XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

海外FX業者XM(XMTrading)でトレードをするならば「スマホ」を活用すると便利です。

時間や場所を選ばず、外出先でもスマートフォンからサクッとチャートをチェックすることができます。

相場が急変した時でも、スマホ版アプリ(MT4/MT5)で注文や決済ができるので安心。

この記事では、スマホ版アプリのダウンロードやログイン方法、使い方などを画像付きで分かりやすく解説します。

 

スーツの若い男性 メガホン大声

スマホ版アプリを活用し、ポジションの管理に役立てましょう。

スマホ版アプリをインストールする前に

スマホ版アプリをインストールする前に、まずはXM口座を開設しておく必要があります。

口座開設を申請する

XM口座をお持ちでない方は、以下のボタンから公式サイトへ移動し申請フォームから口座を開設しましょう。

 

XMリアル口座開設

 

XMの口座開設手続きは最短3分で完了し、とても簡単です。

パソコン、スマートフォン、タブレットのどれからでも、口座開設の申請をすることが可能です。

また、XM公式サイトは日本語に対応しており、日本人のオペレーターも常駐しているので安心です。

 

スーツの若い男性 ポイント

XMに口座開設ができる年齢は18歳以上となっていますので、ご注意ください。

口座開設の手順については以下の記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

ID・パスワードとサーバーの確認

口座開設が完了したら、XMから「XMへようこそ」というタイトルのメールが届きます。

メールには「口座のID(MT4 / MT5)」と「サーバー名」が記載されていますので確認してください。

IDとサーバー名はXMの会員ページ(マイページ)にログインする際に必要になります。

 

▼口座開設完了後にXMから送られるメール「XMTradingへようこそ」

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

メールページを開いたまま赤いボタンを押すと、ログインすることができます。

 

スーツ男性話す

以下のボタンからも会員ページへのログインが可能です。

ログインページへ

 

ログインには口座開設時にご自身で設定した8~15桁のパスワードが必要です。

パスワードは小文字大文字数字を含んでいる必要があります。

パスワードはセキュリティ上の理由から、XMから送信されるメールには記載されません。

パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードをリセットしもう一度設定し直す必要があります。

スマホ版アプリは全部で3種類

最近では、スマホからXMを取引する人が増えてきています。

外出中でパソコンが無くても、スマホで簡単に操作できるので便利ですね。

スマホ版アプリは使用目的によって、以下の3種類のアプリから選択することが可能です。

 

スマホ版MT4/スマホ版MT5/XM専用スマホアプリ

スマホ版MT4

スマホ版MT4で、多数の海外FX事業者でもトレード可能です。

スマホ版MT4アプリは、カスタムインジケーターは追加させることはできませんが、標準で備わっている30種類のインジケーターが利用可能です。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

▶MT4 iPhone版インストールはコチラ

▶MT4 Android版インストールはコチラ

 

MT4で使える分析ツール

・チャートタイプ:
 バーチャート、ローソク足、ラインチャート

・インディケータ:
 トレンド、オシレータ、ボリューム、ビルウィリアムズ

・オブジェクト:
 ライン、チャンネル、ギャン、フィボナッチ係数、エリオット波動、図形

スマホ版MT5

スマホ版MT5は多くの海外FX事業者でもトレード可能で、MT4と同様に30種類のインジケーターが搭載されています。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説MT5 iPhone版インストールはコチラ

MT5 Android版インストールはコチラ

 

MT5アプリとMT4アプリの違いとして、MT5アプリにはMT5の特徴であるストップリミット注文ができます。

ストップリミット注文とは、MT5特有の注文方法で、為替レートがある値段に達したら、自動的に指値注文を行う注文です。

ストップリミット注文についての詳細は記事の中盤で説明があります。

その他にもインジケーターのサイズ調整機能などがスマホ版のMT5には搭載されています。 

 

パソコン版MT4とMT5については以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも併せてご覧ください。

XM専用スマホアプリ

XM社から正式にリリースされているXM専用スマホアプリです。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

▶iPhone版インストールはコチラ

▶Android版インストールはコチラ

XM専用アプリの特徴
  • トレードができるのはMT5のみ
  • XM入金とXM出金ができる
  • レバレッジの操作ができる
  • トレード履歴を期間指定して検索・集計ができる
  • サポートと日本語でライブチャットができる
  • 口座の開設が可能(デモ口座/リアル口座)

 

