XM スタンダード口座 口座タイプ
XMのスタンダード口座はおすすめって聞いたけど本当?

他の口座タイプと比べて、スタンダード口座は何が違うの?

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは何?

 

XM(XMTrading)についてあまりよく知らない方や始めたばかりの方は、スタンダード口座は他の口座タイプと比べてどのような特徴があるんだろう、と思う方もいるのではないでしょうか。

XMのスタンダード口座は、口座タイプの中で一番利用者数が多い口座で、初心者から上級者まで幅広くカバーするバランスのとれたスペックの口座となっています。

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

今回はXMのスタンダード口座について詳しく説明していきます。

スタンダード口座の特徴

スタンダード口座は、レバレッジは最大888倍、ボーナス全種類受け取り可能で、小額で取引を行う方から取引量の多いトレードをする方まで幅広いトレーダーにおすすめの口座です。

 

スタンダード口座の特徴

・最大888倍のレバレッジ
・XMの豪華なボーナス全種類を受け取り可能
・1回の注文で1000通貨(0.01Lot)から500万通貨(50Lot)まで幅広く取引できる

 

 

スーツの若い男性 本-ひらめき

では、XMの3つの口座タイプの違いを見てみましょう。

XMの3つの口座タイプの違い

XMにはスタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座の3つの口座タイプがあります。

XM口座タイプ比較表

項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
レバレッジ888倍500倍
1ロット単位1,000通貨10万通貨
最小取引数量MT4:0.01ロット(10通貨)
MT5:0.1ロット(100通貨)
0.01ロット(1,000通貨)
最大取引数量100ロット(10万通貨)/1銘柄50ロット(500万通貨)/1銘柄
合計最大取引数2万ロット(2千万通貨)1万ロット(10億通貨)
平均スプレッドドル円:1.7pipsドル円:0.1pips
ボーナス新規口座開設ボーナス、入金ボーナス、取引ボーナス新規口座開設ボーナスのみ
キャッシュバック8.5USD4.25USD
オートリベート9USD4.5USD
CFD取引

 

XM各口座タイプの特徴

スタンダード口座マイクロ口座ZERO口座
・レバレッジ888倍
・ボーナスが3種類(標準口座)
・スタンダード口座と仕様は同じ
・1ロット=1,000通貨で取引(小口口座)
・レバレッジ500倍
・ボーナスがない分スプレッドが狭い
・取引手数料あり
全XM口座タイプの共通条件

・マージンコール:証拠金維持率50%以下
・ロスカット水準:証拠金維持率20%以下
・最大保有可能数:200ロット
・プラットフォーム:MT4・MT5
・追証なし(海外FX特有)

 

それぞれの口座タイプの違いは大きく言って「ボーナスの有無」、「1ロットの大きさの違い」、「スプレッドの狭さ」の3つが挙げられます。

 

XMの3つの口座タイプの違いについては、こちらの記事に詳しくまとめてあります。

スタンダード口座は最大レバレッジ888倍

スタンダード口座では、XMの最大レバレッジ888倍を使って取引ができます。

高いレバレッジを使うことで少ない額から取引を始めることがができ、より効果的なトレードが可能になります。

また、最大レバレッジが高いと、取引するのに必要な証拠金が少なくなるので「強制ロスカットされにくい」という大きなメリットがあります。

 

スーツの若い男性 パソコン

ハイレバレッジのリスクは、ロット数を調整することでコントロールすることができます。

 

XMのレバレッジについて詳しく知りたい方はこちらで解説しているのでご覧ください。

スタンダード口座は全ボーナスを受け取れる

XMには「新規口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「XMP」の3種類のボーナスがあり、スタンダード口座とマイクロ口座では全ボーナスを受け取ることができます。

XMのボーナスは豪華で充実した内容なので、これらのボーナスを有効活用することでお得に取引をすることができます。

ボーナスは出金することはできませんが、全て証拠金としてトレードに使うことができ、利益分は出金可能です。

 

