XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

海外FX業者XMTrading(XM)の3タイプある口座は手数料や種類がバラバラ。

本記事ではその中でも取引手数料がかかりますが、スプレッドが狭くスキャルピング向きのゼロ口座(ZERO口座)を他の口座タイプと比較しながら見ていきます。

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

ゼロ口座のメリット・デメリットを知りたい方、他の口座タイプと比較したい方は是非参考にしてみてください。

XMでトレードするとどんなコストが発生するの?

上述したようにXMには3つの口座タイプがあります。

取引にかかるコストは口座タイプによってそれぞれ違うので、ここから詳しくみていきましょう。

XMで開設できる3つのタイプの口座

XM(XMTrading)で開設できる3つの口座タイプは以下の通りです。

XMの3つの口座タイプ

①マイクロ口座
②スタンダード口座
③ゼロ口座

マイクロ口座

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

マイクロ口座は少額から取引可能な口座タイプで、初心者の方におすすめです。

取引手数料はかかりませんが、スプレッドはやや広くなっています。

XMマイクロ口座の特徴

・最大レバレッジ888倍
・取引手数料なし
・全てのボーナス制度の対象

 

スタンダード口座

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

スタンダード口座は利用者が一番多い人気の口座タイプです。

マイクロ口座と同様に取引手数料はかかりませんが、スプレッドはやや広くなっています。

新規口座開設者の7割がこの口座タイプを選んでいるので、迷ったらスタンダード口座がおすすめです。

XMスタンダード口座の特徴

・最大レバレッジ888倍
・取引手数料なし
・全てのボーナス制度の対象

ゼロ口座(ZERO口座)

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

ゼロ口座は3つの口座タイプの中でスプレッドが狭い口座タイプで、スキャルピングに最適です。

XMゼロ口座の特徴

・最大レバレッジ500倍
・取引手数料がかかる
・受け取れるボーナスは新規口座開設ボーナスのみ

 

ゼロ口座の特徴はスプレッドが狭く設定されていることです。

ドル円の場合、スタンダード口座のスプレッドは平均1.6pipsですが、ゼロ口座は平均0.1pipsとなっています。

ゼロ口座の名前に「ゼロ」が入っているのは、この低いスプレッドが理由なのです。

取引手数料はかかってしまいますが、その低スプレッドによりコストを抑えた取引が可能です。

 

スーツ男性話す

ゼロ口座は1日に何度も取引するスキャルピングトレーダーに人気の口座です。

XMのゼロ口座の取引手数料

ではXMのゼロ口座で取引すると、どのくらいの取引手数料が発生するのでしょうか。

まず「取引手数料」とは、トレードでエントリーや決済を行う度にかかるコストのことです。

「ゼロ口座」では、100,000ドルの取引に対して片道5通貨手数料が発生します。

取引手数料は「エントリー注文時」と「決済注文時」のそれぞれ1回、5通貨ずつ発生します。

 

スーツの若い男性 本-ひらめき

1lot往復につき10通貨発生するということだね。

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

ドル円(1ドル=110円)を1lot(10万通貨)取引する場合、往復で10ドル(1,100円)の手数料がかかる。

 

5ドルではなく5通貨と表現した理由は、取引手数料の単位が通貨ペアや銘柄によって違うからです

取引手数料の単位

・取引手数料の単位は通貨ペアやCFD銘柄によって違います。

・FX通貨ペアであれば、その通貨ペアの主軸通貨が取引手数料の単位になります。

例:ドル円の場合、主軸通貨(左側)は米ドル、決済通貨(右側)は日本円です。

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

 

通貨ペア別片道1lotあたりの手数料一覧表

通貨ペア1lotあたりの取引手数料
ドル円5ドル
ユーロドル5ユーロ
ポンドドル5ポンド
ドルフラン5ドル
豪ドル米ドル5豪ドル

 

スーツの若い男性 アイコン案内

また、取引プラットフォームにより手数料を引かれるタイミングが異なるので注意です。

手数料が確定するタイミングと手数料を引かれるタイミング

XMの取引プラットホームには「MT4」と「MT5」があり、手数料が確定するタイミングと差し引かれるタイミングが異なります。

MT4MT5
手数料の為替レートが確定するタイミング注文時に往復分(発注と決済)のレートが決まる。注文時と決済時にそれぞれのレートが決まる。
手数料を引かれるタイミング注文時に往復分(発注と決済)の手数料が差し引かれる。注文時と決済時にその都度手数料が差し引かれる。