会員ページと連動しており、取引に最低限必要な機能が搭載されています

ログインはMT4/MT5アプリよりも簡単ですが、チャート画面は若干見にくいのがネックです。

また、動作速度が遅いなど改善の余地はありますが、今後に期待です。

スマホ版MT4・MT5、XMアプリでできないこと

パソコン版の機能をそのままスマホ版にも移してしまうと、スマホアプリが重くなって正常に作動しなくなってしまいます。

正常に作動しなくなれば、取引にも影響するため、スマホ版はパソコン版より機能が制限されています。

できない点としては以下の5つが挙げられます。

  • 自動売買システムが使えない
  • トレール注文ができない(※)
  • オリジナルインジケーターが使えない
  • チャートを同時に複数表示できない(MT5は2つまで)
  • 平均足が使えない

※トレール注文とは、損切りに使われる逆指値注文をレートの上昇幅(または下落幅)に合わせて自動修正される注文。

 

スマホ版MT4/MT5アプリの使い方

ここからはスマホ版のMT4/MT5の使い方について解説していきます。

XM専用アプリの使い方を読みたい方はこちらをご覧ください。

MT4とMT5の基本操作はほぼ同じです。

ここからはMT5を例として解説していきますが、MT4も使い方は変わりません。

MT4/MT5アプリを最初に起動すると、MetaQuotesのデモ口座が自動的に作られます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

XM口座を登録

初めてMT4/MT5のスマホアプリを起動する場合は、XMの口座を追加する必要があります。

 

ログインに必要な2ステップ

①サーバーを検索する。

②サーバーを選択し、ログインIDとパスワードを入力する。

 

iPhone版とAndroid版で少し違うので、該当する操作手順をご覧ください。

iPhoneAndroid

➀画面右下にある「設定」をタップ。

②「新規口座」を選択。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③証券会社を選択。

検索欄で「XM」と入力するとXMグループの各社がリストに出てきます。

その中の「XM Trading」を選択してください。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③サインインに必要な情報を入力し、「サインイン」をタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

入力内容

・サーバー:サーバーを選択します。

・ログイン:口座開設完了時に届いたメール「XMへようこそ」に記載の8桁IDを記入する。

・パスワード:口座開設時に、自身で設定した8~15桁のパスワードを入力する。
※パスワードは大文字、小文字、数字、3種類の文字で構成されます。

画面左上のメニューボタンをタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

開始する」をタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

⑥次の画面で「+」をタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

証券会社を選択。

検索欄で「XM」と入力するとXMグループの各社がリストに出てきます。

その中の「XM Trading」を選択してください。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

サインインに必要な情報を入力し、「ログイン」をタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

入力内容

サーバー:サーバーを選択します。

ログイン:口座開設完了時に届いたメール「XMへようこそ」に記載の8桁IDを記入する。

パスワード:口座開設時に、自身で設定した8~15桁のパスワードを入力する。
※パスワードは大文字、小文字、数字、3種類の文字で構成されます。

ログインできない

ログインできない理由は様々考えられますが、MT4とMT5を間違えているという単純ミスも多いです。

申請したプラットホームタイプとダウンロードしたアプリが違うとログインすることができません。

プラットホームタイプをしっかり確認した上で、同じタイプのアプリをダウンロードしましょう。

スマホ版MT4/MT5アプリの操作方法

スマホ版MT5の画面の一番下には5つのアイコンがあります。

注文画面へは【気配値】【チャート】【トレード】画面の3つから移動することができます。

決済画面へは【トレード】から進みましょう。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

ここからはそれぞれのアイコンの機能を1つずつ見ていきましょう。

(1)気配値

銘柄と今の値段が並んでいる画面で、ここから注文をすることができます。

【シンプルモード】

銘柄の売値と買値が表示されています。

【詳細モード】

売値と買値の他に、時刻、スプレッドや当日の安値・高値なども確認することができます。

■シンプルモード
XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説
■詳細モード
XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

Androidでモードを切り替える方法

Androidの場合、気配値の上にモードを切り替えるボタンがありません。

以下の手順に従って、切り替えを行ってください。

①メニューボタンをタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説
➁設定をタップ。
XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説③詳細モードのチェックボックスをタップ。
※ボックスにチェックが入っていれば詳細モード、白いままならシンプルモードの状態です。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