XMのボーナスについて詳しく知りたい方がこちらのリンクをご覧ください。

スタンダード口座のスプレッドはやや広め

スタンダード口座の平均スプレッドは、米ドル円で2.0pips弱といった数値です。

スタンダード口座のスプレッドはゼロ口座の米ドル円0.1pipsと比べると広く、また他の海外FX会社と比べても、スプレッドはやや広めの設定となっています。

XMはトレーダーから受け取った手数料(スプレッド)を収入源とし、主に広告費などに使っています。

トレーダーにとっては取引コストとなるスプレッドですが、キャッシュバック口座を利用すればIB業者から還元を受けることができ、コストを下げることができます。

スタンダード口座の取引ロット数は幅広い

XMのスタンダード口座の最大ロット数50ロット(500万通貨)から最小ロット0.01ロット(1000通貨)までとなっています。

小額の取引から高額の取引までいろいろな使い方ができるので、ロット数の調節によってスタンダード口座一本で幅広い取引ができます。

CFD取引は全口座タイプで同商品数取引できる

XMでは通貨ペアの他にもCFD商品を取り扱っていて、幅広い商品を取引できます。

時々、XMのゼロ口座で取引できるのは通貨ペアと金(ゴールド)・銀(シルバー)のみでそれ以外のCFDは扱っていないと書いてあるブログがありますが、そうではありません。

XMの全口座タイプで同じCFD商品を扱っていて、全ての口座タイプでXMが取り扱う全てのCFDを取引できます。

違いは、ゼロ口座ではゴールドとシルバーのみ例外的にECN取引が可能で、その他の商品は他の口座タイプと同様の取引条件(スプレッド、レバレッジ)で取引ができる、ということです。

 

スーツの若い男性 パソコン

ゼロ口座ではCFD商品が取引できないのではなく、金・銀以外は他の口座タイプと同じ取引方法になるだけなんですね。

マイクロ口座とスタンダード口座の違いは2つ

スタンダード口座とマイクロ口座はスペックがよく似ていて、両口座の違いは「1ロットあたりの大きさ」と「取引量」の二つだけです。

項目マイクロ口座スタンダード口座
1ロット単位1,000通貨10万通貨
最小取引数量MT4:0.01ロット(10通貨)
MT5:0.1ロット(100通貨)
0.01ロット(1,000通貨)
最大取引数量100ロット(10万通貨)/1銘柄50ロット(500万通貨)/1銘柄

マイクロ口座は低ロットを取引するための口座なので、スタンダード口座よりも1ロットあたりの大きさが小さくなっています。

マイクロ口座の取引量は10通貨から10万通貨、スタンダード口座は1000通貨から500万通貨までです。

 

目安としては、証拠金10万円以上あればスタンダード口座の利用がおすすめです。

マイクロ口座で証拠金10万円を使う場合100ロットは取引可能ですが、マイクロ口座の100ロットはスタンダード口座の1ロットに相当します。

ということは、マイクロ口座で証拠金10万円以上、または取引ロット数が足りないと感じたらスタンダード口座の利用するのが良いということです。

マイクロ口座を使っていて証拠金5万円を超えてきたら、そろそろスタンダード口座を使うことを考え始めると良いでしょう。

【マイクロ口座】証拠金5万円以内の取引

スタンダード口座】証拠金10万円以上の取引

取引できるロット数の違い

スタンダード口座の通貨量は10万通貨、最大取引単位は500万通貨と非常に大きく、一回の取引でたくさんの通貨量を動かすこともでき、大きな利益を狙えます。

比べてマイクロ口座は1ロット1000通貨、最小取引単位が10通貨と非常に小さく、取引量が少ないため大きな利益は狙いにくくなっていますが、その分損失も少なくリスクの低い取引ができます。

このことから、スタンダード口座は小額の取引から大きい取引まで幅広い人に向けた口座タイプ、マイクロ口座は小額の取引に特化したタイプと言えます。

 

スーツの若い男性 アイコン案内

マイクロ口座の最小取引ロット数は、MT4では0.01ロットから、MT5では0.1ロットからとなっているので注意です。

マイクロ口座対応の通貨

マイクロ口座限定商品には通貨ペアの後ろに「micro」が付きます。

USDJPYの場合:「USDJPYmicro」

マイクロ口座とスタンダード口座ではロットあたりの価値に100倍の差があり、「micro」のついているものは取引量が1/100となっています。

マイクロ口座の100ロット=スタンダード口座の1ロット

 

スーツの若い男性 アイコン案内

ただし、取引量が1/100になるのは通貨と金(ゴールド)、銀(シルバー)のみです。

マイクロ口座がおすすめな人

小さいサイズで取引ができるマイクロ口座はこのような人におすすめできます。

マイクロ口座がおすすめな人

・「一度の取引金額が1万円以内」「入金額10万円以内」などの小ロット中心の取引をしたい人

・少額で低リスクな取引をしたい人

 

