XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

海外FX業者XM(XMTrading)では取引プラットフォームのMT4/MT5を使用します。

XMの取引方法には、Webブラウザ上で取引できる「ウェブトレーダー(WebTrader)」があります。

XMウェブトレーダーを使うことで、MT4/MT5のソフトをパソコンにインストールせずに取引できます。

お手持ちのパソコンの容量が少なく困っている方、動作が重くてストレスを感じる方は要チェックです。

 

スーツの若い男性 ポイント

この記事では、「XMウェブトレーダー」の使い方、ログイン方法を画像付き解説します。

XMのMT4/MT5ウェブトレーダー(WebTrader)とアプリ版の違い

XMにはウェブトレーダーとアプリ版がありますが、インターフェースと主要機能はほぼ同じです。

ただし、どちらも特徴が異なりますので状況によって使い分けることをおすすめします

 

▼XMのウェブトレーダーとアプリ版と比較

項目ウェブトレーダーMT4/MT5アプリ
タウンロード&インストール不要必要
文字化けしないあり(Macのみ)
インジケーター31種類MT4)51種類
MT5)97種類
カスタムインジケーター
自動売買

 

XMのウェブトレーダーで使えるインジケーターは、アプリ版よりも数は確かに少ないです。

また、ウェブトレーダーではカスタムインジケータの導入や自動売買はできません。

ただし、メジャーなインジケーターは揃っていますので、裁量取引をするのには十分です。

XMウェブトレーダーを使う前に

XMウェブトレーダーを使う前に、まだXMの口座開設をお済みでない方はXMの口座開設が必要になります。

ウェブトレーダーはMT4、MT5のどちらも対応しているので、以下のボタンをクリックし、好きなプラットフォームを選択して口座開設しましょう。

XM口座開設はこちら

 

XMの口座開設手順については以下の記事をご覧ください。

XMウェブトレーダーのログイン方法

ウェブトレーダー(webtrader)を初めて利用するという方は、以下の手順で進めてください。

STEP 1 ウェブトレーダーにアクセスする

トップページのメニュー「プラットフォーム」から「MT4/MT5ウェブトレーダー」をクリック。

XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

以下をクリックすることで各プラットフォームの選択ページに進むことができます。

 

MT4 WebTraderMT5 WebTrader

 

ここからは、MT5 WebTraderへのログイン方法を例に解説していきます。

まずは、「MT5 WEBTRADERへアクセス」をクリックしましょう。(MT4 WebTraderも同様)

XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

パソコンのInternet ExplorerやGoogle ChromeといったWebブラウザで動作させます。

STEP 2 ログイン情報を入力

ウェブトレーダーにログインするにはXMの「ログインID」「パスワード」を入力しましょう。

XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

  • ログインを入力
    ログインID(XMTradingの口座番号)を入力
  • パスワード
    自分で設定したパスワードを入力
  • サーバー
    口座開設時に選択したプラットフォームを選択する
    ※口座番号とサーバー名はXM口座開設時にXMから送信されたメールに記載されています。
    パスワードを忘れてしまった場合はこちらを確認

    パスワードはセキュリティのため、記載されていません。

    忘れてしまった場合、現在のパスワードのリセットをする必要があります。

    ①会員ページのログイン画面下にある「パスワードをお忘れですか?」をクリック

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    ②「MT4/MT5 ID」の口座番号、登録してあるEメールアドレスを入力し、「送信」ボタンをクリック

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    STEP 3 ログイン完了

    ウェブトレーダーのインターフェイスはアプリ版と少し異なりますが、操作方法はほぼ同じです。

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    以上の手順でMT5ウェブトレーダーにログインすることができます。

     

    <要注意>

    口座開設時に選択したプラットフォームにしかアクセスできません。

    ・MT5口座でMT4 WebTraderへのアクセスは不可
    ・MT4口座でMT5 WebTraderへのアクセスは不可

    ウェブトレーダーの各種機能設定方法

    続いて、ウェブトレーダーにある各種機能の設定方法をご紹介します。

    ウェブトレーダーの言語変更の方法

    ウェブトレーダーの初期設定では、英語表記になっています。

    もし必要な場合は、日本語表記にしましょう。

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    以下の手順で表示言語を日本語に変換できます。

    ①「View」→②「Language」→③「Japanese」→④「Restart」ボタン→⑤ウェブトレーダーを再起動

     

    再度、ウェブトレーダーの再起動した後に日本語表記されたことを確認してください。

    以上で、XM ウェブトレーダーを日本語表記に変更する方法は完了です。

    銘柄の追加

    MT4/MT5で気配値表示に表示される通貨ペアの設定を見ていきましょう。

    表示されていない通貨ペアを表示したり、不要な通貨ペアを削除することができます。

     

     