(2)チャート

選んだ通貨ペア、銘柄のチャートが表示されます。

このチャート画面から注文を行います。

また多くのインジケーターや分析ツールを表示させることが可能です。

(3)トレード

現在の所持金と持っているポジションの損益が表示される画面です。

この画面から新規注文ポジションの決済をすることができます。

未決済ポジションで含み益が出ているなら青色、含み損なら赤色で値が表示されます。

複数ポジションの同時決済機能はありませんので、一つずつ決済する必要があります。

(4)履歴

過去の注文、決済、約定注文などの履歴を確認できます。

日/週/月から過去の履歴を検索することができます。

(5)設定

口座のログイン、経済指標の確認、チャートや表示言語の変更ができます。

Androidの場合は画面下に「設定」タブがないので、次の手順に従って設定画面に移動してください。

①メニューボタンをタップ
XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説
②設定をタップ
XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

スマホ版MT4/MT5アプリの注文方法

ここからはスマホ版MT4/MT5アプリの注文方法を見ていきましょう。

基本的にMT4とMT5は、ほぼ同じ表示・操作方法です。

 

スーツ男性話す

MT5スマホアプリは決済や注文変更の操作が簡単です。

「気配値」からの注文

気配値の画面から注文する方法を見ていきましょう。

気配値画面を表示する。

取引したい通貨ペアをタップ。


XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

トレード」をタップ。(Androidの場合はそのまま手順④まで飛ばします)

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

注文画面が表示される

トレード画面からの注文

iPhoneAndroid

▼トレード画面

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

▼トレード画面

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

①トレードする銘柄を選択

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

②注文の種類を選択

 

スーツの若い男性 パソコン

注文種別には、以下の7種類があります。

注文の種類

1)成行注文(ストリーミング注文)
値段を指定しない注文方法。現在表示されているレートで取引したいときに使われる。

2)Buy Limit(買い指値注文)
現在のレートより安い値で買い注文を予約。指定した値段まで下がったら、自動的にロング。

3)Sell Limit(売り指値注文)
現在のレートより高い値で売り注文を予約。指定した値段まで上がったら、自動的にショート。

4)Buy Stop(買い逆指値注文)
現在のレートより高い値で買い注文を予約。指定した値段まで上がったら、自動的にロング。

5)Sell Stop(売り逆指値注文)
現在のレートより低い値で売り注文を予約。指定した値段まで下がったら、自動的にショート。

6)Buy Stop Limit(買いストップリミット注文)
レートが指定した価格に到達した後、指定したストップリミット価格の指値注文が発動する。

(例)現在のレートが100円だとして「110円になったら105円指値注文を自動発注する」というように、指値注文を発注したいタイミングと、注文を約定させたいタイミングを指定できる。 ※MT4にはない機能。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説
7)Sell Stop Limit(売りストップリミット注文)
レートが指定した価格に到達した後、指定したストップリミット価格の指値注文が発動する。

(例)現在のレートが100円だとして「90円になったら95円指値注文を自動発注する」というように、指値注文を発注したいタイミングと、注文を約定させたいタイミングを指定できる。※MT4にはない機能

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

発注できない場合

発注ボタンがグレーになり注文できない場合は注文種別による価格の値が正しくないことが原因です。
例えば、Buy Limitを選択し、現在の値より高い値を入力した場合は注文ができません。


③注文するロット数を調整

「-0.1、-0.01 ・・・」と並んでいる数字の箇所で取引数量(ロット)を選択します。

0.1、0.01をタップすることで数量を変更できますが、直接入力をすることもできます。

<例>
+0.1を3回
+0.01を4回タッチ
⇒注文ロット数は0.34になります。

 

 

スーツの若い男性 電卓半身ナビ

XMは口座タイプによって1ロットあたりの通貨量が異なるので注意しましょう。

XM各口座タイプの取引量

・XM マイクロ口座: 1ロット=1,000通貨
・XM スタンダード口座: 1ロット=100,000通貨
・XM Zero口座: 1ロット=100,000通貨


④損切と利確の設定

 

ストップロス=損切設定

為替相場が、自分の予測とは反対の動きをした場合の損失額を設定しておく。
1回のタップで0.1pips単位で損切注文が入れられます。

 

テイクプロフィット=利確設定

為替相場が自分の予想とは反対の動きをした場合の利益確定額を設定しておく。
1回のタップで0.1pips単位で利確注文が入れられます。

 

 

