に、一目均衡表の使い方について見ていきましょう。

一目均衡表の基本設定方法

まずは、一目均衡表をチャート上に設定してみましょう。

今回は、おそらく最も利用者が多いであろうMT4(Meta Trader4)においての一目均衡表の設定方法を説明します。

手順は以下の6つのステップで完了するので、それほど時間はかかりません。

  1. MT4のチャート画面を表示
  2. メニュータブの中の「挿入」をクリック
  3. クリックしてでてきた選択肢の中から「インジケーター」を選択
  4. 表示された画面の中にある「トレンド」という文字を選択
  5. 「Ichimoku Kinko Hyo」をクリック
  6. パラメーターを設定して「OK」をクリック

 

まずはMT4のチャート画面を表示させ、上部メニュータブの中にある「挿入」をクリックします。

次に「インディケータ」、「トレンド」、「Ichimoku Kinko Hyo」の順にクリックします。

fx 一目均衡表

 

すると以下のような設定画面がでてきます。

「Ichimoku Kinko Hyo」の初期設定では転換線が「9」基準線が「26」先行スパンB(先行スパン2)が「52」となっています。

基本的には設定を変えなくても問題はないので、よくわからないという方は何も設定を変えずに「OK」をクリックして設定を終了しましょう。

fx 一目均衡表

 

すると以下の画像のように、一目均衡表のインジケータ―がチャート上に表示されます。

fx 一目均衡表

一目均衡表が見にくいときは?

もし上の画像のように基準線や転換線、遅行スパンが表示されていなかったり色が見にくい場合は、表示方法や色を変更しましょう。

以下の6つのステップで変更できます。

  1. チャート画面上を右クリック
  2. 「表示中のインディケータ」をクリック
  3. 「Ichimoku Kinko Hyo」クリック
  4. 同じ画面上にある「編集」をクリック
  5. 「色の設定」をクリック
  6. 転換線、基準線、遅行スパン、雲(上昇)、雲(下降)の色を変更して「OK」をクリック

 

まずは、チャート画面のどこでもいいので右クリックをすると、下画像のようなメニュー画面が表示されます。

その中に「表示中のインディケータ」という文字が表示されているので、そこをクリックします。

fx 一目均衡表

表示中のインディケータ」の中の「Ichimoku Kinko Hyo」をクリックします。

選択したら、右側の「編集」をクリックします。

fx 一目均衡表

 

Ichimoku Kinko Hyo」の編集画面が表示されたら「色の設定」というタブをクリックします。

色の設定」の初期設定では、転換線や基準線、遅行スパンが「None」となっているので表示されていません。

fx 一目均衡表

 

こちらをチャート画面上に表示させるために、色の設定を行いましょう。

ちなみに、おすすめは以下の設定です。

fx 一目均衡表

  • 転換線:Red
  • 基準線:Blue
  • 遅行スパン:Lime
  • 雲(上昇):MistyRose
  • 雲(下降):LightCyan

 

雲(上昇)と雲(下降)はそのままにしていますが、しばらく使ってみて使いづらいと感じたら、自分の好みに合わせて調節してみましょう。

色が決まったら「OK」をクリックします。

すると変更した色で一目均衡表が表示されます。

fx 一目均衡表

時間軸の選び方

一目均衡表はどの時間軸であってもチャート分析のシグナルとして使うことができます。

ただし、発案者である細田氏は、日足でのみ使うべきと語っています。

一目均衡表の基本数値は「9」「17」「26」となっており、この数値は日足を基に算出されています。

そのため、正確性を期すためには週足や分足ではなく日足で使うべきというわけです。

もちろん、どんな時間軸であっても一定の効果を得ることはできますが、まずは日足で使ってみるのがいいでしょう。

線の組み合わせと基本的な分析方法

一目均衡表は先ほどご説明した5つの線に加えて、先行スパン1と先行スパン2によって形成される雲によって構成されています。

これらをうまく活用することで相場分析を進めていくのですが、線単体で分析する場合複数の線の組み合わせを用いて分析する場合があります。

ここからは、線の組み合せ方についてと基本的な分析方法を見ていきましょう。

転換線と基準線の組み合わせ

まずは、転換線と基準線の組み合わせです。

この2本の分析方法ですが、2本の移動平均線をつかった分析方法と同じです。

転換線を短期移動平均線基準線を長期移動平均線(もしくは中期移動平均線)に見立てて分析します。

注目すべきポイントは、基準線と転換線の向きと交差部分です。

パターンとしては以下の3つをまずは覚えておきましょう。

転換線と基準線を使った分析方法

転換線が基準線を上抜く:買いシグナル(ゴールデンクロス)