 

マイクロ口座について「どのくらいの取引量なのか」「活用方法はどんなものか」など、こちらの記事により詳しくまとめてありますのでぜひ参考にしてください。

スタンダード口座がおすすめな人

スタンダード口座は、バランスの良いスペックを持つ口座で、初心者から上級者まで幅広い範囲のトレーダにおすすめすることができます。

ゼロ口座のようにスプレッドが低い、マイクロ口座のように小額の取引に特化している、というような偏りはスタンダード口座にはなく、様々なタイプのトレーダーが利用しやすい口座です。

スタンダード口座がおすすめな人

・マイクロ口座に慣れてきてそろそろロット数を上げたい人

・投資資金が10万円以上の人や軍資金が多い人

・こだわった取引をしたいわけではなく、オールマイティーな口座が必要な人

複数口座を応用する

XMでは、1ユーザーにつき8つまでの追加口座を作れるので、自分のやりたい取引に合わせて口座タイプを選ぶことができます。

その中でも、応用範囲が広いのがスタンダード口座です。

ボーナス受け取りのために複数口座を応用

XMPポイント、入金ボーナスはマイクロ口座とスタンダード口座のみ付与あり、キャッシュバック用の口座はXMP以外のボーナスと併用できない、というルールがあるので、複数口座を持って使い分けるとお得です。

ボーナス受け取り用の口座例


【スタンダード口座】入金ボーナス用の口座をスタンダード口座で作り、入金ボーナス口座として使う

【スタンダード口座】キャッシュバック用の口座をIB業者経由で作り、キャッシュバック口座として使う

CDF商品とFX通貨ペアで口座を使い分ける

CFD取引とFX取引は、必要証拠金や取引時間が異なるので、口座を分けた方が管理しやすくなります。

口座タイプで使い分ける

XMでは一度開設した口座の口座タイプを途中で変更することはできませんが、追加口座を簡単に作ることができます。

すでにマイクロ口座は開設していて取引量が増えてきたのでスタンダード口座に乗り換えたい時、スキャルピングの口座を中長期取引用の口座を分ける時など、複数口座を応用すると良いでしょう。

応用編として、マイクロ口座を作り、集めたXMPボーナスを換金してそのお金だけで取引するための口座にする、ということもできます。

 

これ以外にも複数口座には様々な応用方法があるので、興味のある方は下記のリンクをご覧ください。

スタンダード口座のボーナスを有効利用してコスト削減

スタンダード口座とマイクロ口座ではXMの豪華な内容のボーナスを全て受け取ることができ、ボーナスは証拠金として使えます。

受け取ったボーナスを取引に使うことで、実質コストはかなり抑えられるので、スタンダード口座、マイクロ口座のボーナスを有効活用しない手はありませんね。

 

スーツの若い男性 ポイント

ここでは、ボーナスとキャッシュバックを効率よく受け取るお得な裏ワザをご紹介します

ボーナスとキャッシュバックを効率よく受取る方法

XMのボーナスとキャッシュバックを効率よく受け取る手順をご紹介します。

ボーナスを効率よく受け取る手順

STEP1 新規口座開設ボーナスを受け取る

STEP2 100%入金ボーナスを受け取る

STEP3 IBキャッシュバック口座を開設する

 

STEP1 新規口座開設ボーナスを受け取る

まずは、一般口座を新規開設して新規口座開設ボーナス3000円を受け取ります。

気を付けなければいけないのは、新規口座開設ボーナスは1ユーザーにつき1回まで、キャッシュバック口座やゼロ口座では受け取れないボーナスがあるということです。

ボーナスを効率よく受け取るためにはXMで一つ目に開設する口座で、全ボーナス対象の口座(一般の口座でスタンダード口座かマイクロ口座)を開きましょう。

STEP2 100%入金ボーナスを受け取る

次に、5万円を入金して100パーセント入金ボーナスを受け取りましょう。

XMの入金ボーナスは、5万円の入金までは入金額の100%のボーナス、5万円以上の入金は20%の入金ボーナスを受け取ることができるサービスです。

 

