XMのおすすめ通貨ペアは?57種類の通貨ペアから選び方を徹底解説

日本トレーダーから人気を集める海外FX業者「XMTrading」には全部で57種類の通貨ペアがあります。

取り扱い通貨ペアが多いのは嬉しいものの、数が多過ぎてどれを選べばいいのかお困りではないですか?

そこで今回は、 通貨ペアの特徴を押え、XMのおすすめ通貨ペアをご紹介いたします。

国内FXでは味わえない幅広い取引ができるからこそ、XMの通貨ペアはよく理解しておく必要があります。

 

スーツの若い男性 パソコン

早速、XMで取引できる通貨ペアの特徴、おすすめ通貨ペア、選び方を見ていきましょう。

XMで取引でする通貨ペア

XMで取引できる通貨ペアは全部で57種類あります。

米ドル円やユーロ円の他にも、マイナーな通貨ペアまで幅広く取り扱っています。

XM全通貨ペア

基軸通貨通貨ペア
AUD
AUDCAD
(オーストラリアドル/カナダドル)
AUDNZD
(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
AUDCHF
(オーストラリアドル/スイスフラン)
AUDJPY
(オーストラリアドル/日本円)
AUDUSD
(オーストラリアドル/米ドル)
CAD
CADCHF
(カナダドル/スイスフラン)
CADJPY
(カナダドル/日本円)
CHF
CHFJPY
(スイスフラン/日本円)
CHFSGD
(スイスフラン/シンガポールドル)
EUREURAUD
(ユーロ/オーストラリアドル)
EURCAD
(ユーロ/カナダドル)
EURCHF
(ユーロ/スイスフラン)
EURDKK
(ユーロ/デンマーククローネ)
EURGBP
(ユーロ/ポンド)
EURHKD
(ユーロ/香港ドル)
EURHUF
(ユーロ/ハンガリーフォリント)
EURJPY
(ユーロ/日本円)
EURNOK
(ユーロ/ノルウェークローネ)
EURNZD
(ユーロ/ニュージーランドドル)
EURPLN
(ユーロ/ポーランドズロチ)
EURRUB
(ユーロ/ロシアルーブル)
EURSEK
(ユーロ/スウェーデンクローナ)
EURSGD
(ユーロ/シンガポールドル)
EURTRY
(ユーロ/トルコリラ)
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
EURZAR
(ユーロ/南アフリカランド)
GBP
GBPAUD
(ポンド/オーストラリアドル)
GBPCAD
(ポンド/カナダドル)
GBPCHF
(ポンド/スイスフラン)
GBPDKK
(ポンド/デンマーククローネ)
GBPJPY
(ポンド/日本円)
GBPNOK
(ポンド/ノルウェークローネ)
GBPNZD
(ポンド/ニュージーランドドル)
GBPSEK
(ポンド/スウェーデンクローナ)
GBPSGD
(ポンド/シンガポールドル)
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
NZD
NZDCAD
(ニュージーランドドル/カナダドル)
NZDCHF
(ニュージーランドドル/スイスフラン)
NZDJPY
(ニュージーランドドル/日本円)
NZDSGD
(ニュージーランドドル/シンガポールドル)
NZDUSD
(ニュージーランドドル/米ドル)
SGDSGDJPY
(シンガポールドル/日本円)
USDUSDCAD
(米ドル/カナダドル)
USDCHF
(米ドル/スイスフラン)
USDCNH
(米ドル/中国人民元)
*ゼロ口座には非対応

USDDKK
(米ドル/デンマーククローネ)
USDHKD
(米ドル/香港ドル)
USDHUF
(米ドル/ハンガリーフォリント)
USDJPY
(米ドル/日本円)
USDMXN
(米ドル/メキシコペソ)
USDNOK
(米ドル/ノルウェークローネ)
USDPLN
(米ドル/ポーランドズロチ)
USDRUB
(米ドル/ロシアルーブル)
USDSEK
(米ドル/スウェーデンクローナ)
USDSGD
(米ドル/シンガポールドル)
USDTRY
(米ドル/トルコリラ)
USDZAR
(米ドル/南アフリカランド)

