XM マイクロ口座 口座タイプ

XMのマイクロ口座ってどんな口座?特徴は?

マイクロ口座とスタンダード口座との違いは?


マイクロ口座は小口取引ができるって聞いたけど、どのくらいのサイズ?

 

XM(XMTrading)のマイクロ口座は、FX業者の中でも珍しく小額から取引できる口座です。

XMのスタンダード口座とマイクロ口座はスペックがほとんど同じ同系統の口座タイプで、両口座の大きな違いは取引量の大きさです。

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

今回はマイクロ口座の特徴や、口座の活用法を詳しくご紹介します。

XMの3つの口座タイプ

XMにはマイクロ口座、スタンダード口座、ゼロ口座の、3つの口座タイプがあります。

 

スーツ男性話す

3つの口座の内容を比較表で比べてみると違いが見えてきます。

XM口座タイプ比較表

項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
レバレッジ888倍500倍
1ロット単位1,000通貨10万通貨
最小取引数量MT4:0.01ロット(10通貨)
MT5:0.1ロット(100通貨)
0.01ロット(1,000通貨)
最大取引数量100ロット(10万通貨)/1銘柄50ロット(500万通貨)/1銘柄
合計最大取引数2万ロット(2千万通貨)1万ロット(10億通貨)
ドル円平均スプレッド1.7pips0.1pips
ボーナス新規口座開設ボーナス、入金ボーナス、取引ボーナス新規口座開設ボーナスのみ
CFD取引

XMの3つの口座タイプは「ボーナスの有無」、「取引コストの違い」、「取引量の大きさの違い」で大きく特徴付けられています。

 

XMの3つの口座タイプの違いについては、こちらの記事に詳しくまとめてあります。

XMの3つの口座タイプの特徴

XMの3つの口座タイプの特徴

マイクロ口座スタンダード口座ZERO口座
・スタンダード口座と仕様は同じ
・1ロット=1,000通貨で取引(小口口座)
・レバレッジ888倍
・ボーナスが3種類(標準口座)
・レバレッジ500倍
・手数料がある分スプレッドが狭い
・入金、取引ボーナスがない

ゼロ口座は、3種類のタイプの中で他の口座と違う系統のタイプとなっています。

スプレッドが狭いのが大きな特徴で、取引手数料がかかり、最大レバレッジは500倍、入金、取引ボーナス非対応となります。

 

スーツの若い男性 アイコン案内

ゼロ口座はボーナスがない分スプレッドが狭く、スキャルピング特化型の口座と言えますね。

一方、マイクロ口座とスタンダード口座はスペックが非常に似ていて、両口座とも全ボーナス受け取り可能、最大レバレッジ888倍と、XMの特典を全て利用することができます。

 

眼鏡お父さん男性 電卓パソコン初心者

マイクロ口座とスタンダード口座の大きな違いは、取引サイズですね。

スーツ男性話す

マイクロ口座は他の口座の100分の1の取引量です。

以下の条件は、XMの3つの口座タイプ全てに共通しています。

全XM口座タイプの共通条件

・マージンコール:証拠金維持率50%以下
・ロスカット水準:証拠金維持率20%以下
・最大保有可能数:200ロット
・プラットフォーム:MT4・MT5
・追証なし(海外FX特有)

XMのマイクロ口座とは

XMのマイクロ口座とは、XMの3つの口座タイプの中でも少額取引ができる口座で、初心者の人におすすめな口座タイプです。

1ロットが1000通貨に設定されていて、MT4の場合は0.01ロット(10通貨)から、MT5の場合は0.1ロット(100通貨)から取引ができます。

マイクロ口座のスペックはスタンダード口座とほとんど同じで、最大レバレッジは888倍、ボーナスもすべて受け取ることができます。

マイクロ口座はレバレッジ最大888倍

マイクロ口座ではXMの最大レバレッジである888倍を利用できます。

ハイレバレッジと聞くと「リスクが大きくなる」などの考えが頭を過ぎるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

トレードの損益はロット数(取引数量)と値動きから計算されるので、レバレッジのリスクはロット数を調節することでコントロールできます。

レバレッジが大きいと必要証拠金が少なくなり、それによってロスカットされにくくなので、より効果的なトレードが可能になります。

もし同じ取引量のトレードをするのであれば、レバレッジが大きい方が取引条件の良いトレードになります。

 