転換線が基準線を下抜く:売りシグナル(デッドクロス)

転換線と基準線が並行:トレンド継続(パーフェクトオーダー)

golden.ded.perfect

より上級者になると基準線と転換線に加えて、いくつか自分の好みの移動平均線を加えて分析するトレーダーもいます。

もちろん、ゴールデンクロスやデッドクロスだけをつかって相場分析をしたいのであれば、一目均衡表を使わずとも、移動平均線を表示させれば同じことができます。

 

移動平均線については以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は併せてご覧ください。

先行スパンを使った分析方法

次は、先行スパンを使った分析方法です。

厳密に言うと、先行スパンによって作り出される「」を使った分析方法です。

一目均衡表では先行スパン1と先行スパン2の間のゾーンが塗りつぶされ「雲」が生じますが、先行スパンを用いて分析を行う場合、この帯状の雲とローソク足の位置関係がポイントとなります。

まず基本的な分析方法は以下の通りです。

先行スパンを使った基本的な分析方法

ローソク足が雲のに位置していれば強気相場

ローソク足が雲のに位置していれば弱気相場

 

シンプルなので、トレード初心者の方であっても簡単に相場感を掴むことができます。

また、雲とローソク足の組合せを用いることによって、売買シグナルとしても活用することができます。

例えば、よく使われているシグナルとしては以下のようなものになります。

先行スパンを使った売買シグナル


ローソク足が雲を上抜けする:買いシグナル(上昇サイン)

ローソク足が雲を下抜けする:売りシグナル(下降サイン)

 

多くのトレーダーが上記のシグナルを利用しているため、ローソク足が雲の中に突入した場合は、雲を上抜けるか下抜けるかに注目が集まります。

 

スーツの若い男性 本-ひらめき

雲の厚みが厚ければ厚いほど、相場の反転は難しくなるということも重要になります。

雲が厚い場合はローソク足が抜けることが難しくなるため、雲がサポートもしくはレジスタンスとして機能することが多くなります。

こういった特性を活かして押し目買いや戻り売りといった手法を用いるケースもあります。

遅行スパン

次は、遅行スパンを使った分析方法です。

遅行スパンも先行スパンと同様に、ローソク足との位置関係がポイントとなります。

ローソク足よりも遅行スパンが上にある場合は上昇トレンド、下にある場合は下降トレンドとなり、以下の売買シグナルが活用されます。

遅行スパンを使った売買シグナル

遅行スパンがローソク足を上抜けする:買いシグナル
遅行スパンがローソク足を下抜けする:売りシグナル
chikou

一目均衡表の3つの理論

一目均衡表は5つの線と先行スパンによって形成される雲によって支えられていますが、実は他にも重要なポイントがあります。

それが、一目均衡表を支える3つの理論です。

一目均衡表の3つの理論


  • 時間論
  • 波動論
  • 水準論(値幅観測理論)

 

スーツの若い男性 チェックボックス自

それぞれ順番に詳しく解説していきます。

時間論

一目均衡表の時間論とはその名の通り、時間についての原則を説明した理論です。

一目均衡表において時間によって相場の転換点を分析するという内容になります。

9」「17」「26」が一目均衡表の基本数値であり、その期間において相場が転換しやすいと分析することができるのです。

基準線や転換線のデフォルト設定でこれらの基本数値が使用されていることからも、かなり重要視されていることがわかります。

「9」「17」「26」の基本数値以外にも、これらの数値を加減して組み合わせた「33」「42」「65」「76」の複合数値というものがあります。

時間論では、あるポイントからこれらの日数が経過したタイミングで変化が起きやすいといった考え方をします。

また前述した数値以外に、対等数値と呼ばれる数値も存在します。

対等数値とは

上昇する日数と下降する日数は対象になるという考え方

 

この考え方を利用すれば、次の変化日を予測しやすくなります。

このときの日数は基本数値や複合数値は無視して考えます。

波動論

一目均衡表の波動論では、波動の形によって相場の方向性を分析していくことになります。

基本的な3つの波動の形を見ておきましょう。

ichimoku

基本的にはI波動とV波動が繰り返し発生して、最後にN波動が発生します。

N波動が最も基本的な波動の形となります。

従って、相場を分析する時には、N波動に注目するのがいいでしょう。

水準論(値幅観測理論)