スーツの若い男性 財布案内

ゼロ口座やIB会社経由で作ったキャッシュバック口座は入金ボーナスをもらえないので注意しましょう。

100%入金ボーナスを上限の5万円分まで受け取ったら、20%入金ボーナスだけでは魅力に欠けますので、このタイミングで別にキャッシュバック口座を作りましょう。

STEP3 IBキャッシュバック口座を開設する

IBキャッシュバック口座を作るには、IB会社経由で口座を開設する必要があります。

キャッシュバック、おすすめのIB会社についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

効率的にELITEまでランクアップする方法

スタンダード口座、マイクロ口座では、取引する度にポイントが貯まる取引ボーナス(ロイヤルティプログラム)を受け取ることができます。

4つあるステータスごとに1度の取引で獲得できるXMPが異なり、集めたXMPはボーナスや現金に交換することができます。

XM XMP ロイヤルティポイント

XMロイヤルプログラムのステータスは、取引量ではなく取引日数にともなってランクアップする仕組みなので、マイクロ口座を使えば少額の資金で効率よくステータスを上げることができます。

例えば、マイクロ口座の最低入金額である500円分だけを入金し、10通貨分のポジションを受け取れば、あとは100日放置するだけで最高ランクである「ELITE」までランクを上げることができます。

キャッシュバックを上手に利用する

XMのキャッシュバック口座とは1ロット往復取引ごとにキャッシュバックが発生する口座のことです。

XMのスタンダード口座は、1ロット往復取引ごとに8.5USDのキャッッシュバック(オートリベートの場合は9USD)が発生します。

スプレッドのコストを下げる

XMをはじめとする海外FX会社はスプレッドが広いという傾向があります。

トレーダーがXMに支払ったスプレッドは、その半分以上がIB業者に支払うコストとして使用されています。

しかしトレーダーがスプレッド(手数料)支払うだけではなく、IB業者が行うキャッシュバック制度を利用すれば、トレーダーは広告費用の還元を受けることができます。

 

スーツの若い男性 アイコン案内

IB業者のキャッシュバック制度を利用すれば、自分の払ったスプレッドが手元に帰ってくるんですね。

IBキャッシュバックサイトから口座を開設すると、取引するごとにキャッシュバックを受けることができ、スプレッドのコストを下げることができます。

ただし5分以内に決済したポジションについては、キャッシュバックの対象外となるので注意が必要です。

5分以内の決済が多い場合はゼロ口座の方がコストが安くなるのでそちらをおすすめします。

スタンダード口座でスキャルピングは本当に不向き?

「スプレッドが広いので、スタンダード口座はスキャルピングに向いていない」と考える人は多くいるかと思います。

確かにゼロ口座のスプレッドは狭く、スキャルピングに向いている口座タイプです。

しかし、本当にスタンダード口座はスキャルピングが不向きなのでしょうか。

実は、そうとも言い切れません。

スタンダード口座とゼロ口座の実質コスト

xm スプレッド スタンダード口座 ゼロ口座

キャッシュバックも入れた総合的なコストで考えてみると、スタンダード口座の方がゼロ口座より実際のコストが低くなります。

ただし、5分以内の取引にはキャッシュバックが発生しないというIBキャッシュバック会社のルールがあるため、5分以上の取引が多い人は、キャッシュバックの恩恵を受けることができません。

結論は、コスト面で考えるとスタンダード口座がスキャルピングに向いていないとは一概には言えず、5分以内の決済が多い人にはゼロ口座、5分以上の決済が多い人にはスタンダード口座が向いている、ということになります。

スキャルピングにおすすめの口座

【ゼロ口座】5分以内の取引が多い人
【スタンダード口座】5分より時間のかかる取引が多い人

自分の取引スタイルに合わせてどちらの口座タイプがいいか選ぶといいでしょう。

また、XMに追加口座を作って、スキャルピング用、一般トレード用など、取引ツールに合わせて口座を使い分けるという手もあります。

 

ゼロ口座について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

よくある質問

スタンダード口座でスキャルピングはできますか?
はい、スキャルピングは可能です。
XMの口座タイプはどこで確認できますか?
口座タイプは、会員ページから確認することができます。
XMでは口座タイプの変更はできますか?
いいえ、口座タイプの変更はできません。
違う口座タイプをご希望の方は、XMの会員ページより追加口座を申込んでください。

まとめ

今回は、XMの口座タイプで一番利用者数の多いスタンダード口座の解説をしました。

幅広い層のトレーダーをカバーしたスペックが、スタンダード口座の人気の理由の一つです。

スタンダード口座を選んだら、「豊富なボーナス」、「最大レバレッジ888倍」などの特典を最大限活用して取引をしましょう。