レバレッジとロット数の関係、レバレッジとロスカットなどの関係など、こちらの記事で詳しく解説しています。

マイクロ口座ではXMのボーナスが全て受取可能

ゼロ口座やキャッシュバック口座では、全てのボーナスを受け取ることはできません。

しかしマイクロ口座では、新規口座開設ボーナスや入金ボーナスなどXMのボーナスが全て受け取り可能なので、初心者にとっては良いスタートを切れる口座となっています。

 

スーツの若い男性 財布案内

XM初心者の方は、XMの新規口座開設ボーナスだけを使って完全ノーリスクで取引を試してみるのもおすすめです!

口座開設ボーナス3,000円というと小額に感じる人もいるかも知れませんが、マイクロ口座の最小ロットはスタンダード口座の100分の1の大きさなので、かなりの回数を取引することができます。

反対に最初の口座がスタンダード口座の場合、100通貨単位での小額取引はできないのでボーナス3,000円の資金のみでトレードを楽しむことは難しいかも知れません。

 

▼口座開設ボーナス3,000円で保持可能なポジション数のシミュレーション

【条件】為替レート:1ドル=100円、レバレッジ888倍、マイクロ口座の最小取引通貨量で取引する場合

最小取引通貨量レバレッジ必要証拠金ボーナス3000円のうち
必要証拠金の割合
スタンダード口座
1,000通貨(0.1ロット)
888倍1126円≒1/3
マイクロ口座
MT4:100通貨(0.1ロット)
888倍11円≒1/272
マイクロ口座
MT5:10通貨(0.01ロット)
888倍1.1円≒1/2,727

 

実際に取引を行う際はスプレッドなど他条件も加わりますが、1度の取引に必要な必要証拠金は11円、計算上はボーナス3,000円で1度に約250回分のポジションを持つことができました。
※XMのルールで最大保有可能ポジションの上限は200ポジションとなっているので、実際は250ポジション同時に保有することはできません。

このようにマイクロ口座では小さな取引が可能なので、3,000円でも取引を楽しむことができます。

 

スーツの若い男性 アイコンOK

ボーナスを使ったトレードで得た利益は出金可能です。

ボーナスについてもっと詳しく知りたい人はこの記事を参考にしてください。

マイクロ口座は1ロット1,000通貨

マイクロ口座は1ロット1,000通貨となっていて、1ロット10万通貨である他の口座と比べるとその差は100倍あります。

スーツの若い男性 ポイント

マイクロ口座での1ロットは、スタンダード口座の0.01ロットです。

最小10通貨0.01ロットから取引可能

マイクロ口座はプラットフォームによって最小取引量が異なり、MT4口座は最小で10通貨から取引可能、MT5は100通貨から取引可能となっています。

10通貨も100通貨もどちらも小さい取引通貨量ですが、より小さいロット数を選びたい場合は口座開設時にMT4を選びましょう。

 

スーツの若い男性 電卓半身ナビ

マイクロ口座でどのくらいのポジションが取れるのかシミュレーションしてみましょう。

マイクロ口座で1ロット取引するのに必要な証拠金は、レバレッジ888倍で1ドル100円の時112円です。

1ロット取引するのに必要な証拠金

1ドル=100円、レバレッジ888倍で1ロット(1,000通貨)を取引する場合

必要証拠金=100円×1,000通貨÷888倍=112円
→マイクロ口座で 1ロット(1,000通貨)取引するために必要な証拠金は112円

 

▼マイクロ口座で取ることができるポジション量の目安

【条件】ドル円レート:1ドル100円、レバレッジ888倍

項目3,000円10,000円
1ロット1,000通貨26ロット88ロット
最小取引量(MT5):0.1ロット100通貨266ロット888ロット
最小取引量(MT4):0.1ロット10通貨2,664ロット8,880ロット

口座開設ボーナス3,000円を利用して888倍のレバレッジ をかけると計算上は約266万円分の取引が可能、10,000円の入金だと約888万円分の取引が可能です。