ドルストレートとクロスユーロがメインになっており、クロス円の組み合わせは8種類のみです。

マイナー通貨にはヨーロッパの通貨が多くなっています。

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

ドルストレート」とは米ドルと他の通貨の組み合わせのことを言い、「クロス円」とは日本円と米ドル以外の通貨の組み合わせのことを言います。

 

眼鏡お父さん男性 電卓パソコン初心者

では、「クロスユーロ」はユーロと米ドル以外の通貨の組み合わせということですね。

市場時間&関連通貨

世界各地の市場時間と関連通貨を以下の表にまとめてみました。

 

市場時間・関連通貨一覧表

国名市場時間関連通貨
ニュージーランド
(ウェリントン)
(冬)7:00~13:45
(夏)6:00~12:45
NZD
(ニュージーランドドル)
オーストラリア
(シドニー)
(冬)9:00~15:45
(夏)8:00~14:45
AUD
(オーストラリアドル)
日本
(東京)
9:00~15:00JPY
(日本円)
中国
(上海)
10:30~18:30CHN
(中国人民元)
AUD
(オーストラリアドル)
SGD
(シンガポールドル)
ドイツ
(フランクフルト)
(冬)17:00~1:30
(夏)16:00~0:30
EUR
(ユーロ)
CHF
(スイスフラン)
イギリス
(ロンドン)
(冬)17:00~1:00
(夏)16:00~0:00
GBP
(ポンド)

EUR
(ユーロ)
CHF
(スイスフラン)
アメリカ
(ニューヨーク)
(冬)23:30~6:00
(夏)22:30~5:00
USD
(米ドル)

GBP
(ポンド)

EUR
(ユーロ)

CAD
(カナダドル)

このように24時間いつでもどこかの市場が開いており、いつでもFXの取引ができるようになっています。

基軸通貨と決済通貨

基軸通貨」とは、為替レートの左側に表記される通貨を指します。

対して、為替レートの右側に表記される通貨を「決済通貨」といいます。

 

XMのおすすめ通貨ペアは?57種類の通貨ペアから選び方を徹底解説

例えば、米ドル/円(USD/JPY)の場合、米ドル(USD)が基軸通貨、円(JPY)が決済通貨となります。

為替取引をする際は、左側に「基軸通貨」が、右側に「決済通貨」が表示されます。

ドル円ペア(USD/JPY)のレートが109なら、1単位のドルを買うために109円(JPY)が必要です。

 

基軸通貨が上昇する(決済通貨が下落する)と予想する場合は、買いを仕掛けます。

逆に基軸通貨が下落する(決済通貨が上昇する)予想する場合は、売りを仕掛けるというわけです。

 

XMのおすすめ通貨ペアは?57種類の通貨ペアから選び方を徹底解説

MT4/MT5の通貨ペア表示

XMでトレードするにはまず、MT4やMT5で通貨ペアのレートを表示させます。

MT4/MT5で通貨ペアのレートを表示するには以下の手順で進めていきます。

 

STEP1: MT4/MT5のメニューバーから「表示」をクリックし、次に「気配値表示」とクリックします。

XMのおすすめ通貨ペアは?57種類の通貨ペアから選び方を徹底解説

 

STEP2: 「気配値表示」のウィンドウが表示されます。

XMのおすすめ通貨ペアは?57種類の通貨ペアから選び方を徹底解説

 

STEP3: 気配値表示にカーソルを置いたまま右クリックし、続けて「すべて表示」を左クリックします。

XMのおすすめ通貨ペアは?57種類の通貨ペアから選び方を徹底解説

 

STEP4: 気配値ウィンドウにトレード可能な通貨ペアが全表示されます。

XMのおすすめ通貨ペアは?57種類の通貨ペアから選び方を徹底解説

おすすめの通貨ペアの特徴

おすすめ①スプレッドが狭い通貨ペア

スプレッドとは、通貨ペアの「売値」と「買値」の差額のことで、FX業者の手数料にあたります。

スプレッドが狭ければ狭いほど、トレーダーの取引利益は大きくなります

取引利益の計算方法

取引利益=為替差益-スプレッド

 

 

XMでのスプレッドは通貨ペアによって異なり、メジャー通貨ペアはスプレッドが狭いです。

マイナー通貨ペアはスプレッドがメジャー通貨ペアよりも少し広めに設定されています。

 