一目均衡表の水準論は、別名「値幅観測理論」とも呼ばれています。

水準論では、上値と下値から次の天井と底を推測、分析します。

水準論を使い計算することによって、価格がどのくらい上昇するのかやどのくらい下降するのかを予測することができるのです。

ただし、上値と下値にあたる部分は自分自身で見極めなければなりません。

基本的な計算方法は、以下4種類となります。

N計算値 E計算値V計算値 NT計算値

水準論における4種類の計算方法


「N計算値」:上昇1波の値幅と上昇3波が同じ値幅で上昇する計算方法

「E計算値」:上昇1波の値幅よりも上昇3波が2倍の値幅で上昇する計算方法

「V計算値」:調整2波の値幅よりも上昇3波が2倍の値幅で上昇する計算方法

「NT計算値」:上昇1波から調整2波を引いた値幅が上昇3波で上昇する計算方法

 

これら4つの計算式を求めることで、次の天井や底を分析することができます。

相場の上昇幅や下降幅を予想できるため、エントリーポイントやポジションの決済判断の際に役立ちます。

一目均衡表を上手に活用するポイント

次は、一目均衡表をより上手に活用するためのポイントについて解説していきます。

一目均衡表を上手に活用するために覚えておいて欲しいのが以下の2つのポイントです。

一目均衡表を上手に活用するポイント


  • 三役好転・三役逆転を狙う
  • 他のテクニカル分析と組み合わせる

三役好転・三役逆転を狙う

三役好転とは、3つの買いシグナル(三役)が揃っている状況のことを指します。

  • 転換線が基準線を上抜く(ゴールデンクロス)
  • 遅行スパンがローソク足を上抜く
  • ローソク足が雲を上抜く

sanyaku

それぞれ単体でも強い買いシグナルですが3つが揃うことで非常に強力な根拠となり、今後、強気な相場状況が続くことを予想できます。

三役逆転は三役好転の逆で、3つの売りシグナル(三役)が揃っている状況となります。

sanyaku

他のテクニカル分析と組み合わせる

一目均衡表だけでも相場状況を把握し、トレード判断を下すのに十分な根拠となります。

しかし一目均衡表だけではカバーできない盲点もあるため、他のテクニカル分析を組み合わせることによって、より確実性のあるトレード判断ができるようになるでしょう。

トレーダーによって組み合わせるテクニカル分析手法は異なりますが、一般的には、移動平均線やRCI、ボリンジャーバンド、MACDなどを組み合わせることが多いようです。

 

他のインジケーターについて詳しくは以下の記事で詳しく解説しています。

一目均衡表との組み合わせにおすすめなインジケーター

一目均衡表に他のテクニカル分析を組み合わせるという話をしましたが、具体的にどんなインジケーターと組み合わせるのがよいのでしょうか?

一目均衡表と他のインジケーターのおすすめな組み合わせは次の2つになります。

  • 一目均衡表とMACDの組み合わせでトレンド転換を見つける
  • 一目均衡表とRSIの組み合わせでレンジ相場で逆張りする

一目均衡表とMACDの組み合わせでトレンド転換を見つける

まずは、一目均衡表とMACDの組み合わせでトレンド転換を見つけるというやり方です。

MACDは移動平均線をベースにデータや値動きの検証を重ね、さらに精度の高い分析を行うために発明されたオシレーター系テクニカル指標です。

先ほど三役好転や三役逆転の話をしましたが、一目均衡表だけでこれを判断するとエントリーポイントが遅れてしまうということがたびたび発生します。

 

MACDの使い方や設定方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

エントリーポイント

具体的には以下の手順でエントリーポイントを見つけていきます。

  1. MACDの弱気のダイバージェンスからデッドクロス
    ※ダイバージェンスとは価格とインジケーターの逆行現象のこと
    例:価格は上昇しているのにインジケーターは下降している
  2. 転換線のデッドクロス
  3. 遅行スパンがローソク足を下抜ける
  4. ローソク足が雲を下抜ける

 

まずは、MACDのデッドクロスを確認します。

すると、その数本後に転換線が基準線を下抜けしてデッドクロスを発生させます。

その直後に、遅行スパンがローソク足を下抜けたのであればエントリーポイントとなります。

この時、MACDはネガティブダイバージェンスを起こしています。

加えて、ローソク足が雲を下抜けしたらさらにエントリーポイントとして信憑性が増します。

これら4つのポイントを押さえてエントリーしていきましょう。

fx 一目均衡表

エグジットポイント

エグジットポイントはトレンドの転換点となるので非常に重要です。

具体的には以下のポイントとなります。

  1. 遅行スパンがローソク足を上抜ける
  2. MACDが上向き
  3. 転換線がゴールデンクロス

 