ロット数にすると、3,000円の証拠金で26ロット、10,000円で88ロットの取引をすることができます。

スーツの若い男性 初心者マークポイント

実際の取引ではスプレッドが発生するので上記の計算はあくまで目安として考えてください。

取引量が少ないため、金額が動きにくい

マイクロ口座は取引量が少ないので、利益、損失、どちらもお金の動く幅が狭くなります。

▼取引量と損益の関係

xm マイクロ口座 取引量

同じロットでも取引量が多いと損益の幅が広くなり、少ないと損益の幅が狭く動きにくくなります。

マイクロ口座は少資金の取引口座なので損益の幅が図の右側のようになります。

マイクロ口座は練習をしたい人、最小取引でトレードを試したい人にとっては損失リスクが低く利用しやすい口座ですが、反対に、大きい取引をしたい人には向かない口座です。

マイクロ口座の損益シミュレーション

マイクロ口座での損益をシミュレーションしてみましょう。

FXでは価格の変動をpipsという単位で表しますが、1pipsの大きさは通貨ペアによって異なります。

1pipsの大きさ

ドル円とクロス円:1pips=0.01円
ドル円とクロス円以外:1pips=0.0001ドル

 

スーツの若い男性 電卓半身ナビ

例えばドル円のレートが100.00円から100.05円に上昇すると「ドル円が5pips上昇した」と表します。

では、pipsあたりに出る損益を下記の条件でシミュレーションしてみましょう。 

損益額を求める計算式

損益=ロット数×1ロットあたりの通貨単位×pips

 

▼マイクロ口座の損益

【条件】為替レート:1ドル=100円

1pips変動10pips変動100pips変動
0.01ロット(10通貨)0.1円1円10円
0.1ロット(100通貨)1円10円100円
1ロット(1000通貨)10円100円1000円

マイクロ口座最小取引サイズの0.01ロット10通貨だと1pipsの変動で0.1円の損益幅しかなく、1ロット1,000通貨の取引量で100pips動いたとしても1,000円の損益幅です。

上の表を見ると、マイクロ口座では価格の変動が少なく取引リスクが低いのと同時に、損失も利益も少ないことがわかります。

 

スーツの若い男性 ポイント

このようにマイクロ口座では極めて小額のトレードが可能です。

マイクロ口座とスタンダード口座の違い

マイクロ口座とスタンダード口座のスペック内容は、取引量以外はほとんど同じで違うのはロットの設定だけだと言ってもいいくらいです。

両口座の違いは「取引可能な通貨量」「銘柄の表示方法」の2つです。

 

スーツの若い男性 アイコン案内

2つの口座の違いを比較表で見てみましょう。

▼マイクロ口座とスタンダード口座の比較表

項目マイクロ口座スタンダード口座
1ロット単位1,000通貨10万通貨
最小取引数量MT4:0.01ロット(10通貨)
MT5:0.1ロット(100通貨)
0.01ロット(1,000通貨)
最大取引数量100ロット(10万通貨)/1銘柄50ロット(500万通貨)/1銘柄

 

スーツの若い男性 ポイント

スタンダード口座の最小取引数量は、マイクロ口座の1ロットと同じサイズです。

取引可能な通貨量の違い

マイクロ口座とスタンダード口座の大きさの違いは、1ロットあたりの価値にあります。

1ロット:1,000通貨(マイクロ口座)
1ロット:10万通貨(スタンダード口座)

 

マイクロ口座の取引量はスタンダード口座の100分の1になり、ロットの価値も1pipsあたり100倍の差があります。

つまり、マイクロ口座で100ロット取引しても、スタンダード口座では1ロットにしか値しないということです。

例えばマイクロ口座とスタンダード口座でそれぞれ10ロットで取引をした場合、以下の図のような取引量の差になります。

 

▼マイクロ口座とスタンダード口座取引量比較:100倍の違い

XM マイクロ口座 スタンダード口座 違い

為替レートが1ドル100円でポジションを持ち102円で決済すると同じロット数でも100倍の差が出てマイクロ口座は2万円の損益、スタンダード口座は200万円の損益になります。

 

眼鏡お父さん男性 スマイル

図で見ると100倍の差がイメージしやすいですね。

銘柄の表示方法

取引銘柄は全口座タイプ共通ですが、マイクロ口座の銘柄は表示方法が違い、下記のように通貨ペアの後ろに「micro」が付きます。

USDJPYmicro
GOLDmicro


通貨ペアと金銀以外の銘柄はスタンダード口座と同じ1ロット10万通貨なのでmicroがついていません。

つまりmicroがついていない銘柄の1ロットの価値はスタンダード口座と同じになります。

マイクロ口座とスタンダード口座はどんな人におすすめ?