為替差益を狙うトレードの場合、特にスキャルピングなどの短期取引はトレード回数が多くなります。

そのため、スキャルピングなどの手法を使う場合はスプレッドが狭い通貨ペアで取引した方が有利になります。

長期トレードでは、ポジションを売買する回数が少ないためスプレッドはそれほど大きく影響しません。

スプレッドの狭い通貨ペア例

・EUR/USD(ユーロ/ドル)
・USD/JPY(ドル/円)
・AUD/USD(オーストラリアドル/米ドル)

 

 

トレード回数が多い方には、米ドル円ユーロドルのようなメジャー通貨の取引をおすすめします。

ただしスプレッドは常に変動するので、スキャルピングトレードをする際は必ず確認するようにしましょう。

注意

市場での取引量が少ない時間帯やイベント時は、スプレッドが広がりやすいので注意が必要です。

 

 

XMスプレッドについては以下の記事で詳しく解説をしていますので、こちらも併せてご覧ください。

おすすめ②流通量が多い通貨ペア

流動量が多い通貨ペアは、値動きが安定していて値動きを予測しやすいです。

また、値動きが安定していることから、強制ロスカットされるリスクが比較的少ないと言えます。

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

一般的に、流通量が高い通貨はスプレッドも狭いという特徴があります。

流通量が多い通貨には米ドルユーロの3つで、これらは流通量の高い通貨ペアとしても挙げられます。

流通量が多い通貨ペア例

・EUR/USD(ユーロ/ドル)
・USD/JPY(ドル/円)
・GBP/USD(ポンド/ドル)

 

流通量が多い通貨は、多くのトレーダーが取引しているため、急な値動きが起こりにくいです。

また、基本的にスプレッドも流通量が多い通貨ほど小さく設定されているので、コストも低く抑えられます。

なので、上記のような流通量が多い通貨ペアは低リスク・低コストで取引したいトレーダーに最適です。

 

その一方で、流動性が低い通貨ペアは値動きが不安定で、トレーダーの予想が難しい傾向にあります。

値が激しく動くことがあり、トレードに慣れていない初心者にとってはトレードがしにくいといえます。

おすすめ③情報を集めやすい通貨ペア

通貨の動きを予測するために、トレーダーは日頃から判断材料になる情報を集めます。

日本国内、アメリカやユーロ圏、イギリスなどの経済ニュースは日常的に耳にするでしょう。

その一方で、メキシコやトルコ、南アフリカなどの経済ニュースは触れる機会が少ないです。

値動きを予想するには、経済や政治情勢などの情報を集めやすい通貨を選ぶことが重要です。

 

情報を集めやすい通貨ペア

・EUR/USD(ユーロドル)
・USD/JPY(ドル円)
・GBP/USD(ポンドドル)

 

上記はメジャー通貨ペアと呼ばれ、米ドルと主要通貨を組み合わせた通貨ペアです。

XMでは取引量が多い通貨ペアとなっており、スプレッドも狭く、初心者にとってトレードしやすいです。

 

ドル円は日本で最も取引されている通貨ペアのため、トレンドが追いやすいという特徴があります。

また、スイングトレードやスキャルピングトレードなどの短期取引にも適している通貨ペアとなります。

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

初心者の方には特に、情報を集めやすい通貨ペアをおすすめします。

おすすめ④スワップポイントが高い通貨ペア

FXで利益を得る一つの手段に、スワップポイントがあります。

スワップポイントとは、2つの通貨を交換するときに生じる金利差調整分のことです。

 

スワップポイントを重視する方には、以下のようなスワップが高い通貨ペアを選ぶことをおすすめします。

スワップポイントが高い通貨ペア

・TRY(トルコリラ)が絡む通貨ペア
・MXN(メキシコペソ)が絡む通貨ペア
・ZAR(南アフリカランド)が絡む通貨ペア

 

スーツの若い男性 財布案内

スワップ報酬率TOP5の通貨ペアを表で確認しましょう。

▼XM通貨スワップ報酬率TOP5(2021/6/21時点)

順位通貨ペア買い/売りスワップ(円)
1位EURTRY売り3,628.32
2位USDTRY売り2,514.42
3位EURZAR売り731.47
4位USDMXN売り459.11
5位USDZAR売り413.16