スーツの若い男性 パソコン

どちらも直接数字を入力することも可能です。

注意

ストップロスとテイクプロフィットは必須項目ではないので、未入力でも注文できます


⑤注文発注ボタン

このボタンをタップすると注文が発注されます。

指値注文の場合は、「発注」ボタンが表示されます。

成行注文の場合は、「売り」と「買い」のボタンが表示されます。

チャート画面からの注文

iPhoneAndroid

チャート画面右上のマークをタッチすると、チャート画面上にワンクリック注文のパネルが表示されます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

またチャートをタップすると、アイテムリストが出てきます。

その中のトレードをタップするとトレード画面へ移動しますので、そこから注文することも可能です。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

チャート画面右上赤丸で囲まれた「+」マークを押すと、トレード画面が表示されます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

注文設定画面への移動方法

トレード画面の右上にある「+」マークをクリックすると、注文設定画面が開きます。
(Androidの場合は、四角で囲まれた「+」マーク)

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

決済の仕方

iPhoneAndroid

①トレード画面で決済したい銘柄をタップすると、ポップアップメニューが出てきます。

②ポップアップメニューで「ポジション決済」をタップすると決済画面へ移動します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

オレンジの枠の一番後ろにどれくらいの利益や損失があるのかが表示されます。

オレンジ色の「市場価額で〇〇〇を決済」ボタンをタップするとポジションが決済されます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

①トレード画面で決済したい銘柄を長押しすると、ポップアップメニューが出てきます。

ポップアップメニューで「決済」をタップすると決済画面へ移行します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

オレンジ文字の後ろにどれくらいの利益や損失があるのかが表示されます。

オレンジ色の「損失価格を決済」をタップするとポジションが決済されます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

チャート画面の操作

ここからはチャート画面の操作方法を見ていきましょう。

表示する銘柄を追加する方法

主要な通貨ペアはデフォルトで表示されていますが、表示されていない通貨ペアは自分で追加します。

①気配値画面の右上の「」をタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

②銘柄一覧表に表示させたい銘柄を探します。ここではゴールドを追加してみましょう。

ゴールドはSpot Metalsにあります。「Spot Metals」をタッチ。
※「シンボルを検索」から検索する場合、表示したいチャートのシンボルを検索します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③「Gold」の左側にある緑の「」マークをタッチしたら追加が完了します。
(Androidの場合は+マークはなく、銘柄をタップすると追加されます。)

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

通貨ペアの並べ替えや表示する銘柄を削除する方法

気配値に表示されている通貨ペアを並べ直したり、通貨ペアを削除する時の手順を見ていきましょう。

並べ替えの方法

①気配値タブの左上にある「鉛筆アイコン」をタップ。

「選択されたシンボル」という画面に進むと、通貨ペアの右側に「≡」が現れます。

銘柄の右側にある「≡」を押したまま上下に移動すると、銘柄の順番を並び替えることができます。
(Androidの場合、「≡」は左側に表示されます。)

 

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

銘柄を削除する方法

気配値タブの左上にある「鉛筆アイコン」をタップ。

次に画面の右上にある「ゴミ箱ボタン」をタップ。

現在チャートに表示されている通貨ペア以外の通貨ペアの右側にチェックボックスが表示されます。

その中から削除したい通貨ペアを選択します。

④通貨ペアを選択した状態で「ゴミ箱ボタン」をタップすると、削除が完了します。

元の気配値画面に戻る場合は、「←」で1つずつ戻るか、左側のタブ一覧の「気配値」タブをタップ。

「気配値」タブをダブルタップすると、タブ画面が消えてチャートが大きく表示されます。

 

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

チャート時間足の変更

チャートの時間足は簡単に切り替えることができます。

時間足には以下の9種類があります。

 

時間足項目(9種類)

「M1」:1分足 
「M5」:5分足  
「M15」:15分足  
「M30」:30分足  
「H1」:1時間足
「H4」:4時間足 
「D1」:日足   
「W1」:週足    
「MN」:月足

 

iPhoneAndroid

①チャート画面左上にある英語と数字の組み合わせのマーク(ここではM1)をタップ。

②時間足のリストが出てきますので、チャート時間足の長さを選びます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

チャート画面をタップ。

②時間足のリストが出てきますので、チャート時間足の長さを選びます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

インジケーターの設定

スマホアプリはパソコン版と比べるとインジケーターの数は少ないですが、頻繁に使うものはそろっています。

①チャート画面上部中央にある「ƒ」をタップし、インジケーター画面へ移動。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