よく似ているマイクロ口座とスタンダード口座の違いが話題になることがありますが、異なっているのは取引量だけです。

ですので、「どちらが良いか」と言うよりは「取引量が多いか少ないか」という視点で口座タイプを選ぶと良いでしょう。

マイクロ口座がおすすめな人

マイクロ口座は少額取引をしたい人」におすすめです。

マイクロ口座の取引量は1ロットあたり1000通貨と非常に少ないため損益の動く幅も少なく、リアル口座で試してみたい取引をする時、トレードの練習をしたい時などに向いています。

 

スーツの若い男性 メガホン大声

他にもマイクロ口座はこんな人にもおすすめです。

  • 最小取引でEAを試してみたい人
  • FX取引をリアル口座で実践したい人
  • XMPのステータスをランクアップしたい人

詳しくは、この記事内の「マイクロ口座の便利な使い方」を参照してください。

スタンダード口座がおすすめな人

スタンダード口座は、オールマイティーな口座なので幅広い方におすすめできます。

スタンダード口座とマイクロ口座でどちらにしようか悩んでいる場合、ポイントとなってくるのはやはりどのくらいのサイズで取引したいのかということです。

スタンダード口座の取引量は1,000通貨からと幅広く、少額取引から大口の取引まで対応できるので、最終的に収益を上げる取引がしたいならスタンダード口座がおすすめです。

 

スタンダード口座の特徴や取引量についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

マイクロ口座は初心者向け?

マイクロ口座は取引量が少ないので、損失のリスクが低く低資金から始められ、確かにFX初心者向きの口座タイプです。

しかし、初心者はスタンダード口座に不向きかというとそうではありません。

スタンダード口座でも少額取引ができる

初心者だからと言って必ずしもマイクロ口座を選ぶ必要はありません。

スタンダード口座の最低ロットは0.01pips(1,000通貨)なので充分小額の取引が可能で、リスクを抑えたトレードができます。

今後1,000通貨以上の取引を行う予定であれば、初心者であっても最初からスタンダード口座で始めた方が効率が良いでしょう。

マイクロ口座の便利な使い方

XMのマイクロ口座には、少ない取引量という特徴を活かした便利な使い方がいろいろあります。

①最小コストでXMPのランクアップをするのに使う

②EAの検証に使う

③トレードの練習に使う

①最小コストでXMPをランクアップするのに使う

XMのロイヤルティプログラムとは、取引する度にポイントがもらえる独自のポイント制度(XMP)のことです。

XMPにはステータスランクがあり、ランクが高いほど1ロットの取引ごとにもらえるXMポイントが多くなります。

4段階あるステータスのランクアップに必要な条件は、「XMで取引した日数」で、最短100日で最高ランクのELITEまで行くことができます。

▼XMのロイヤルティステータス

XM xmp

XMのマイクロ口座を使えば、手軽に最小コストでXMPのステータスランクをELITEまでランクアップし、維持することができます。

やり方は簡単で、マイクロ口座を作り、そこで最小0.01ロットのポジションを100日間持ち続けるだけです。

もし損失が出たとしても最小ロットなので損失が少なく済み、100日間ほとんど放置状態でも大丈夫です。

 

XMPについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

②EA(自動売買)の検証に使う

マイクロ口座は少額で運用できるのでリスクが低く、EAの検証、テストなどに最適です。

デモ口座でもEAの検証はできますが、スプレッドや約定力において実際とは若干異なるのでリアル口座で試してみる方がより正確な検証ができます。

0.01ロットで運用すれば、たとえ負けたとしても損失が1,000円以上になることはめったにないので、「検証の結果」という良い経験を持ち帰ることができるでしょう。

 

EAについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

③トレードの練習に使う

FXデビューをした人や実践経験を積みたい人がトレードの練習をするのなら、マイクロ口座がおすすめです。

最低入金額は500円、最小取引通貨は10通貨からで、必要証拠金も少なくて済み、小額の資金を使ってゲーム感覚でシミュレーションできます。

デモ口座での取引は実際のものではなく、自分のお金を使うことやスリッページが発生することがないのでどうしても緊張感が欠けてしまうことがありますが、マイクロ口座では本番環境を低リスクで試すことができます。

 

スーツの若い男性 ポイント

さらに新規口座開設ボーナスの3,000円を使えば入金せずにトレードをすることも可能です。

マイクロ口座の注意点

続いてはマイクロ口座を利用するにあたっての注意点をお伝えします。

マイクロ口座の最大取引量は1回10万通貨

マイクロ口座で一度に注文できる最大ロットは100ロットで、XMのマイクロ口座の取引単位にすると10万通貨です。

マイクロ口座は最大合計2,000万通貨までポジションを持てますが、1ポジション10万通貨までが上限なので、10万通貨以上は別のポジションを建てる必要があります。

注文回数が増えると作業量が増え、狙っていたタイミングを逃す可能性が高くなるので、トレードの量が増えてきたらマイクロ口座では辛くなります。

1,000通貨以上の取引をするのであれば、スタンダード口座の方が取引量の幅が広く、使いやすいでしょう。

 

スーツの若い男性 チェックボックス自

マイクロ口座では非常に大きいロット数は持つことができないことを覚えておきましょう。

通貨ペアと金(ゴールド)銀(シルバー)以外は少額取引ができない

マイクロ口座では通貨ペアとゴールド、シルバー以外は、少額取引ができません。

銘柄に「micro」と表示されていないものはスタンダード口座やゼロ口座と同じ取引サイズになり、両口座と同じ取引量でトレードするしかありません。

銘柄に「micro」と表示されているものはマイクロ口座専用取引サイズですが、それ以外の銘柄は取引サイズが100倍違うので気を付けましょう。

利益効率が低い

マイクロ口座はロット単位数がとても小さいので、ローリスクではありますが、裏を返せば大きな利益が望めないローリターンな口座タイプです。

損益の振り幅が非常に小さいので、たくさん稼ぎたいと思っている人や大口取引をしたい人にとっては不向きです。

また、マイクロ口座だと利益や損失が小さすぎて取引している実感がわかないということもあるかも知れません。

マイクロ口座にはデモ口座がない

XMのデモ口座で選べる口座タイプはスタンダード口座とゼロ口座のみで、マイクロ口座にはデモ口座がありません。

マイクロ口座のデモ口座を試すことはできませんが、ほぼ同じスペックのスタンダード口座のデモ口座でロット数を調整し、マイクロ口座のシミュレーションとして利用することはできます。

スタンダード口座の通貨量を100分の1にするとマイクロ口座になるので、デモで検証してみたいという方は代わりにスタンダード口座のデモ口座を選ぶとよいでしょう。

 

デモ口座についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

よくある質問

ここからは、よくある質問をみていきましょう。

マイクロ口座からスタンダード口座に資金移動できますか?
はい、できます。
最低資金振替可能額は500円からです。
マイクロ口座からスタンダード口座に口座タイプを変更できますか?
いいえ、できません。
すでに開設した口座のタイプ変更はできませんが、追加でスタンダード口座を新しく開設できます。
マイクロ口座のデモ口座はありますか?
ありません。
XMのデモ口座は、スタンダード口座とゼロ口座の2種類です。

まとめ

マイクロ口座はスタンダード口座とよく似ていますが、その特徴は取引量が少ないことです。

トレードはローリスクローリターンな取引になり、その特徴を利用してXMPのランクアップや、トレードの練習、自動売買の検証などにも活用できます。

XMでは追加口座を簡単に作れるので、違う口座タイプで口座開設して各口座を使い分けるのもいいですね。

 

 


海外FXラボ

筆者:海外FXラボ編集部

海外FXの仕組みや業者の特徴をわかりやすくご紹介。
初心者も安心して利用できるコンテンツを目指して、口座開設方法、トレード手法などを徹底解説!
最新情報を随時更新、キャンペーン情報なども発信中。