アカウント内資金振替手数料

アカウント内資金振替とは、自分の所有する複数口座間で資金を移動できる内部送金サービスです。

XMでは一人(一つのアカウント)につき最大8口座まで開設することができます。

本人名義の口座同士であれば、自由に口座間の資金移動が可能です。

口座間で資金振替する際、口座毎の基本通貨が異なる場合は0.3%の手数料がかかります。

 

基本通貨がUSDのA口座と、基本通貨がJPYのB口座を保有している場合:

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

A・B両口座は基本通貨が異なるので、両口座間への振替には「両替手数料」が発生します。

「両替手数料」として0.3%の手数料が自動的に引き落とされます。

 

同一名義口座間で資金振替する方法

⑴XM会員ページ(マイページ)にログイン。

⑵振替元の口座の「オプションを選択する」から「口座間の資金振替」をクリック。

※複数の口座を開設している場合、自動的に自分の口座一覧のリストが表示されます。

⑶入金口座IDフォームから、資金移動先(振替先)口座IDを選択します。

⑷入金額フォームに移動したい金額を入力する。

⑸「リクエスト送信ボタン」をクリック。
「リクエスト送信ボタン」を押すと、ほぼリアルタイムで振替先の口座に資金が反映されます。

 

同一アカウント内でもボーナス対象外口座(ゼロ口座)へ資金振替をすると、移動額に応じたボーナスが消失してしまうので、振替前に移動先の口座がボーナス対象かどうかを必ず確認しましょう

ボーナス対象口座への振替の際は、振替金額に応じたボーナスが振替先口座に移動します。

証拠金維持率が150%以上である場合、取引中のポジションを保有していても資金振替が可能です。

 

スーツの若い男性 ポイント

証拠金維持率が150%を下回ると、資金振替ができないので注意が必要です。

XM(XMTrading)の口座維持費

XMでは3種類の口座タイプ全てにおいて口座維持費が無料です。

ただし最終取引日から90日が経過したり、入出金をせず放置した場合、口座は休眠状態になってしまいます。

 

休眠口座になると、「口座維持手数料」として毎月5ドルが残高から引かれてしまいます。

残金分が差し引かれ続け、口座残高が5ドル以下になると今度は「凍結口座」になってしまいます。

残高0の口座を90日以上放置、または入出金がない場合も自動的に口座が凍結されます。

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

 

スーツの若い男性 頭痛

休眠・凍結口座になると、保有していたボーナスやXMPを全て失うことに…。

XMを利用する際は、定期的に出金または資金振替をして「休眠口座」と「凍結口座」の対策をしましょう。

凍結された口座は二度と使用することができないので、新しくアカウントを作り直す必要があります。

口座凍結・休眠口座について詳しくは以下の記事で詳しく解説しています。

XMの計算ツールを使った口座手数料の計算方法

XMの公式サイトには「FX計算ツール」という機能があり、取引手数料などを簡単に計算することができます。

「FX計算ツール」には以下の通貨換算ツールがあります。

FX計算ツールの種類

・リアルタイム通貨換算
・ピップ値計算
・証拠金計算
・スワップ計算
・損益計算

 

スーツの若い男性 初心者マークポイント

オールインワン計算は必要証拠金・スワップ・ピップ値などを計算できるツールです。

ゼロ口座の取引手数料計算例

ここでは、実際にFX計算ツールを使ってゼロ口座の取引手数料を計算してみましょう。

まずは以下のボタンからXMTradingのFX計算ツールへ移動します。

XMのFX計算ツール

 

FX計算ツールの画面に移動したら、「通貨換算ツール」の「詳細を読む」ボタンをクリックします。

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

換算前】取引する通貨ペアの主軸通貨(左側の通貨)を選択。

USDJPYペアの場合は、左側の「USD」を選択します。

金額】ゼロ口座の手数料は1lot往復につき10通貨のため、取引するlot数×10を入力。

1lotを取引する場合は「10」を入力します。

換算後】口座の基本通貨を選択。

基本通貨が日本円の場合は「JPY」を選択します

 

上記三項目を入力後に「計算する」ボタンをクリックすると、換算された金額が表示されます。

ドル円ペアを1lot取引する場合、計算時のレートで約1,089.60円の手数料が発生することがわかります。

 