※スタンダード口座で1ロットを取引した場合の日本円換算スプレッドです。

 

上記のような新興国通貨を組み合わせた通貨ペアは、XMでの取引量が比較的少ないです。

一般的な通貨ペアに対し、取引量が少ない通貨ペアは値動きが激しいです。

高金利通貨が多く、スワップポイントが高めに設定されているのでスワップを重視した取引に適しています

しかし、スワップポイントは常に変動し、マイナスのスワップポイントになる場合もあるので注意も必要です。

 

ここからは、スワップポイントが高い通貨ペアを構成する、金利が高い通貨をご紹介します。

金利が高い通貨の紹介

スワップ報酬率TOP5の通貨ペアリストを見ると、スワップを重視する場合にどれを選ぶべきか分かります。

スワップポイントが高い通貨ペアとは、以下3種類のマイナー通貨が構成した通貨ペアになります。

①TRY(トルコリラ)

トルコリラはスワップポイント狙いのトレードでスワップが一番高く、高金利の代表的な通貨です。

スワップが高い一方で、トルコはインフレ率が高く、経常赤字国です。

トルコの政策金利は、2020年9月の8%から、12月には15%にまで大幅に利上げしました。

さらに2021年1月には17%、2021年6月現在政策金利は19%まで利上げされています。

他の国の人に通貨を買ってもらうことを目的に、政策金利を高く設定しています。

 

トルコリラのスワップポイント(2021年6月21日現在)

対米ドル:2,514.42円
対ユーロ:3,628.32円

※スタンダード口座で1ロットを取引した場合

 

スーツの若い男性 ポイント

トルコリラはボラティリティが大きいため、最大レバレッジは100倍に制限されています。

トルコリラは2019年5月時点で、年初からの下落率が1割を超えました。

2019年7月〜12月には、利下げが原因でトルコリラは下落しました。

金利の引き下げや高いインフレ率により、スワップ金利狙いの投資は厳しい状態となっています。

注意

高金利なのと同時に値動きが激しいなどのリスクがあり、初心者トレーダーは特に注意が必要です。

 

XMトルコリラについては以下の記事で詳しく解説をしているので、興味がある方は是非ご覧ください。

②MXN(メキシコペソ)

メキシコペソは名前の通りメキシコの通貨です。

メキシコはアメリカに隣接しており、中南米では経済規模2番目となる新興国です。

アメリカに隣接しているため、アメリカの経済状況に影響を受けやすいのが特徴です。

ですので、アメリカの経済成長が続く限りは、メキシコペソの展望も明るいと言われています。

 

その他にも、メキシコ湾で石油天然ガスが産出されることから、メキシコペソは原油など資源価格の動向に影響を受けやすいという特徴があります。

WTI原油価格との関連性が非常に高く、原油価格が変動する際には注意が必要です。

 

メキシコペソのスワップポイント(2021年6月21日現在)

対ドル:459.11円

※スタンダード口座で1ロットを取引した場合

 

また、メキシコペソはトルコリラや南アフリカランドよりも値動きが安定しており、長期的な投資に向いている通貨で、政策金利は2020年12月時点で4.25%でした。

しかしメキシコ中央銀行は2021年2月、金融政策決定会合で0.25%の利下げを決定し、2021年6月現在は4%に据え置かれています。

高金利通貨を持つ国は将来の経済発展が見込まれると言われていますが、反面突発的な値動きも多いです。

③ZAR(南アフリカランド)

ランド(Rand)は、南アフリカ共和国の通貨で、高金利通貨としても知られています。

南アフリカは、有力新興国とされるBRICSのうちの1国に数えられています。

BRICSとは、ブラジル(Brazil)ロシア(Russia)インド(India)中国(China)南アフリカ(South Africa)の2000年代以降に著しい経済発展を遂げている4ヶ国の頭文字をとった造語。

南アフリカの政策金利は3.5%(2021年6月)と高く、政府は当分の間は金利を下げないと公表しています。

ただし、鉱物資源が豊富な国である南アフリカの通貨であるランドは、金価格などの影響を受けやすいです。

トルコやメキシコと同じく、政策金利が高い国ですので、インフレの傾向がかなり強いことも特徴です。

 