MACDが上向きになり、遅行スパンがローソク足を上抜いたら利確してしまいましょう。

転換線が基準線を上向きにクロスしゴールデンクロスを形成した場合も、トレンド転換となるので利確してしまいます。

いずれにせよどれかのシグナルが発生し、トレンドが弱まったタイミングでは利確する準備をしておきましょう。

fx 一目均衡表

一目均衡表とRSIの組み合わせでレンジ相場で逆張りする

次は、一目均衡表とRSIの組み合わせによってレンジ相場で逆張りをする方法です。

レンジ相場においては一目均衡表だけでは明確なエントリーポイントを発見することは難しいので、RSIを組み合わせることによってその弱点を補います。

RSIは、相場の過熱感を表すテクニカル指標です。

一般的には70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎと判断します。

80%以上で買われすぎ、20%以下で売られ過ぎとされる場合もありますが、RSIを使っていくうちに自分の手法にあったものを選ぶ方がよいでしょう。

 

RSIを使ったトレード方法や設定の仕方は、以下の記事で詳しく解説しています。

エントリーポイント

具体的にエントリーポイントは以下の手順で見つけていきます。

  1. 一目均衡表でレンジ相場を確認
  2. RSIが70%以上になり、折り返しそうな時点で売りエントリー
  3. RSIが30%以下で折り返しそうなところで買いエントリー

 

一目均衡表を使えばレンジ相場を確認するのは比較的簡単です。

雲の中に価格がある時や雲がねじれている時にはレンジ相場となります。

 

スーツ男性話す

上位の足で、直近高値と安値を把握しておくこともポイントですね。

レンジ相場ということが確認できたら、エントリーポイントを探していきます。

エントリーポイントはRSIが70%以上もしくは30%以下のところです。

RSIが70%以上になり、折り返しそうな時点で売りエントリー、逆にRSIが30%以下で折り返しそうなところでは買いエントリーとなります。

エントリーチャンスは減りますが、80%以上と20%以下を基準としても問題ありません。

fx 一目均衡表

エグジットポイント

エグジットポイントは単純で、RSIが反対売買の数値に達したら利益確定または損切りとします。

万が一、ポジションを保有している時にレンジ相場が終了し、トレンド形成のシグナルが出始めたら決済してしまいましょう。

含み損を抱えていると損切りをためらってしまいますが、トレンドが発生すると損失がどんどん膨らんでしまい取り返しのつかないことになります。

損切りは躊躇せず行い、潔く次のエントリーチャンスを待ちましょう。

fx 一目均衡表

一目均衡表を使う際の注意点

一目均衡表はトレンドの転換や、トレンドが継続している時にはエントリーポイントの明確な根拠を示してくれる、非常に役に立つツールです。

しかし、どんな状況においても活用できる万能ツールというわけではありません。

一目均衡表を使っている時に、以下のような状況になったのであれば注意する必要があります。

  • 雲の中に価格がある時
  • 雲がねじれている時

 

なぜ上記の条件の時に注意しなければならないかと言うと、方向感がなくレンジ相場となるからです。

一目均衡表はトレンドの転換やトレンドが継続している時には、エントリーの明確な根拠を示してくれます。

一方でレンジ相場においては方向感がないということしかわかりません。

雲の中に価格がある時や雲がねじれている時などには一目均衡表だけでなく、上述した他のテクニカル分析と併用してエントリーポイントを探してみましょう。

まとめ

今回は一目均衡表についての基礎知識や使い方などについて徹底解説していきました。

実際に一目均衡表を使うべきなのか、迷いどころですが、もしまだ手法がしっかりと確立されていないのであれば、一度使ってみるのがおすすめです。

一目均衡表は他のインジケーターと比べても使いやすく、以下のようなメリットがあるので表示させておくだけでも役立ちます。

・トレンドやトレンドの転換が見分けやすくなる
・雲の発生やゴールデンクロス、デッドクロスなどにより、視覚的に相場の流れをつかむことができる
・設定が簡単で、標準設定でも十分機能する
・他のインジケーターと組み合わせて自分好みの手法を作りあげることができる

 

一目均衡表は使い続けると奥が深い一面もあるので、初心者から上級者まで全てのトレーダーにおすすめできます。

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

まだ一目均衡表を使ったことがないという方は、ぜひこの機会に一度使ってみてくださいね。

 


海外FXラボ

筆者:海外FXラボ編集部

海外FXの仕組みや業者の特徴をわかりやすくご紹介。
初心者も安心して利用できるコンテンツを目指して、口座開設方法、トレード手法などを徹底解説!
最新情報を随時更新、キャンペーン情報なども発信中。