手数料をpipで知りたい場合の計算方法

ピップ(pip)とは各通貨の最小単位のことで、1pipあたりの最小値は各通貨によって異なります。

手数料をpipsで知りたい場合、「手数料(pips)=為替レート÷100」で求められます。

 

重要

・ゼロ口座の取引手数料は10主軸通貨/1lot (往復)です。

・XMの主軸通貨は計8種類あり、同じ主軸通貨を持つ通貨ペアの取引手数料は全て同じです。

 

XMゼロ口座主軸通貨ペア別取引手数料 (※2021年6月2日時点のレートで計算)

主軸通貨レート手数料(JPY換算)
AUD84.88848円
CAD90.91909円
CHF134.241,222円
EUR134.051,340円
GBP155.331,553円
NZD79.35793円
SGD82.89828円
USD109.761,097円

 

XMゼロ口座全通貨一覧表

主軸通貨通貨ペア
AUDAUDCAD AUDCHF AUDJPY AUDNZD AUDUSD
CADCADCHF CADJPY
CHFCHFJPY CHFSGD
EUREURAUD EURCAD EURCHF EURDKK EURGBP EURHKD
EURHUF EURJPY EURNOK EURNZD EURPLN EURRUB
EURSEK EURSGD EURTRY EURUSD EURZAR
GBPGBPAUD GBPCAD GBPCHF GBPDKK GBPJPY
GBPNOK GBPNZD GBPSEK GBPSGD GBPUSD
NZDNZDCAD NZDCHF NZDJPY NZDSGD NZDUSD
SGDSGDJPY
USD*1USDCAD USDCHF USDDKK USDHKD USDHUF USDJPY
USDMXN USDNOK USDPLN USDRUB USDSEK USDSGD
USDTRY USDZAR

*1:USDCNH(ドル人民元)はスタンダード口座、マイクロ口座にありますが、ゼロ口座には対応してません

マイクロ・スタンダード口座とゼロ口座の手数料比較

ゼロ口座は手数料がかかるため、一見コストが高そうに思えますが実際はどうなのでしょうか。

 

▼XMゼロ口座&スタンダード口座の実質取引手数料比較表 (※2021年6月2日時点でのレートで計算)

マイクロ・スタンダード口座ゼロ口座
通貨ペア平均スプレッド(pip)10万通貨あたりの
取引コスト
スプレッド(pip)10万通貨あたりの取引コスト(スプレッド+手数料)
EUR/USD1.71,864円0.1109円+1,340円=1,449円
EUR/GBP2.03,105円0.3465円+1,340円=1,805円
USD/JPY1.61,600円0.1100円+1,097円=1,197円
GBP/USD2.22,412円0.3328円+1,553円=1,881円
EUR/JPY2.32,300円0.4400円+1,340円=1,740円
AUD/USD1.81,973円0.4438円+848円=1,286円
NZD/USD2.72,960円1.01,096円+793円=1,889円
GBP/JPY3.63,600円1.21,200円+1,553円=2,753円

表からも分かるように、ゼロ口座の方が他の口座タイプよりトータルのコストが低いです。

 

では、スタンダード・マイクロ口座とゼロ口座のトータル取引コストの違いを見てみましょう。

ゼロ口座のドル円トータル取引コスト

・スタンダード・マイクロ口座→平均1.6pips

・ゼロ口座→平均1.2pips(平均スプレッド0.1pips+平均取引手数料1.1pips)

 

最終的な取引コストはスタンダード・マイクロ口座に比べ、ゼロ口座の方が0.4pipsも低いです。

さらにIB業者(キャッシュバックサイト)から口座を開設し取引すると、キャッシュバックを受け取ることもできます。

キャッシュバック業界最高還元率のIB業者の還元率、キャッシュバック率はこちらです。

口座タイプスタンダード口座(STP)
マイクロ口座(STP)
ゼロ口座(ECN)
通常キャッシュバック口座8.5USD4.25USD
オートリベート口座9USD4.5USD

 

またマイクロ・スタンダード口座はロイヤルティプログラム」というXM独自のポイントサービスを利用し、コストを抑えることもできます。

XMP加算後の手数料比較表 (※1米ドル=100円の場合)

通貨ペアマイクロ・スタンダード口座ゼロ口座
10万通貨あたりの
取引コスト
XMP加算後の取引コスト10万通貨あたりの取引コスト
(スプレッド+手数料)
USD/JPY1,700円1,700円−6.6USD(660円)=1,040円100円+1,091円=1,191円

 