ZAR取引でスワップを稼ぎたい方は、経済関連の情報を常に把握しておくことを心がけましょう。

地政学的リスクも受けやすいため、大きなインフレが来る前の早い段階で決済するようにして下さい。

南アフリカランドのスワップポイント(2021年6月21日現在)

対ドル:413.16円
対ユーロ:731.47円

※スタンダード口座で1ロットを取引した場合

将来性のある人民元(CNH)も要チェック

上記の新興国通貨のほか、人民元(CNH)も金利が高いことで知られています。

人民元には、オンショア人民元(CNY)ととオフショア人民元(CNH)の2種類の通貨があります。

XMで取引できるCHNには、中国本土以外の居住者が参加でき、プラスのスワップポイントが発生します

CNYには、参加できるのが中国本土の居住者のみですので、XMではCNYの取引をすることができません。

 

ドル人民元におけるXMの通貨スワップ報酬率は第6位ながら、上位の新興国通貨よりも安定していることや、今後の経済成長にも期待が持てることから、長期の投資先として人気があります。

XMのゼロ口座は人民元(CNH)非対応

スタンダード口座とマイクロ口座でのみ取引することができます。

ゼロ口座でおすすめの通貨ペアは?

ゼロ口座は、スプレッドが他の口座タイプよりも狭いため、スキャルピングに向いているのが特徴です。

小さな利益を積み重ねるスキャルピングはスプレッド以外にも、値動きの安定性を重視します。

値動きが安定している通貨ペアは、値動きを予測しやすいので勝ちやすい傾向にあります。

ドル円(USDJPY):XM初心者におすすめの通貨ペア

 

スーツの若い男性 ポイント

取引量が多い通貨ペアで一番のおすすめはドル円(USDJPY)です。

日本人にとって情報収集がしやすい日本とアメリカの通貨ペアであり、その取引量は世界第2位を誇ります。

pipsの計算も1pips=0.01円と、非常にわかりやすいのも初心者向けの理由です。

また、スプレッドが非常に狭いこともドル円を取引する大きなメリットです。

ドル円のスプレッド:1.6pips

ユーロドル(EURUSD)

 

スーツの若い男性 コイン転がす

次に世界1の取引量を誇ユーロドル(EURUSD)もおすすめです。

ユーロドル(EURUSD)は取引量が多いので、価額が比較的に安定しており、予測しやすいのが大きな特徴です。

ロンドン市場とニューヨーク市場での取引が活発な、午後4時~深夜2時に取引することをお勧めします。

 

ロンドン市場とニューヨーク市場の開場時間

ロンドン市場:16時〜24時(冬:17時~25時)
ニューヨーク市場:21時~6時(冬:22時~7時)

 

また、ユーロドルもドル円と同じくスプレッドが狭いので、取引しやすい通貨の一つになっています。

ユーロドルのスプレッド:1.6pips

 

スーツの若い男性 アイコンOK

ドル円の取引に慣れたら、次はユーロドルを始めてみるのも良いですね。

主要通貨の攻略法

 

スーツの若い男性 パソコン

ここからは、主要通貨別に攻略法をご紹介します。

日本円(JPY)の攻略法

日本円は日本人にとって最も身近な通貨であり、米ドル、ユーロに次ぐ世界第3位の流通量です。

有事の円買い」と言われ、世界規模の災害や紛争が起こると、投資家たちは避難通貨として円を購入します。

例えば、世界動向が不安定な時や、アメリカが戦争・紛争に関わる事態になると、需要がドルから円に流れる傾向にあります。

 

円が買われる理由としては、日本が世界一の債権国であり、多くの国にお金を貸しているからです。

つまり、日本円は世界でも高い信用がある通貨と認識されているのです。

値動きが安定したドル円はトレンドよりもレンジ相場になることが多いので、スキャルピングに最適です。

 

スーツの若い男性 本-ひらめき

レンジ相場とは、一定の変動幅の中で価格の上下が繰り返されることです。

米ドル(USD)の攻略法

世界基軸通貨の米ドルは、流通量が非常に多い通貨です。

米ドルは通貨別売買高の世界シェアで50パーセントという圧倒的な流通量を誇っています。

また、基軸通貨として世界中で使われている通貨ですから初心者でも取引しやすい通貨といえます。

 