②「メインウィンドウ」をタップします。(Androidの場合はそのまま手順③まで飛ばします)

 

③リストの中からチャートに追加したいインジケーターをタップ。

例えば、平均移動線を入れる場合は「MovingAverage」をタップすると追加できます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

④詳細設定の画面に移動します。

期間」、「適用先」、「スタイル」など、カスタマイズの設定ができます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

⑤パラメータ設定画面が表示されるので、必要に応じてカスタマイズをしてから「完了」ボタンをタップします。

インジケーターの削除

インジケーターの削除方法も簡単です。

①チャート画面上部中央にある「ƒ」アイコンをタップ。

②次に出てくる画面で「編集」をタップ。(Androidの場合は「ごみ箱マーク」をタップ。)

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③削除したいインジケーターを選択します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

④右上の「完了」をタップすれば削除が完了します。
(Androidの場合はもう一度「ごみ箱マーク」をタップ。)

オブジェクトの追加

チャートの分析をするために、オブジェクトを入れたいという方も多いです。

オブジェクトをチャートに入れる方法も難しくないので、ぜひやってみてください。

iPhoneAndroid

チャート上部にある「積み木アイコン」をタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

今回は水平線を入れてみます。オブジェクト追加画面で「水平線」を選択します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

「水平線」を選択後、自動的にチャート画面に切り替わるので、水平線を引きたいところをタップします。

移動させたい場合は、水平線を押しながら上下に動かします。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

④水平線マークをタッチすると、マークが消えて元の状態に戻ります。

①チャートの画面をタップすると、青いドーナツ状の選択メニューが出てくるので「積み木アイコン」を選択します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

②今回は水平線を入れてみます。オブジェクト追加画面で「水平線」を選択します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③「水平線」を選択後、自動的にチャート画面に切り替わるので、水平線を引きたいところをタップします。

移動させたい場合は、水平線を押しながら上下に動かします。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

オブジェクトの削除

オブジェクトの削除や設定をしたい場合、オブジェクトを長押し、または積み木マークから操作できます。

チャート上に配置したラインや図形などのオブジェクトを削除することができます。

 

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

チャート画面の配色変更

チャートの配色の変更は、以下の手順で進めていきます。

iPhoneAndroid

①「設定」アイコンをタップ。

②「チャート」をタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③チャート画面下部の「カラー」をタップ。

チャートの種類変更も、この画面で設定できます。
画面上部の3種類(バーチャート、ローソク足、ラインチャート)から選びます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

④お好きなカラーを選択してください。

①チャート画面をタップすると、青いドーナツ状の選択メニューが出てくるので「設定」アイコンを選択します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

チャート画面下部の「カラー」をタップします。

チャートの種類変更も、この画面で設定できます。
画面上部の3種類(バーチャート、ローソク足、ラインチャート)から選びます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③お好きなカラーを選択してください。

カラーの変更方法詳細

「カラー」設定画面には、「スキーム」という項目とその他の項目があります。

スキームでは全体の配色をまとめて変更できます。

スキームには以下の3種類があります。

スキーム3種類

・Green on Black: 黒色背景と緑色の線
・Black on White: 白色の背景と黒色の線
・Custom: チャートの色をカスタマイズ


またスキーム以外の項目では、チャートのパーツごとに色を変えることもできます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

XM専用スマホアプリの使い方

XM専用のスマホアプリでは、資金確認や、入出金操作も可能です。

トレードを行う場合には、MT4専用アプリ・MT5専用アプリを使用するのが一般的です。

 

XM専用のスマホアプリでできること

・トレード(MT5のみ)
・入出金などの資金管理(公式サイトへのリンク誘導のみ)

XM専用スマホアプリ(XMTrading Point)を使う前に

スマホ版XMアプリをダウンロードするには、アプリダウンロード画面からXMアプリを検索しましょう。

iPhoneの方はアップルストアで「XMTrading」と検索、「XMTrading Point」が出てくるのでダウンロードします。

Androidの方はGoogleストアで検索すれば、アプリをダウンロードできます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

※XMアプリではMT5のみトレードが可能です。

XM専用スマホアプリのログイン

XM専用スマホアプリへのログインは以下の手順で進めていきます。

①XMアプリを起動するとログイン画面が現れるので「ログインする」をタップ。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