取引コストの計算方法

マイクロ・スタンダード口座→「スプレッド」-「XMP」「キャッシュバック」

ゼロ口座→「スプレッド」+「手数料」

XMで獲得可能なボーナス

XM(XMTrading)で獲得可能なボーナスは以下の3種類です。

XMで獲得可能なボーナス3種類

①新規口座開設ボーナス(3,000円)
②入金ボーナス(最大50万円)
③ロイヤリティプログラム

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

新規口座開設ボーナス(3,000円)


獲得可能:一般のマイクロ・スタンダード・ゼロ口座
獲得不可:キャッシュバックIB口座全種類

 

入金ボーナス(最大50万円)


獲得可能:一般のマイクロ・スタンダード口座
獲得不可:ゼロ口座、キャッシュバックIB口座全種類

 

ロイヤルティプログラム(XMP)

獲得可能:マイクロ・スタンダード口座
獲得不可:ゼロ口座

ゼロ口座はスプレッドが狭い分、貰えるボーナスは新規口座開設ボーナスのみです。

ロイヤルティステータス

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

ロイヤルティプログラムではアカウントのステータスによって獲得できるXMPが異なります。

・Executive(初期):
10XMP/lot
・Gold(取引日数30日以上):13XMP/lot
・Diamond(取引日数60日以上):16XMP/lot
・Elite(取引日数100日以上):20XMP/lot

 

スーツの若い男性 コイン転がす

ボーナス重視ならスタンダード、低スプレッド重視ならゼロ口座を選ぶと良いですね。

マイクロ・スタンダード口座のキャッシュバック率は高く、XMPも貯まるため全体的なコストが低いです。

ただし、XMPで換金したボーナスでの取引はIBのキャッシュバック対象外となるので要注意です。

注意

XMPから換金したボーナス自体を出金することはできません。

 

XMが提供する3つのボーナスについての詳しい情報は、以下の記事を参考にしてください。

ゼロ口座はECN方式を採用している

XMの口座タイプはSTP方式とECN方式の2種類の発注方式に分かれています。

スタンダード・マイクロ口座はSTP方式、ゼロ口座はECN方式を採用しています。

STP方式とECN方式の違いは以下で説明します。

STP方式とECN方式とは?

XMはトレーダーに有利なNDD方式を採用しており、このNDD方式の中には「STP方式」と「ECN方式」という2つの発注方式が存在します。

STP方式

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

STP方式のSTPは「Straight Through Processing」の略です。

STP方式ではトレーダーの注文は一旦ブローカーを経由した後でインターバンクへと流れます。

つまり、ブローカーが間に入ってトレーダーの注文とカバー先のLPをマッチングさせる仕組みです。

LPは「リクイディティプロバイダ」のことで、海外FX業者と提携している大手金融機関のことを指します。

STP方式の特徴

・手数料がかからない。
・スプレッドが広い。

ECN方式

XMのゼロ(ZERO)口座の手数料を解説!他の口座と徹底比較

ECN方式は「Electronic Communications Network」の略で、電子取引所取引を意味します。

電子取引所とは、投資家・大手金融機関・ヘッジファンド等の大量の注文が集まる場所のことです。

ECN方式では、トレーダーの注文はブローカーを一切経由せずにインターバンクへと流れます。

ECN方式は間にブローカーを介するSTPに比べ、より透明性の高い取引が可能になります。

 

スーツの若い男性 アイコン案内

STP方式での介入は、システムによる自動処理とされています。

ECN方式の特徴

・高い透明性と、狭いスプレッドがメリット。

・STP方式に比べると取引手数料などのコストがかかる。

・XMのゼロ口座は、ECN口座としては業界最安水準である。

 

ゼロ口座は人民元(USDCNH)に非対応

人民元(CNH)は、ゼロ口座に対応していません。

人民元を取引きしたいという人は、スタンダード口座もしくはマイクロ口座を開設する必要があります。

まとめ

今回はXM(XMTrading)のゼロ口座でかかる手数料について詳しく解説をしました。

XMのゼロ口座は取引手数料がかかりますが、その分スプレッドが狭くなっています。

スプレッドが狭いゼロ口座はスキャルピング手法を使った取引をする方におすすめです。

マイクロ口座とスタンダード口座は、ハイレバレッジで取引したい方やボーナスを希望する方に最適です。

 

スーツの若い男性 アイコンOK

まずはXMのデモ口座で気になる口座を開設、取引を体験してみてはいかがでしょうか。

デモ口座を開設する