XMのドル円通貨ペアは流通量が多いので、スプレッドが非常に狭くなっています。

上述したように日本人は逆張りをよくするので、ドル円はレンジ相場が多くなります

ユーロドルポンドドルなど、米ドルと欧州通貨のペアは継続したトレンドが出やすいと言えます。

東京市場時間はドル円の逆張りをメインに行い、夕方以降はユーロドルやポンドドルなどの通貨ペアで、トレンド狙いの順張りトレードを行います。

ユーロ(EUR)の攻略法

ユーロは1999年に誕生し、現在ではEUの加盟国19カ国で使用されている通貨です。

その取引量は米ドルに次いで世界2位となっており、圧倒的な流通量を誇っていることがわかります。

ユーロはEU加盟国全体の経済状況の影響を受けやすいという特徴があります。

 

過去にはギリシャの財政破綻や、ブレグジットの影響でユーロ安が起こる事態が発生しました。

また、ユーロは米ドルに異変があった時には買われなくなる傾向があります。

米ドルが上がればユーロが下がり、米ドルが下がればユーロが上がる、といった動きがよく見られます。

 

重要

ユーロは複数国通貨のため、ユーロ各国の経済事情を知っておく必要があります。

 

スーツの若い男性 コイン転がす

ユーロ使用国の中心であるドイツとフランスの経済や政治の動向がユーロの動きに大きく影響します。

取引スタイル毎のおすすめ通貨タイプ

 

スーツの若い男性 パソコン

ここからは、トレードスタイル別にXMおすすめの通貨タイプを見ていきます。

XMでスキャルピングにおすすめの通貨ペア

中級〜上級者がハイリターンの短期取引をする場合は、以下の通貨ペアがおすすめです。

ハイリターンの通貨ペア

ポンド円(GBPJPY)

 

ポンド円は全体的な値動きが非常に大きいのが特徴で、1時間で30pips程度、1日で数円動くこともあります。

値動きが激しいので利益は出しやすいですが、その分リスクも伴うことになります。

XMマイナー通貨ペア

XMマイナー通貨ペアには、ポンド円(GBPJPY)の他に以下の通貨ペアがあります。

XMマイナー通貨ペア

・ユーロ/円(EUR/JPY)
・ユーロ/ポンド(EUR/GBP)
・豪ドル/円(AUD/JPY)
・ニュージーランド/円(NZD/JPY)
・スイスフラン/円(CHF/JPY)

 

上記は米ドル以外の主要通貨を組み合わせた通貨ペアとなり、XMでは日本円との組み合わせが多いです。

マイナー通貨ペアは、メジャー通貨ペアに比べてスプレッドが広い傾向があります。

ボラティリティが高いため、通貨自体の性質を理解した上でトレードすることが重要です。

 

スーツの若い男性 財布案内

マイナー通貨ペアを取引する際は、経済指標について把握しておくことが大切です。

デイトレード/スイングトレードにおすすめの通貨ペア

デイトレード/スイングトレードにおすすめの通貨ペア

ドル円(USD/JPY)

ユーロドル(EUR/ USD)

 

 

デイトレードやスイングトレードは、値動きが比較的安定しているドル円やユーロドルがおすすめです。

取引量が多く、値動きが安定しているため、初心者でも値動きを予測しやすいです。

値動きは1日で大体100pips程度なので、損失が発生した場合でもリスクが大きくなる事態は避けられます。

まとめ

XMで取引する上で重要なことは、通貨ペアの特徴と性質を理解することです。

値動きが激しい通貨は利益を出しやすく魅力的ですが、大きな損失を招く可能性も高いです。

通貨ペアの特徴と性質を理解しトレードすると、トレンドの分析や今後の動きを予測しやすくなります。

 

スーツの若い男性 本-ひらめき

通貨の性質を知ると勝率も上がるので、トレードを楽しむことができます。

 

今回の記事でXMでの取引に興味を持った方は是非、XMで取引を始めてみては如何でしょうか。

XM口座開設は以下のボタンから行うことができます。

XM口座開設はこちら