②「本ウェブサイトはクッキーを利用します」と出てくるので「続行する」をタップ。

③リアル口座のログイン情報入力欄が出てくるので、情報を入力してログインします。

ログインすると、入出金・資金振替・追加口座の開設・口座有効化などの手続きができるようになります。

④「会員ページ」と「MT5で取引」の選択肢が表示されます。

今回はMT5で直接取引するので「MT5で取引」をタップ。
※「MT4で取引」という選択肢はありません。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

⑤ログイン画面でMT5のID、パスワードを入力後、「ログイン」をタップ。

「保存する」と「Touch ID」をオンにすると次回からのログインがよりスムーズになります。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

主要機能の紹介

画面下部には以下の4つのアイコンがあります。

1)「気配値
2)「銘柄
3)「注文
4)「詳細

 

ではそれぞれの機能を見ていきましょう。

1)気配値

気配値とは、買い手と売り手が「買いたい」または「売りたい」と希望する指値のこと。

表示されている通貨ペアをタップすれば、チャート画面が表示されます。

右上の「財布マーク」をタップすると、口座残高などの口座情報を見ることができます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

口座情報
・口座ID

・口座残高
・損益
・有効証拠金
・必要証拠金
・証拠金維持率
・余剰証拠金

 

画面左上にある「My Watchlist」では銘柄をグループで管理することができます。

JPYやGBPなどの通貨グループをカスタマイズしたり、スイング用通貨ペア・スキャルピング用通貨ペアにまとめてもいいですね。

ウォッチリストを追加するには右上の「」をタップし、好きな名前を入力し「作成する」ボタンを押します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

2)銘柄

銘柄」タブから、ウォッチリストに通貨ペアを追加することができます。

ここで銘柄を実際に追加してみましょう。
①「+」ボタンを押すと、ウォッチリストの一覧が出てきます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説
「i」は通貨ペアについての情報を見るボタンで、「+」は通貨ペアを追加するボタンです。

 

②入れたい銘柄に✓を入れてウォッチリストに追加します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

3)注文

「注文」画面では、ポジションの管理ができます。

各ポジションの損益状況・損切り・利確はここから行いましょう。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

決済(部分決済、一括決済)または注文変更(ストップロスとテイクプロフィットを入れること)が可能です。

※新しい注文は気配値画面からのみ可能です。

4)詳細

「詳細」からはアカウント、口座状況を確認したり、今までの取引履歴、入出金ページへ移動したりできます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

Androidの場合

Androidには「詳細」タブはなく、左上にある「≡」が「詳細」タブに当たります。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

「詳細」の各種機能紹介

1)マイ・アカウント

マイ・アカウントでは口座種類、残高、損益情報、証拠金関連など様々な情報が確認できます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

2)設定

設定ページでは言語設定、パスワードの変更、背景色などの設定が可能です。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

3)口座履歴

口座履歴ページでは期間を指定して、その期間内の入金額、損益、出金額の記録が確認できます。

その他にも、決済した銘柄種類、数量/建値、損益と決済日が確認できます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

4)ヘルプ&サポート

各言語対応のサポートのオンライン状況が表示されます。
XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

選択した言語のサポートがオンラインであれば、直接チャット画面に入ります。

チャット画面下部のメッセージ欄にメッセージを入力し、矢印をタップすると送信できます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

「チャート」画面の解説

気配値画面からどれか一つ銘柄をタップすると、チャート画面に移動します。

画面上部には売値と買値が表示されています。

▼チャート画面上部

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

①真ん中の小さい数字(ここでは12)は売値と買値の値差です。

➁スクロールできる数字(ここでは1)はロット数です。

この画面でロット数を選択し、売りまたは買いボタンをタップすると即座に注文を入れることができます。
※ワンタップトレードのモードをオンにしている場合にだけ有効です。

確認画面が表示されませんので、操作する時は間違えないように気をつけてください。

 

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③下部に取引時間を表示するバーがあります。

④取引時間の詳細は銘柄詳細で確認します。

 

銘柄詳細で最大最少ロット数、買い売りスワップ、取引可能時間の詳細を確認することができます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説  XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

JP225の取引可能時間

平日00:05~22:15 22:30~22:55
※キプロス時間(GMT+2

キプロス時間22:15~22:30、日本時間5:15~5:30の間は取引可能時間外です。

 

画面右上の「財布マーク」をタッチすると口座残高などの情報が確認できます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

注文を入れる方法

それではXM専用スマホアプリのMT5で、新規成行注文を入れる方法を見ていきましょう。

気配値画面から取引したい通貨ペアをタップします。 

②画面の右下にある緑色の「」マークをタップします。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③「新規成行注文」か「新規予約注文」を選択します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