    スーツの若い男性 ウォーキング前向き

    ここからは、銘柄一覧で銘柄を追加する方法をご紹介致します。

    気配値表示に表示されていない通貨ペアを追加する方法

    ・銘柄名称が分かる   → 方法⑴一覧から追加する
    ・銘柄名称が分からない → 方法⑵チャートで右クリック or 方法⑶画面上の銘柄アイコンをクリック
    方法⑴ 一覧から直接追加する ※銘柄名称が分かる場合

    ①銘柄一覧の一番下の「+追加する」をクリック

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    ②追加した銘柄名称を入力後、「表示」をクリックすると追加されます。

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    USDJPYペアを追加したい場合、USDを入力するとUSD関連の全通貨ペアが表示されます。

    USDJPYをクリックすれば、USDJPYが銘柄一覧に表示されます。
    方法⑵ チャートで右クリック

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    ①銘柄一覧中の任意銘柄に右クリック。

    ②ポップアップメニューの銘柄をクリックすると、銘柄設定画面になります。

    ※Ctrl+Uを同時に押せば、同じく銘柄設定画面へ移行します。
    方法⑶ 画面上の銘柄アイコンをクリックする

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    銘柄アイコンをクリックすると、銘柄設定画面へ移行します。

    銘柄設定画面での操作

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    追加したい、又は気になる銘柄を選択し、「表示」をクリックすると画面に表示されます。

    例:Gold表示の追加

    ①「CFDs」の「+マーク」をクリック。
    ②「Spot Metal」をクリックすると、右上に「Spot Metal」の全銘柄が表示されます。
    ③「Gold」を選定し、表示をクリックしたら、銘柄一覧のところに表示されます。

    通貨ペアの削除の方法

    画面上の銘柄を削除するには、「非表示」をクリックしてください。

    その場合はチャートの通貨ペアを変更する、またはチャートを閉じてから非表示にしましょう。

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    通貨ペア名の左側の「$」のマークの部分が黄色の通貨ペアが現在表示されているもの。

    灰色の通貨ペアは表示されていないものです。

     

    基本的に、気配値表示で表示させた銘柄以外はチャートを表示できないようになっています。

    チャートを表示させたい場合、気配値表示で一度銘柄を表示させてから新規チャートを表示させましょう。

    チャートを表示する方法

    ウェブトレーダー内で、チャートの複数表示はできません

    そのため、確認したい銘柄のタグをクリックして切り替える必要があります。

    チャートの表示手順

    ①チャート表示したい銘柄を選んで右クリック
    ②ポップアップメニューで「チャート表示」をクリック
    ③チャートが表示される

     

     

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    チャートの複数表示

    ウェブトレーダーは、MT4/MT5のようにチャートの複数表示はできません。

    もしウェブトレーダーで複数のチャートを見たい場合は、複数のブラウザを開き、同時に画面表示させましょう

    ①まずは右上にある「元に戻す」をクリック

    複数のブラウザを同時に表示させるため、ブラウザサイズを縮小する必要があります。

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    ②ブラウザサイズ縮小後、同じ方法で新しいブラウザでウェブトレーダーを起動する

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    起動後、同時に表示したチャートを選択して、見やすくように並べば、チャートの同時確認が可能になります。

    注文の入れ方

    注文の入れ方にはワンクリック取引と注文画面での取引の2つがあります。

     

    スーツの若い男性 アイコン案内

    タブをクリックすると切り替えられます。

    ワンクリック取引注文画面での注文

    ワンクリック取引は現在の価格ですぐに注文したい場合に選択します。

    チャート上のワンクリック取引のアイコンをクリックします。

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    メニューでロット数を選択して、成行の「買い」と「売り」をクリックすれば注文が入ります。

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    ※初めてのワンクリックの利用には利用規約に同意する必要があります。
    ※利確、損切の設定や値指注文をしたい場合、注文画面での操作が必要になります。

    STEP 1)新規注文画面へ

    ①ウェブトレーダー画面に表示されている銘柄一覧で取引したい銘柄を右クリック

    ②注文したい通貨ペアのチャートから画面上部のツールバー内にある「新規注文」をクリック

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    STEP 2)「オーダーの発注」で各種の条件を設定してから発注

    XMのウェブトレーダーのログイン・操作方法を画像付きで解説!