④注文種別の選択と価格を入力します。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

 

注文画面の項目

①「成行注文」と「予約注文」を選択。

➁「売り」か「買い」を選択。
※「売り」と「買い」の間にある小さい数字(ここは23)は売値と買値の値差。
※売買価額とローソク足が緑色の場合は上昇トレンド、赤色の場合は下降トレンド。

③「+」「-」を押してロット数を調整する。直接入力もできる。

④「ストップロス(損切)」と「テイクプロフィット(利確)」を任意で設定。

➄損切と利確数値を入れると、推定損失と利益が表示される。

⑥「注文を確定する」ボタンを押すと、注文が完了する。

 

 

スーツの若い男性 ポイント

MT4スマホアプリとほぼ同じ表示・操作方法ですが、MT5は注文種別に「Buy Stop Limit」と「Sell Stop Limit」の2つが追加されています。

予約注文の入れ方

売り」または「買い」のボタンをタッチする。

設定価額」と「ロット数」を設定する。

必要に応じて「ストップロス」と「テイクプロフィット」を設定する。

④「注文を確定する」をタップし完了です。

 

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

決済の仕方

注文画面と決済画面のどちらからでも決済が可能ですが、「部分決済」や「一斉決済」をする場合は決済画面に移動してから決済する必要があります。

注文画面で決済する場合

①画面下部の「注文」をタップし、所持ポジションの一覧画面を表示します。

銘柄一覧画面には銘柄のポジション方向、ロット数、注文価額と注文時間が記載されています。

②銘柄の右側にある「」記号をタップします。

③「決済」ボタンを押して決済を完了します。(Androidの場合は「OK」ボタン)

 

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

決済画面で部分決済する場合

①画面下部の「注文」をタップし、注文画面に入ります。

銘柄をタッチし、決済画面へ移動します。

決済画面には「建値」、「ロット数」、「損益」、「スワップ」、「手数料」、「現在価額」が表示されています。

③画面上部の「部分決済」を選択し、決済するロット数を調整します。

④ロット数を調整すると、下方に通貨価値が表示されます。

ロット数を設定後、画面下部の「決済」をタップすると決済ができます。

 

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

決済画面で一括決済する場合

一括決済は両建てポジションを保有している場合のみ使用できます。

①上部にある「一括決済」を選択します。

②「決済する」をタップすれば決済が完了。

 

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

XMスマホアプリで一括決済するときの注意点

XMアプリでは一括決済と書かれていますが、実際その「一括決済」とは両建て時に売りと買いのポジションを同時に決済することを指しています。

保有している全てのポジションを同時に決済することはできませんのでご注意ください。

チャート表示の変更

①気配値画面から銘柄を1つタップして、チャートの画面に移動します。

②画面右上にある「ギアアイコン」をタップします。(Androidの場合は、縦の三点リーダーをタップ。)

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

③取引設定画面で「ワンタップトレード」と「チャート上のアスクライン」のOnとOffを選びます。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

また「チャートタイプ」は以下の3種類から選ぶことができます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

チャートタイプ

1)バーチャート
2)ローソク足
3)ラインチャート

 

1)バーチャート

バーチャートは海外で多く使われているチャートタイプです。

始値が左の横棒、終値が右の横棒で示されており、先端部分が安値と高値です。

ロウソク足よりも全体の流れが把握しやすいのがメリット。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

2)ラインチャート

ラインチャートはラインのみで表示されているため、トレンドの方向性が分かりやすいです。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

3)ロウソク足

ロウソク足は見やすく、幅広く使われているチャートです。

平均足などはスマホでは使用できません。

XMをスマホでトレード!ダウンロード方法や使い方を徹底解説

まとめ

今回はXMの専用アプリ、MT4、とMT5の3つのアプリの使い方をご紹介しました。

いずれも無料でダウンロードでき、外出先でもお手軽に取引情報やチャートがチェックができるのは便利な点です。

XM専用のスマホアプリは、MT4のトレードに対応しておらず、口座の資金管理も公式サイトへのリンク誘導のみなので、MT4/MT5アプリの方が利用者が多いのが現状です。

モバイルトレードに興味のある方は、それぞれのアプリの特徴を考慮し選んでみてください。

 

スーツの若い男性 ポイント

アプリを上手く活用し、トレードに役立てましょう。