    注文画面で様々な設定が可能です。

    ①銘柄の選択
    ②注文種類の選択
    ③数量の選択
    ④決済逆指し値、決済指値の指定
    ————————————————————————
    (上記設定完成後、注文の方向を決める)
    ————————————————————————
    ⑤売りor ⑥買い

    XMウェブトレーダーのメリット

    XMウェブトレーダーを活用する時は以下3つのメリットがありますのでチェックしましょう。

    メリット
    ・インストールやダウンロード不要
    ・Windows以外のOSでも正常に使用できる
    ・1つのパソコンで同時に他口座からの取引を行うことができる入力内容

    インストールやダウンロード不要

    XMウェブトレーダーでは、MT4/MT5のソフトをわざわざパソコンにインストールする必要がありません

    どんなのパソコンでもブラウザを通し、容量を圧迫せずに取引可能です。

    ネットカフェや会社のパソコンなどでトレードをしたい時にウェブトレーダーは非常に便利です。

    Windows以外のOSでも正常に使用できる

    ダウンロード版MT4/MT5はWindowsを対象に開発されています。

    他のOS上で言語設定を日本語にすると文字化けしてしまうのです。

    文字化けを直すには、Windows対応の環境にする必要があり、非常に手間がかかります。

     

    一方ウェブトレーダーだと、OSに関係なく非対応のOSでもアクセスでき正常に操作できます

    MacやLinuxでXMトレードをする方はウェブトレーダーを活用することをおすすめします。

    1つのパソコンで同時に他口座からの取引を行うことができる

    MT4/MT5アプリだけ使用する場合、1つの口座しかログインできません。

    ウェブトレーダーを使えば、別枠で他の口座を開けるのでとっても便利です。

    XMウェブトレーダーはネット環境があれば、いつでもウェブトレーダーへアクセスして取引可能です。

     

    スーツの若い男 悩み

    ただし、XMウェブトレーダーはスマホ・タブレット非対応なので注意しましょう。

    XMウェブトレーダーのデメリット

    ダウンロード版と比べるといくつかのデメリット、注意点もありますのでチェックしましょう。

    デメリット
    ・1つのブラウザタグでチャート画面の複数表示ができない
    ・一部のインジケーターは導入されていない
    ・カスタムインジケータの導入ができない
    ・EAの稼働ができない

    1つのブラウザタグでチャート画面の複数表示ができない

    XMウェブトレーダーではチャート画面の複数表示ができません

    1つのブラウザタグで、複数の通貨ペアや複数の時間軸を同時に見ることができません。

    確認の度にチャートの切り替えをしたり、新しいブラウザタグを開く必要があります。

    一部のインジケーターは導入されていない

    ダウンロード版と比べると、ウェブトレーダーはインジゲーターの種類は非常に少ないです。

    また、動作環境にもよりますが、ダウンロード版よりも動作速度がやや遅く感じることもあります。

    カスタムインジケータの導入ができない

    ダウンロード版で自分が使いやすいインジケーターを入れたい方も多いでしょう。

    しかし、ウェブトレーダーは操作を軽くするためにカスタムインジケーターの導入はできません

    EAの稼働ができない

    XMウェブトレーダーでは、EAによる自動売買の稼働ができないようになっています。

    自動売買をしたい方は、アプリ版で取引しましょう。

    XMウェブトレーダーを使う方が良いパターン

    MT4/MT5は、ウェブトレーダーとダウンロード版では使い方や機能も異なります。

    両方とも同じIDでログインできますので、状況に合わせて使い分けると良いでしょう。

     

    スーツの若い男性 チェックボックス自

    XMウェブトレーダーを使う方が良いパターンは以下の場合です。

    Macユーザーが日本語環境で取引したい方

    ウェブトレーダーを利用すれば、OSと関係ないので文字化けせずにトレードできます。

    Windows以外のOSユーザーはウェブトレーダーの利用がおすすめです。

    PCのスペックや容量が足りない方

    ウェブトレーダーはWebにアクセスして使用するため、パソコンへの負担を減らすことができます。

    個人のPC以外のPCを使ってトレードしたい時

    Webへアクセスすればウェブトレーダーはすぐに使えるので、外部のパソコンからも便利です。

    個人以外のパソコン、会社のPCやネットカフェでブラウザーを開いて、すぐトレードできます。

    ※ただし、外部のパソコンを使用する際にはID・パスワードの取り扱いにご注意ください。

    ダウンロード版やアプリ版MT4/MT5に不具合が出た時

    プラットフォームがシステムトラブルによって使えない場合でも、ウェブトレーダーならば取引可能です。

    パソコンの故障やアプリの不具合の際の緊急対応としても便利です。

    まとめ

    XMウェブトレーダーは、インストールする手間をかけることなく取引できるのがメリットです。

    パソコンの容量に関わらず、ログイン後にすぐに使えるのでスペックも気にする必要がありません。

    他のパソコンで取引をしたい方やWindows以外のOSの方は、ウェブトレーダーを使うと便利ですね。

     

    スーツの若い男性 ウォーキング前向き

    XMウェブトレーダーの使い方は簡単なので、この機会にぜひ試してみてください。

     

    \さっそくログインしてウェブトレーダーを使ってみましょう/

    ログインページへ